トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

編集部員Kの馬券日記

編集部員見習いKの重賞狙い馬【札幌記念はコレだ!】

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。先週の関屋記念、上位に予想した3頭で決着。ただ▲○◎の順というのはちょっと残念だったけどね…

今週も上位に予想した馬達でビシッと当てたいと思う。

今週の重賞狙い馬。札幌記念は昨年、2番人気で制したトウケイヘイロー、1番人気に支持されながら5着と破れた皐月賞馬ロゴタイプが今年も出走登録しているが、今年の主役はやはりゴールドシップとハープスターの2頭で間違いない。

このどちらを本命にするかだが、ここはゴールドシップを本命にする。
時計の掛かる洋芝、小回りはこの馬にとってはプラス要素。不安はスタートだが、札幌記念が行われる札幌競馬場の2000Mはスタートして1コーナーまで約380Mある。宝塚記念が行われる阪神2200Mのスタートして1コーナーまでの約525Mよりはやや短いが、多少の出遅れなら1コーナーまでに挽回出来るだろう。

対抗にはハープスター…と思うが、春同様に後方から大外を回って来る展開になると厳しいと思っている。
ゴールドシップとは違い、洋芝、小回りはマイナス要素と見ている。

馬券的にはゴールドシップとハープスターに割って入る可能性のある馬を探したい。

という事でトウケイヘイローも、今回は対抗程度の評価をする。
洋芝適性は昨年の成績が示す通り。ゴールドシップ同様に切れよりもパワータイプ。
今回、ゴールドシップに早めに並びかけられたとしても、香港Cで見せた勝負根性は非凡なものがあった。交わされたとしても、一気にズルズルとは後退しないだろう。

昨年は見せ場の無かったエアソミュールも、今年は鳴尾記念を勝って勢いを感じる1頭。

馬連払い戻しが5%UPの今回、ゴールドシップからの馬連も買おうと思う。

札幌記念とは反対に、混戦なのが北九州記念。抜けた存在は居ないが、過去の同レースでは牝馬の好走例が多いので、牝馬から本命を選ぶ。

非常に悩ましいが、バーバラを本命にする。昨年のこのレースで3着。その時と同斤量。前走のアイビスSDでは11着と大敗したが、外枠有利の千直で内目の5番枠だけに度外視する。

対抗には昨年の2着馬ニンジャ。昨年より1K重くなるが、近走は成績も安定し大崩れは無いのではと思う。

人気になりそうなベルカントだが、先週の小倉を見ていると、内がかなり荒れてきているのか逃げ馬が残れず、外から差されるレースが増えてきた。
人気になると思うが、危険な人気馬として今回は消してみようと思う。

それでは今週はこの辺で失礼します。

チェックメイト:札幌記念234x60


◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

      想定25倍超!!
    第50回札幌記念(G2)
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     8月24日(日)14時
  →買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

■圧倒し続ける関西馬
昨年も皐月賞馬ロゴタイプをはじめ、トーセンジョーダン、マルセリーナ、レインボーダリアなど、GI馬が顔を揃えた札幌記念。1着賞金や今年も揃った豪華メンバーを見渡しても分かる通り、このGIIだけは別格扱いされており、その勝負度合いはGIにもヒケを取らない。関西馬を管理する厩舎の意気込みは勿論のこと、公にならない厩舎の“勝たなければいけない裏事情”をスクープできれば、馬券は簡単に獲れると言っても過言はない。事実、過去10年で9頭もの勝ち馬を輩出しているのが【関西馬】なのです。

■4年連続的中の実績
最強の関西馬専門情報でも、昨年はトウケイヘイローの大駆けをスッパ抜き、一昨年はヒルノダムールから1250円、2011年が1万8510円、2010年が3万9100円、2009年も1600円と4年連続の的中。北海道滞在の情報網が入手した関西馬の勝負情報が、高確率で馬券になるということを証明しております。

■最低でも1点25倍!!
今年も北海道滞在の情報網から『GI馬の目標はまだまだ先やし、あくまでここは叩き台っちゅうこと。やけど、この馬は札幌記念が目標で、このレースから逆算してローテも鞍上も確保しとるんや。これは他とは勝負度合いが違うで!』とまで豪語する馬を独占スクープ!しかも、前走で掲示板を外しており、新聞紙面での印はスッコ抜け必至で『あの馬との組み合わせでも、最低25倍はイケるで!』というほど配当妙味のある馬を!!

関西馬専門情報社チェックメイトだからこそ入手できた想定25倍超となる究極の【1点勝負】。監修するのはGI7勝の元JRA調教師・浜田光正。関西馬情報が高確率で馬券になるということを皆様に知って頂く為に、無料にて配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。

    ↓↓↓↓↓

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

      想定25倍超!!
    第50回札幌記念(G2)
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     8月24日(日)14時
  →買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

編集部員見習いKの馬券日記【後輩からの電話】

みなさん、どうもです。編集部員見習いKです。さっそくですが今週は、馬券日記から。

土曜日、DON!!

IMG_20131228_192102

IMG_20131228_202256

IMG_20131228_203238

まぁ、相変わらずハズレ…


有馬の予想をしている土曜の夜に、後輩Sから5年ぶりに電話があった。


この後輩S、昔はかなりな浪費家。02年の10月26日の土曜日、後輩Sからの電話で『明日の天皇賞、何が来ると思いますか?』と聞いてきたので『クリスエスとトップロードやろ!』と即答。『1番人気のファインモーション要らないですか!?』とまた聞いてきたので、『来ないと思うけど、一応押さえかな…』と返事。『そうですかぁ…』と言って電話を切った。


翌日曜、天皇賞後に後輩Sから電話が。『Kさんのおかげで携帯代と当面の生活費稼げました。ありがとうございました!!』だって。


そんな後輩Sも今や2児のパパ。大人になったなぁ…


そんな訳で今回の久々の電話も有馬記念の事。『ゴールドシップ、消そうと思うんですけど、』と聞くので『うーん…JC15着だし、それも良いけど中山向きだし、俺は買うけどね。』と返事。それから色々話をしたが、何だか昔にも戻ったみたいで楽しかった。


それでは日曜日分。ドーン!

IMG_20131228_210449

IMG_20131228_210538

IMG_20131228_210648

オルフェーヴルが引退ということで、色々と特集コーナーがあった。その中で、『最も印象に残ったレース』というものがランキング形式であった。1位が12年の凱旋門賞。2位が逸走した阪神大賞典。どちらも負けたレースというのがこの馬らしいという気もするんだけどね。


そして今回、レース後に引退式をすると発表。レース後に引退式と言えば98年、単勝1.1倍の圧倒的人気の中、3着に敗れたレースを思い出し『オルフェーヴル、大丈夫かな…』という思いも少しはあったのだが、発走して正面スタンドを走る姿を見て『これは勝ったな!!』と思ったが、まさか8馬身もの差をつけて勝つとは思わなかった。
今、アンケート取ったら、間違いなく13年の有馬記念が1位になると思う。


圧倒的な力の差を見せつけての引退。『もっと見たい!』と思わず思ってしまうほど。オルフェーヴルより強い馬は出るだろうが、オルフェーヴルほど個性的な馬はもう出ないだろう。しばらくゆっくり休んで、元気な産駒を送り出して欲しい。


月曜日分、バン!

IMG_20131228_205413

IMG_20131228_205313

IMG_20131228_205543

それでは、先週も含めた収支。


2週合計 購入額 27400円 払い戻し額 7350円
40週合計 購入額 519700円 払い戻し額 654490円
回収率 125%



今回で『編集部員見習いKの馬券日記』は最後となります。最初は、『どうせやるなら他がやらないような事をしたいな♪』と思い、収支を公表するなどやりました。『これで回収率100%どころか、70%以下とかだと恥ずかしいな…』と思ってましたが、『120%オーバーなら公表して恥ずかしくないかな』と思っています。


それではみなさん、また、お会いしましょう。よいお年を。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アノ厩舎の動向が特に目に付く」
「どうやら本気で開幕ダッシュを狙っている」
「○○先生ももう定年まで時間がないからな」
京都金杯で馬券になる!?→1点馬券を無料配信!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「一年の計は金杯にあり。」

“一年の計は元旦にあり”と言うことわざがあるが、中山金杯と京都金杯ではこれになぞらえて「一年の計は金杯にあり」と言われる。まるでこのレースが“運試し”のように扱われているが、関係者に言わせれば実はそこまで難しいレースではない。

的中させるにはちゃんとしたロジック(情報)がある。

まず大事なのが年末年始の厩舎の調整。昨年は12月23日をもって中央競馬の全日程が終了。そこから新年の競馬が始まるでに、例年以上に間隔があいている。

その間、厩舎がどんな調整で馬を仕上げているのか。

この見極めが正月競馬を迎えるにあたってもっとも大事なポイントだ。つまりは、厩舎の本気度が問われるということ。

「正月競馬こそ情報が必要」と言われるが、この金杯はその最たるレース。逆に言ってしまえば、情報さえあればかなりの確率で的中させることが可能なのだ。

当社は栗東トレセンの目と鼻の先に本拠を構え、トレセン内の日々の動きを全て察知している。

今年の金杯は

「アノ厩舎の動向が特に目に付く」
「どうやら本気で開幕ダッシュを狙っている」
「○○先生ももう定年まで時間がないからな」

などなど、当社の情報網によると、ある特定の厩舎の話についてのとても多い。この馬、下馬評ではそんなに評判は高くないが、実は陣営はかなり狙っていることが判明している。

今年の京都金杯で馬券になるのは十中八九この馬であるのは間違いない。

そしてこの馬が馬券になれば、回収率2000%を超える高配当ゲットも十分可能だ!

【京都金杯】1点馬券を無料配信!


チェックメイト:金杯200x200


編集部員見習いKの馬券日記【年末POG】

みなさん、どうもです。編集部員見習いKです。このコラムがアップされている頃は、もう今年の競馬は終わっちゃってるんだろうな…


たとえ年末だろうと競馬の無い週末は寂しい・・・が、05年から友人Tと最近は友人Nも加わってPOGの指名をしているんだけど。


『この時期に?普通はダービー後じゃない?』と思うかもしれないが、以前JRAがやっていた企画をそのままパクらさせて頂いた。


ルールは、金杯から有馬(最近は阪神C)までで最も賞金を稼いだ人の勝ち。3歳馬5頭、古馬5頭の計10頭指名。 ただ3人でやっているから被る事も多々ある。という事で指名はドラフト方式。なので指名1位から順に発表し、被ったらじゃんけん。


ただ、このPOGを一番難しくしているルールがもうひとつある。それは、前年のG1勝ち馬は除外という事。これにより、ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、フェノーメノ、キズナ等は指名不可。
こういう楽しみ方もあるので皆さんも競馬仲間とやってみてはいかがですか。


それでは今週の馬券日記。

1
2
3
4
5


土曜中京メイン、愛知杯。牝馬限定のハンデ戦ということで、いかにも荒れそう。こんな時は人気薄から買う。
13番人気だが、コスモネモシンから。そこから人気薄にも流したのだが、まさか12番人気までは押さえていたが、14番人気のキャトルフィーユまで来るとは思わなかった。


続いて日曜分。

6
7
8
9


中山メイン、朝日杯FS。来年のクラシックを賑わしそうな…気は全くしない小粒なメンバー。その中でも、プレイアンドリアルには、頑張って欲しいと思い軸に。終わってみれば、初芝のアジアエクスプレスに勝たれてしまう…来週のラジオNIKKEI杯には、多少は期待…出来そうもないかも…


今年の競馬も後1週を残すのみ。悔いなく終われればと思う。


それでは今週はこの辺で失礼します。
回収率等は、来週まとめて発表します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アノ厩舎の動向が特に目に付く」
「どうやら本気で開幕ダッシュを狙っている」
「○○先生ももう定年まで時間がないからな」
京都金杯で馬券になる!?→1点馬券を無料配信!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「一年の計は金杯にあり。」

“一年の計は元旦にあり”と言うことわざがあるが、中山金杯と京都金杯ではこれになぞらえて「一年の計は金杯にあり」と言われる。まるでこのレースが“運試し”のように扱われているが、関係者に言わせれば実はそこまで難しいレースではない。

的中させるにはちゃんとしたロジック(情報)がある。

まず大事なのが年末年始の厩舎の調整。昨年は12月23日をもって中央競馬の全日程が終了。そこから新年の競馬が始まるでに、例年以上に間隔があいている。

その間、厩舎がどんな調整で馬を仕上げているのか。

この見極めが正月競馬を迎えるにあたってもっとも大事なポイントだ。つまりは、厩舎の本気度が問われるということ。

「正月競馬こそ情報が必要」と言われるが、この金杯はその最たるレース。逆に言ってしまえば、情報さえあればかなりの確率で的中させることが可能なのだ。

当社は栗東トレセンの目と鼻の先に本拠を構え、トレセン内の日々の動きを全て察知している。

今年の金杯は

「アノ厩舎の動向が特に目に付く」
「どうやら本気で開幕ダッシュを狙っている」
「○○先生ももう定年まで時間がないからな」

などなど、当社の情報網によると、ある特定の厩舎の話についてのとても多い。この馬、下馬評ではそんなに評判は高くないが、実は陣営はかなり狙っていることが判明している。

今年の京都金杯で馬券になるのは十中八九この馬であるのは間違いない。

そしてこの馬が馬券になれば、回収率2000%を超える高配当ゲットも十分可能だ!

【京都金杯】1点馬券を無料配信!


チェックメイト:金杯200x200

編集部員見習いKの馬券日記・後編【有馬記念の注目馬】

今週の馬券日記。土曜日分、ドン!

1
2
3
4


続いて、日曜日分、ドン!

5
6
7


阪神メイン、阪神JF。この日は、お安い配当ばかりだったが、軸馬は全て3以内を確保。それも1人気から買っていない点は自分としてはよく出来てる方だと思う。だが、JFはハープスターから買うと決めていた。ここを勝てるようなら、オークスまではノンストップで勝って行くと思ったんだけどね。

8

ハープスター、3ヶ月の休み明けがどうか?と戦前は言われていたが、馬体重もプラス2Kとそれなりに仕上がっていたと思う。それにしても、パドックで黄色のメンコを着けて周回しているハープスターを見ると、マツパク厩舎という事もあって、どこかブエナビスタを彷彿とさせる。


逆に2人気ホウライアキコは、カリカリした様子で、時間が経つにつれ、発汗も目立つようになっていた。この馬は、パドックでの様子で馬券に絡むか否かが分かりやすいのかもしれないので、その点は今後も注意して見ていきたい。


レースは、馬群に突っ込んで行ったハープスター。『勝ったか?』と思ったが、首の上げ下げで惜しくも2着。


終わってみれば、2連勝していた3頭によるワン・ツー・スリー。勝ったレッドリヴェール、新馬戦こそタイムは平凡だが上がりは33,3の脚を使い、札幌2歳Sでは、あの極悪馬場での勝利。切れとパワーを兼ね備えたステイゴールド産駒だけに、今後も楽しみな1頭。


2週前、阪神JFでの注目馬をハープスターと書いた時『強い馬の強いレースを久々に観たい。』と書いた。確かに強いレースをしたとは思うが結果が伴わなかった。


が、同時刻、強い馬が強いレースをしていた。香港スプリントの龍王ことロードカナロア!G1になってから香港スプリントを連覇したのは、地元香港の英雄、サイレントウィットネス以来。そして今回、2着に5馬身差の圧勝。1番短い距離の香港スプリントが、他の3レースよりも2着につけた差が最も大きい。それだけロードカナロアの力が桁違いだった事の証明だと思う。これで引退するロードカナロア。『種牡馬となって、第2のロードカナロアを輩出し、父子2代で香港スプリント制覇という偉業を成して欲ほしいなぁ。』と思いつつ、まずはこれまでの功績を称え、声を大にして叫ぼう『世界のローーードカナロア!!』


今週の収支 購入額 12100円 払い戻し額 9940円

38週合計 購入額 492300円 払い戻し額 647140円

回収率 131%


有馬記念の注目馬。キズナが回避という事で、G1勝ち馬の3歳が居なくなった。ジェンティルドンナも居ないという事で、やや寂しい感じもするが、オルフェーヴルとゴールドシップの最初で最後の対戦は楽しみ。前走大敗したゴールドシップも中山なら一変可能。だが、オルフェーヴルが有終の美を飾ると思う。


有馬記念は、『当てる事も大事だが、1番好きな馬から買う!』という想いがあるだけに、現在、少々お悩み中・・・

それでは、今週はこの辺で失礼します。



【昨年】第57回 有馬記念 (G1)

1着:ゴールドシップ(1番人気)
2着:オーシャンブルー(10番人気)

馬連:3730円 的中!


今年は元JRA騎手・大西直宏が……

★アノ衝撃穴馬に【50万円】を全投入★

第58回 有馬記念 (G1)

元JRA騎手・大西直宏の50万円1点勝負馬券を無料公開

実際に購入した1点馬券の画像を見たい方はコチラ



提供:競馬エンタメサイト【WORLD競馬WEB】








編集部員見習いKの馬券日記・前編【あの日の有馬記念】

みなさん、どうもです。編修部員見習いKです。いよいよ今週は有馬記念。『何書こうかなぁ・・・』と思いながらボンヤリとテレビを見ていると、JRAのCMが。そこには有馬記念で勝利したテイエムオペラオーのお姿が!『あぁ、懐かしいな~』と見ていると、ふと思い出した事が。


それは2000年、この年の有馬記念は24日。そう、クリスマスイブってやつ。今の私には無縁のイベント(ちょっと悲しい)だが、当時の私には『彼女』という人が居た・・・


で、当コラムにもちょくちょく書いているのだが、競馬も好きだが、麻雀も好き。なのでこの頃の私は、週末は徹夜で麻雀、いわゆる『徹マン』して、朝、仮眠とって、昼からウインズに行くというのがお決まりのパターン。そして彼女は放置プレイ。


そうすると段々、後ろめたさや申し訳無さといった感情が芽生える。なのでこの年の秋は『競馬も麻雀もしない!』と一念発起。麻雀に誘ってくる電話も『ゴメーン!』と言い、競馬の結果も気にしつつ、彼女と楽しい日々を過ごす。『普通の男女はこうして結婚していくんだろうなぁ。』と今更ながらしみじみ思う。


ずっと、禁馬券な私を見かねてか、彼女が『24日の有馬記念は、一緒に馬券買いに行こう。』という有り難い申し出。もちろん二つ返事で、24日は朝から競馬場に行くと約束する。


が、前日の23日に後輩から麻雀の誘い。『今日来なかったら、もう誘いませんよ!』だって。ずっとしてなかったし、『久々に麻雀打てよ!』という思いと『明日は、彼女と朝から競馬行くんだから、行っちゃダメ!』という思いが交錯する。


で、考えること約3秒。出した答えは『寝なきゃ良いんじゃね!?』という事で、麻雀をする。


で、朝を迎える。車で彼女を迎えに行く道中、『目が痛いなぁ』と思い、ルームミラーで目を見てみると・・・赤い!『徹マンしてきました♪』と言わんばかり。


彼女、車に乗り込むなり私を見て『目、赤いね。』って。『うん。寝起きだしねぇ!』とか、ごまかしつつ片道約2時間かけてウインズまで行く。信号待ちしていると、危うく寝てしまいそうになる私は、親指を人差し指と中指で思いっきり爪を立てて睡魔と戦う。そして、10時頃ウインズ到着。『ここで夕方まで競馬をすると、もう帰れなくなる。』と判断した私は、彼女に『最後まで居たら、帰りはスゴイ渋滞するから、昼頃に帰ろう。その方がテレビでゆっくりレース観れるし。』と、もっともらしい御託を並べる。有馬の買い目はテイエムオペラオーとメイショウドトウの1点と決めていたので、それを買って14時ごろ何とか帰宅。『これで寝ても、運転に疲れたという事で言い訳出来る。』と思ったが、レース前なのでさすがに眠気が飛んでいた。


そして、2人で有馬観戦。レースはあのCMの通り。4コーナーで行き場を失うオペラオー。『ワー!!』と悲鳴を上げる私に『何々?どうかした?』という彼女。内心『同じ買い目をあなたも買ってるんだけど・・・』と思いつつ『オペラオー、来ないかも!』と言うと『えーー!』とやっと現状を認識した彼女。


だが、ここからオペラオーが馬群を縫うように猛然と追い込んでくる。そしてドトウをキッチリと差したところがゴール。


『やったーー!!!』と2人で喜んだ瞬間、気が緩んだのか睡魔に襲われ寝てしまう。


2、3時間ほどして目が覚めた私に『今日1日、寝ずに頑張ってたもんね!お疲れ様。』だって。全てお見通しだったのね・・・


この年の有馬記念を見ると、オペラオーの凄さと、あの日のしんどかった1日を思い出してしまう。(続く)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
“超隠し玉”で獲る1点馬券
▼朝日杯FSで人気が予想されるベルカント?▼
“超隠し玉”1点を無料公開
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の朝日杯FSで人気が予想される【ベルカント】。今年の2歳戦線は牝馬が上位を賑わせているが、それを象徴するように朝日杯に異例のエントリー。陣営は「坂路で動くから急坂もOK。脚質的に中山コースが合う」との見立て。朝日杯は武豊が唯一勝っていないGIであり、本気度はかなり高い。

続いて、池江寿厩舎も期待の高い【アトム】。2戦続けて上がり最速を駆使し、デイリー杯ではレコード決着の同タイムで2着。当初予定していた出世レースのラジオNIKKEI杯から予定を変更したあたり、陣営の本気度が見え隠れする。

そして、地方所属の【プレイアンドリアル】。ラフィアンの岡田総帥が“クラシック級”と豪語して憚らない逸材で、東スポ杯でも強い内容で2着。この走りで気を良くした総帥は、今度は更なるトーンアップで吹き捲るのは必至。

上記3頭は人気になるだけの実績があるのは確かだが、トリッキーな中山のマイル戦という舞台で人気通りに走れるかは懐疑的。さらに、キャリアの浅い2歳戦にありがちで典型的な話題先行型だけに、大枚を叩くのは得策ではない。

ただし!栗東トレセンの目と鼻の先に本拠を構え、トレセン内の日々の動きを全て察知している当社では、早くから上記3頭に代わる朝日杯FSの“超隠し玉”の情報を独占入手。

「現時点でほぼ完成されとる馬やし、中山マイルの適性なら絶対にウチのが上位。しかもな、寒い時期がエエんか、グングン体調は良うなってきとる。本気でこれはお勧めやで」と陣営も高らかに一発狙いを宣言。しかも、●●に△△を迎えているとあれば、馬券にならない訳がない!!

最強の関西馬専門情報が独占入手したこの“超隠し玉”で獲る1点馬券(想定回収は1000%超)を、レース当日14時にメールで無料配信致します。

【朝日杯FS】馬連1点を無料公開

チェックメイト:朝日杯FS200x200

編集部員見習いKの馬券日記・後編【朝日杯FSの注目馬】

それでは、今週の馬券日記。土曜日分ドーン!

1
2
3


中京メイン、金鯱賞。サイレンススズカメモリアルと銘打たれた今回、1枠1番1人気に武豊騎乗となれば、やはりあの天皇賞を思い出す。なるべく1人気から買わないと思っていても『今回は別』ということで、メイショウナルトから買う事に。

4


展開予想では、『逃げるカレンミロティックを2、3番手で追走して、直線半ばで交わして1着。』と思っていたのだが、鞍上の武さんまでサイレンススズカを思い出しちゃったのか、まさか逃げるとは思わなかった。思っていた展開をカレンにやられてしまった。


ちなみに、1は天皇賞時の馬番だけど、5は金鯱賞を勝った時、13は宝塚記念を勝った時の馬番なので、内心『1-5-13とかで決まったらドラマだ!』とか思ってたんだけどね。


続いて、日曜日分、ドン!

5
6
7



最近、ずっと負けっぱなしだが、感触としてはあまり悪いとは思ってない。が、負けは負け。何かちょっと変わった事をしてみようと思っていた。


で、阪神メイン、JCD。1人気はホッコータルマエだが、まさか2倍切るほどの強さは無いと思っているが、3頭に負けて馬券圏外になってしまうような危うさも無い。ならば、3連単で勝負!ならば2頭軸マルチで買おうと思うが、もう1頭が難しい。


昨年の1人気、ローマンレジェンドだが、昨年4着ならば今年はさらに着順落としそう・・・という事で、思い切って消し。ベルシャザールは底を見せていないと言われるが、穿った見方をすれば『あれが精一杯だったりして』
という事もある。軽視は出来ないが紐が妥当。悩んだ結果、ワンダーアキュートをもう1頭の軸に選ぶ。ホッコー同様、『3着は外さない』と思ったからだが、こういう時って、2、4着とか3、4とかなるんだけどね。

8


直線半ばで、『あー、やっぱホッコー勝っちゃう?ならばワンダー頑張れ!』という思いが届いた訳では無いが、真ん中からベルシャザール、外からワンダーが凄い脚で突っ込んでくる。


こうなれば、『ホッコー差されろ!差されろ!』と3連単マルチならではの応援。で、きっちり2頭に差されて軸馬2頭が2、3着で的中。


『いやー、3連単って、やっぱり破壊力あるなぁ!』と思ったのだが、軸馬に『差されろ!』と思うのは、やはり心苦しい。かと言ってフォーメーションで獲り逃すのも痛いしね。『3連複が性にあってるな!』と再確認した1日でした。

今週の収支 購入額 13500円 払い戻し額 28100円

37週合計 480200円 払い戻し額 637200円

回収率 132%


朝日杯FSの注目馬。こちらは阪神JFとは真逆で近年稀に見る手薄なメンバー。どんぐりの背比べ的なメンバーならば、枠順が大きく作用しそう。それだけに1週前の段階では何とも言いようが無いが、勝ち負けは度外視して、やはりプレイアンドリアルには注目だと思う。

それでは、今週はこの辺で、失礼します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
“超隠し玉”で獲る1点馬券
▼朝日杯FSで人気が予想されるベルカント?▼
“超隠し玉”1点を無料公開
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の朝日杯FSで人気が予想される【ベルカント】。今年の2歳戦線は牝馬が上位を賑わせているが、それを象徴するように朝日杯に異例のエントリー。陣営は「坂路で動くから急坂もOK。脚質的に中山コースが合う」との見立て。朝日杯は武豊が唯一勝っていないGIであり、本気度はかなり高い。

続いて、池江寿厩舎も期待の高い【アトム】。2戦続けて上がり最速を駆使し、デイリー杯ではレコード決着の同タイムで2着。当初予定していた出世レースのラジオNIKKEI杯から予定を変更したあたり、陣営の本気度が見え隠れする。

そして、地方所属の【プレイアンドリアル】。ラフィアンの岡田総帥が“クラシック級”と豪語して憚らない逸材で、東スポ杯でも強い内容で2着。この走りで気を良くした総帥は、今度は更なるトーンアップで吹き捲るのは必至。

上記3頭は人気になるだけの実績があるのは確かだが、トリッキーな中山のマイル戦という舞台で人気通りに走れるかは懐疑的。さらに、キャリアの浅い2歳戦にありがちで典型的な話題先行型だけに、大枚を叩くのは得策ではない。

ただし!栗東トレセンの目と鼻の先に本拠を構え、トレセン内の日々の動きを全て察知している当社では、早くから上記3頭に代わる朝日杯FSの“超隠し玉”の情報を独占入手。

「現時点でほぼ完成されとる馬やし、中山マイルの適性なら絶対にウチのが上位。しかもな、寒い時期がエエんか、グングン体調は良うなってきとる。本気でこれはお勧めやで」と陣営も高らかに一発狙いを宣言。しかも、●●に△△を迎えているとあれば、馬券にならない訳がない!!

最強の関西馬専門情報が独占入手したこの“超隠し玉”で獲る1点馬券(想定回収は1000%超)を、レース当日14時にメールで無料配信致します。

【朝日杯FS】馬連1点を無料公開

チェックメイト:朝日杯FS200x200

編集部員見習いKの馬券日記・前編【早く来い来い、グランプリ】

みなさん、どうもです。編修部員見習いKです。今年も残すところあと3週間ほど。G1も朝日杯と有馬記念を残すのみ。


有馬記念が終わり、カウントダウンS、ファイナルSまで終われば、『あ~、今年も終わったなぁ・・・金杯まで我慢するか、東京大賞典まで行くか?』とか考えるんだけど、昨年から有馬の翌日に阪神カップやってるんだけど、『あれって必要?』と思う。なんか『イタチの最後っ屁』みたいで締りが悪い気がするんだけど。


今年1年馬券で良い思いをした人も、手痛くやられた人も、日曜の夜は今年の競馬を振り返り、ターフを去る馬達を肴に酒を飲みたいのに・・・なぜ、翌日の予想をしなくてはならないのか。大体、有馬の翌日に馬券買うなんて、コアなファン以外居ないと思うけど。そういうささやかな楽しみを奪わないで欲しいなぁ・・・


今年の有馬記念で引退するオルフェーヴル。(エイシンフラッシュもだけど)私は、常々『日本のエースはオルフェーヴル』と書いてきた。ただ、その理由を書いてなかったので、今回書いておこうかな。


それは、『3冠馬だから!』というのもあるが、1番の要因は『11年の有馬記念でブエナビスタに勝った』から。当時の古馬エースであるブエナビスタに勝ったオルフェーヴル。


『ちゃんとエースの座を譲ってターフを去るとは・・・さすがブエナビスタ!』と、馬券が外れた事を忘れさせる引退レースだった。


私は、引退レースを勝つ事だけが1番良い終わり方とは思わない。ブエナビスタのように負けて世代交代した事を証明する事も、エースの仕事だと思う。


今年の有馬記念は、オルフェーヴルがエースのままターフを去るのか、それとも、負かす馬が現れるのか・・・今年の有馬記念も楽しみで仕方ない。


それでは、今週の馬券日記。土曜日分ドーン!(後編に続く)



【先週】阪神ジュベナイルフィリーズ (G1)

◎ハープスター ▲レッドリヴェール △フォーエバーモア

馬連2点目:1240円 的中!
3連複:6220円 的中!
3連単:4万2130円 的中!


【今週も必見】

★第65回 朝日杯フューチュリティS (G1)★

◎-○ 想定50倍!

◎-▲ これも好配当!

◎-△ 想定万馬券!


穴の3点勝負馬券▼▼レース当日に無料配信▼




師走競馬も万券的中ラッシュ


第65回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
◎ハープスター ▲レッドリヴェール △フォーエバーモア
馬連2点目:1240円 3連複:6220円 3連単:4万2130円

阪神3日目1R ◎タガノベルーガ
馬連大本線:4230円 3連単:2万7300円

中山4日目1R ◎ケイジージュピター
馬連大本線:700円  3連単:1万2700円

《飯塚師》
中山4日目12R ◎サクラディソール
馬連1点目:630円  3連単:1万1780円

中京3日目11R浜松S ◎ウイングザムーン
馬連大本線:980円  3連単:1万0250円


★第65回 朝日杯フューチュリティS (G1)★
穴の3点勝負馬券▼▼レース当日に無料配信▼




提供:競馬エンタメサイト【WORLD競馬WEB】

編集部員見習いKの馬券日記・後編【阪神JFの注目馬】

1

2
3
4

続いて、日曜分。準メインが2歳戦だったのでパス。

5
6

東京メイン、ジャパンカップ。世間では2強ムードだったが、ゴールドシップはこの条件ではそこまで信用は出来ない。かといって消すわけにもいかないけどね。『2強ってジェンティルとエイシンなんじゃないの?』と思っていたけどね。

7

まさか、エイシンが逃げるとは思わなかった・・・つか誰も思わなかったと思う。もう鞍上もミルコですら思ってなかったんじゃないかな。
1着ジェンティル、勝つには勝ったが、秋4戦目のデニムに際どく迫られるし、終わったと思っていたトーセンジョーダンが3着だし、ゴールドシップに至っては競馬になって無い。
これで『有馬記念、楽しみだねぇ』とは言えないなぁ・・・コースが変わるとはいえ、これではオルフェーヴルに有終の美を飾られて終わるような気がしてならない。来年も現役を続ける馬達には、是非とも頑張って欲しいと思ってるんだけどね。

今週の収支 購入額 11200円 払い戻し額 1430円

36週合計 466700円 払い戻し額 609100円

阪神JFの注目馬、もう何度も書いている気もするが、ハープスターVSホウライアキコと愉快な仲間達って図式でOKなんじゃない?強い馬の強いレースを久々に見たいと思う。

それでは今週はこの辺で失礼します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
超大物の呼び声高いハープスターは?
▼阪神JFで大儲けを狙いたい方はコチラ▼
馬連1点を無料公開
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2006年に阪神コースが改装されてから7年。毎年必ずこのレースに馬を送り込み、07~11年まで5年連続で馬券圏内を確保して、そのうち3勝を挙げる松田博厩舎は、まさにこのレースを知り尽くした厩舎である。

その名門・松田博厩舎が今年は超大物の呼び声高いハープスターで4勝目を狙っている。

2歳戦における戦力分析にも高い定評がある某厩舎関係者は次のように語る。

「短距離やったら安田厩舎。マイルやったら西園厩舎。クラシックやったら角居厩舎。それぞれ厩舎に得意分野っちゅうもんがある。その分野におけるノウハウは企業秘密やから真似しようにも真似できひん。その点、ウチは牝馬、特に2歳から3歳にかけての牝馬の扱いにはメッチャ自信をもっとるんや。今年はな…」

陣営はハープスターをどのように仕上げ、そして他馬との力関係をどのように把握しているのか。

阪神JFというレースに限定すれば、『松田博厩舎の本音』を知ることが、何よりも最強の情報になり、これを知らずして予想は組み立てられない。

そして彼らの口から出てきた衝撃的な答えとは・・・!?

決してオモテに出ることのない貴重な【厩舎関係者情報】を

当社へ無料登録された方にのみ完全公開致します!!

阪神JFで大儲けを狙いたい方、◎○馬連1点で仕留めたい方は絶対にお見逃しなく!!
【阪神JF】馬連1点勝負情報を無料公開

チェックメイト:阪神JF200x200

編集部員見習いKの馬券日記・前編【男の性】

みなさんどうもです。編修部員見習いKです。JCが行われる週の中日に、初代編集長と前々から飲もうと決まっていたので行く事に。


となれば、もちろん競馬トーク。まずはマイルCSに話が及ぶ。私が『トーセンラー、京都では強いですよね。』と言うと、編集長は『これは、俺の持論なんだけど・・・』と前置きし『ある特定の条件でのみ強い馬は、本当に強い馬とは思わない。』と素敵なコメント。思わず『やっぱりそうですよね!だからブエナビスタ好きなんですよ!』とテンション上がる私。


続けてJCに話が向く。編集長が『あの程度しか呼べないJRAって問題だよね。』と話を振ってきたので『そうですよね。大体、こんな離れた島国に帯同馬無しで呼べるわけが無いですよ。世界の流れは、ドバイやブリーダーズカップや香港みたいに1日に何レースもG1やってますよ。JRAも売上の為なんでしょうけど、週1にG1を1つとかチマチマしないでほしいですよ。』と、いつもより饒舌なワタクシ。


続けて『香港と時期を調整して、1200、1600、2000、2400のG1を1日でやれば、帯同馬も連れて来れるし、今より強豪馬が来ますよね。それにマスコミが大々的に宣伝すれば、お客さんの新規開拓出来るんじゃないですかね?』と言うと、『それ良いね。で、日本でレースに出た馬は、そのまま香港のレースまで調教出来るシステムにすれば、それなりに集まるかもね。』と編集長。この発想は無かったなぁ。


また私が、『JRAもCMで吉○由里子とか役者さん使っても、新しいお客さんは増えませんよ。競馬自体でお客さんを呼べる工夫をして欲しいですよ。』と言ったところで話が横道に・・・


以前、競馬場に行った時、隣に若い女の子が2人で着ていたと言う話。昔の競馬場やウインズなんて、おっさんの巣窟みたいな場所だっただけに内心は『良い時代になりましたねぇ。こういう世代がどんどん競馬に興味持って欲しいですねぇ』と思ってたのだが、編集長が『それは、声掛けたりしないの?』と質問された。


やや驚いた私は『するわけないでしょ!つか、競馬場に馬券買いに行ってるんですよ?女なんか見てませんよ!』と返答。編集長が『へぇ~・・・』と言った後に『もし、吉○由里子が、Kさん競馬教えてください♪って言われたらどうする?』と聞いてきたので『決まってるじゃないですか!手取り足取り教えますよ!』と、男の性丸出しの返答。編集長に『何だよそれ!さっきまで、カッコイイ事言ってたくせに!』と、編集長を呆れさせた日でした。


それでは、今週の馬券日記。ドーン!(後編へ続く)

ハープスター
新潟2歳Sから直行のローテ!確勝級なのか? それとも危険な人気馬か?

ホウライアキコ
重賞2勝で実績は最上位だが、その強さは本物か?

そして……この大舞台で目覚める隠れた素質馬とは!?



万券を獲りたい人は必見!

第65回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
他では聞けない『オフレコ情報』

無料で教えます



2013年の重賞も的中ラッシュ


★日本ダービー【3連単5万4950円】会心の的中!

★安田記念【3連単6万2800円】絶品の的中!

★スプリンターズS【3連単2万8020円】極上の的中!

★高松宮記念【3連単2万7200円】快心的中!

★オークス【3連複1万5610円】会心的中!

★アルゼンチン共和国杯【馬連5050円】
★武蔵野S【3連単1万4010円】
★ジャパンカップ【馬連2500円】
★金鯱賞【馬連2780円】
★ジャパンカップダート【3連複2160円】



第65回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
他では聞けない『オフレコ情報』
無料で教えます




提供:競馬エンタメサイト【WORLD競馬WEB】

編集部員見習いKの馬券日記・後編【JCダートの注目馬】

日曜分、ドーン!

5


1人気からはなるべく買わない。と言っておきながら早速買ってしまう・・・まぁ当たっただけ良いか。獲って損だけど・・・

6



ここでは、圧倒的1人気のウリウリ。ここでウリウリから買ってしまっては昨日の反省が活かされない。2人気のイリュミナンスから買って的中。


福島メイン、福島記念。ここでまた1人気のディサイファから買ってしまった。だって55Kはいかにも有利に見えたから仕方ない・・・

7


東京メイン、霜月S。ここでも1人気のコパノリッキーから買いそうになったが『骨折明けは無いかな。』と思い6人気のウォータルルドから買う事に。

8


今の東京のダートって、追い込み利きにくいと思う。まさかウォータルルド、逃げるとは思わなかった。松山Jってこういう騎乗するのか。今後の参考にしよう。結果は1、3着抜け。


京都メイン、マイルCS。混戦と言われる中、1人気はやはりダノンシャーク。1週前からこの馬から買おうと思っていたし、1人気でも初志貫徹で。

9


直線、鮮やかに差しきったトーセンラー。スローの上がり勝負とはいえ、33,3は素晴らしいが、他の有力先行馬が勝ち切れない辺りが、マイル路線の層の薄さ。11着に敗れたクラレントはプラス12Kが響いた。まぁこの敗戦だけでは見限れないけどね。


中山で強かったマツリダゴッホ、小倉で強かったメイショウカイドウなど、特定の競馬場でのみ強さを発揮する馬は過去にもいたが、天皇賞(春)2着から同じ年のマイルG1を勝った馬は記憶に無い。それだけ京都コースがトーセンラーには合っているという事なんだろうけど。とりあえず、トーセンラーには『京都マイスター』の称号を進呈しよう。でも、ダートは走らないと思うけど。

今週の収支 購入額 14100円 払い戻し額 7360円

35週合計 455500円 払い戻し額 607670円

回収率133%



JCDの注目馬は、好メンバーが揃っただけに難しい。軸にはホッコータルマエと思ってはいるが、先行馬が非常に多い。先行激化でゴール前でガラッと大勢が変わる可能性も秘めていると思う。

それでは今週はこの辺で失礼します。

競馬情報サイトの情報を利用してみたら

1,000円が93,500円に!!「お金を儲けたい!」その一心で「当たる競馬情報を提供しているサイトを探そう」とある男が一念発起。 

何百という競馬情報サイトに登録し、本気で

当たる競馬情報サイトを調べた結果出た結論

それは・・

「世の中に当たる競馬情報サイトは存在します」 

そのサイトと詳しい検証内容はこちらから

実際に馬券を買って体当たりで検証しました。

もちろん【無料情報】もあるようですし、

秋のG1シーズンで勝ちたい方は今すぐ登録しておくことをオススメします。


livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード