トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

ZAC指数&WIN5

チャレンジ!!WIN5【6月2日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・東京9R…「04」
・阪神10R…「03」「14」
・東京10R…「04」「06」「11」
・阪神11R…「05」「06」
・東京11R…「02」「09」「10」「15」「17」

合計 60点



●東京9R

降級4歳馬が8頭いるが、ここはダノンジェラートを信じたい。セントライト記念は勝負どころから上がっていき勝ちに行く競馬をしての3着。勝ち馬フェノーメノの活躍はいうまでもないが、2着のスカイディグニティも次戦の菊花賞で2着とレースレベルは高かった。500万に降級すれば能力は断然といい存在。体質が弱く使い込めないので、1戦1戦が勝負の馬。1か月近く乗り込まれ、仕上がりも万全と判断して1頭のみのチョイス。


●阪神10R

新馬→500万→オープン特別のヒヤシンスSと3連勝を飾ったフリートストリート。骨折によりその後の出世は遅れたが、1000万にまで降級すれば能力上位。以前のように先行できれば。キズマが3走前に負かしたスノードラゴンは現オープン馬。息を入れやすい1400メートルで全3勝と、前走からの距離延長は歓迎。久々で3勝を挙げポン駆けも利く。


●東京10R

4走前、この東京1400メートルを1分20秒8と水準以上の時計で1000万を勝ったジョーオリオン。当時より斤量は2キロ増えたが、気分良く走れたときは強く侮れない。シルクドリーマーは準オープンでも小差の3・4着歴があり、降級すれば力は上位。前走も出遅れていなければ…という内容だっただけに外せない。キングオブローも降級組。ややスタートに難があるが、五分に出れば追走にもモタつかない。あとは巧く馬群を捌けるか。


●阪神11R

ここは本命・対抗の2頭。詳しくは「レース展望」を見て欲しいが、能力比較でこの2頭が抜けていると判断した。


●東京11R

安田記念は手を広げて5頭を選んだ。混戦だけにどこかでたぐり寄せられれば…。


怪しいサイト、怪しくないサイトなど様々なサイトが「乱立」と言って
言いほど存在してはいますが


実際当たる予想を配信している予想サイトは確実にあるはず・・・そう
思って、いくつか予想サイトに登録し情報を受け取ったところ、
下記サイトが最も的中率・回収率が高かったので紹介します。

そのサイトは「裏@勝馬NAVI」という。
⇒サイトはこちら



先週、「裏@勝馬NAVI」は下記7レースを的中させている。

■■■的中総額805,760円!!■■■

==================================
【的中レースその1】4/29 福島12R 川俣特別

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は133,090円!!
==================================
【的中レースその2】4/28 福島9R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は96,080円!!
==================================
【的中レースその3】4/28 東京8R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は193,060円!!
==================================
【的中レースその4】4/27 京都12R 4歳1000万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は172,260円!!
==================================
【的中レースその5】4/27 京都10R 與杼特別

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は49,340円!!
==================================
【的中レースその6】4/21 京都8R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は53,420円!!
==================================
【的中レースその7】4/21 東京5R 3歳未勝利

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は108,510円!!
==================================

上記7レースとも3連単としては12点と、少ない点数で
万馬券の高配当を的中させている。

しかも驚く事に、上記は的中実績の一部であるという。
実績紹介はこちら

また、現在「裏@勝馬NAVI」はキャンペーンを行っており、
今登録すると毎週更新される優良コンテンツが
普段有料⇒無料になるとの事(先着順のため締め切っていたら申し訳ありません)。


このように、競馬予想サイトが乱立している中でもしっかりと的中させている
サイトは存在する。

この「裏@勝馬NAVI」を駆使して、
今週の安田記念そして
春のGⅠシーズンで大いに儲けて欲しい。
⇒安田記念 予想を確認

チャレンジ!!WIN5【5月26日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・東京8R…「07」「08」「13」「16」「17」
・京都9R…「03」「14」「15」
・東京9R…「04」「06」
・京都10R…「18」
・東京10R…「08」

合計 30点



●東京8R

決め手確かなミヤビファルネーネ。前走は直線で追いづらい場面があり、それで5着なら悪くない内容。能力全開なら。エキストラエンドは、3歳時の弥生賞5着で京都新聞杯3着。地力はある。前走は休み明けでマイナス4キロとパドックでの見た目も良くなかった。本来の馬体が戻るようなら怖い。アーデントは、京成杯3着で弥生賞3着。昨年秋は菊花賞にも挑戦したが、明らかに距離が長い失速振りだった。約半年振りのレースとなるが、ポテンシャルは高く狙ってみる。
ホッコーブレーヴは昇級後も3・2着と安定したレース振り。ためれば切れる脚を使えるので、逃げ~先行勢が揃ったメンバーだけに突き抜けてもいい。カネトシマーシャルは、昨年の6月に500万を当舞台で勝ったときの時計が1分45秒8。これは開催ナンバーワンのものだった。前走でクラスのメドも立っており、ここも侮れない。


●京都9R

ダイヤノゲンセキは、調教と実戦が結びつくタイプ。今回もチップの最終追いで66秒台の好時計を出し、これでもうひと絞りできればいうことはない。クラスの壁もないと見る。エーシンリボルバーは準オープンで5戦して2・3・3・2・3着。そのいずれも勝ち馬から0、2秒差なのだから、歯車さえ噛み合えばいつ勝ってもおかしくはない。一押しが利けば。メイショウコロンボはダート路線に転じてから5戦5連対。逃げ馬で目標にされやすいが、今回はほかに強力な同型馬もおらず粘り込みを期待。


●東京9R

ラウンドロビンは、東京で6戦してすべて2着という実績。あと一押しが欲しいところだが、C・デムーロ騎手が前走同様に手綱を取るのは心強い。カナロアは、前走は勝ちに行った分、ラストに甘くなった。100メートルでも距離が短くなるのは歓迎で、脚の使いどころひとつ。


●京都10R

ここは本命馬1頭のみ。ほかにめぼしい強敵もおらず、ハンデも恵まれた印象。大外枠も気にならない。


●東京10R

ダービーもロゴタイプ1頭とした。ここまでの勝ちっぷりや時計など、死角らしい死角が特に見当たらない。この時季の3歳馬は、距離適性うんぬんより能力の絶対値でレースが決まることが多い。二冠達成は濃厚とみる。

七騎の会:日本ダービー234-60


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本ダービーが馬連3点で獲れなければ
今年残りのG1・13鞍を全て無料で配信します!
【日本ダービー】馬連3点馬券を無料配信
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年までは1着賞金は1億5000万円だったが、今年から2億円に増額。国内2番目の高額賞金レースとなり、弥が上にも盛り上がる本年ダービー。

1週前追い切りも終えて出走各馬は最終局面に突入。ここまで新聞を飾る見出しは各馬「完璧」「究極」等と絶賛のコメントばかり。生涯一度きりの晴れ舞台を前にして、厩舎サイドも表向きに悪い事をわざわざさらけ出すようなマネをする必要も理由もないでしょう。ダービー出走は競馬関係者にとって最高の夢であり、表向きには最高の仕上がりをアピールするのは当たり前の事。

ところが、ここまで辿りつくまでに体力を消耗し切ってオツリなしの馬や、絶対にダメであろう馬が、今年も裏で多数存在するダービー。

現場からの正確な情報を元に、現時点で当社が既に危険馬としてリストアップしている馬の中には、万が一この馬がダービーに出なくなるとJRAの売上に響きそうな超有力候補(今年は4強と云われていますが)も含まれているが、さらに、前走で思わぬ敗戦を喫したというアノ有力馬にしても「ダービーで一変を期待できそうにない」と陣営は早々に白旗を掲げてしまった始末。

その他にも、鞍上すらも「デキ落ち」と認めているのに、出走条件を満たしているからと無理にダービー出走に踏み切る馬や、馬主の強い要望で出走に踏み切ったが、前々からダービーはどう考えても無理という話の馬、●●賞後から脚元に不安が出て、実は調教で強い負荷を全く掛けられない状態の馬等々、今ココで明かせない危険馬は、現時点でもおおよそ半数近く存在しているのが本当のところ。

こんな裏の事情を一般の競馬ファンは知る由もありません。不安な話ばかりを先に述べましたが・・・(続き)

この続きと【日本ダービー】馬連3点馬券はコチラから

チャレンジ!!WIN5【5月19日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・京都10R…「11」「13」
・東京10R…「02」「13」
・新潟11R…「07」「15」
・京都11R…「16」
・東京11R…「01」「04」「06」「14」「18」

合計 40点



●京都10R

前走は、自ら作った緩みない流れを3着に逃げ粘ったサトノプリンシパル。その勝ち馬は、次戦で交流重賞の兵庫GTを勝ち、レースレベルも高い。エーシンゴールドは、2走前にそのサトノに敗れているが、番手につけられるので展開的には楽な立場。巧く前を捕らえられれば。


●東京10R

ともに決め手が確かなオコレマルーナ、アミカブルナンバーの2頭。多頭数で速い流れになりがちな東京の1400メートル戦だけに、直線一気を期待する。


●新潟11R

テンに32秒台の脚を使ったこともあるヤマニンパピオネは、直線競馬は初だがうってつけの舞台かも。柴山騎手もクセをつかんでおり、行く気に任せて押し切りを狙う。レオパステルはこの舞台で1・2着。大外、8枠15番も魅力で好位抜け出しといきたい。


●京都11R

ここは本命馬1頭とする。他馬との比較では、ちょっとランクが違う印象。馬群を捌きやすい大外枠にも入り、自信のチョイス。


●東京11R

ここは手を広げ上位から5頭を選んだ。難解なレースだが、何とか拾えれば…。


k-200x200


驚きました・・

何と先週の新潟大賞典と京都新聞杯の両レースを
3連単でバッチリ的中させたサイトを発見していまいました。。

そのサイトがコチラ

新潟大賞典は5番人気⇒8番人気⇒3番人気で決まり、
京都新聞杯は1番人気⇒3番人気⇒10番人気で決まりました。

これをバッチリ的中させるとは・・・驚きです。


こんなにピンポイントで当ててくるサイトでしたら
今週は何も考えずこのサイトの買い目を参考しても良いかもしれないですね。


まずはオークス(G1)の情報をGETしましょう!


チャレンジ!!WIN5【5月12日】

今週のWIN5は、一昨年9月以来のキャリーオーバー発生!
5億3000万円あまりが、今回の配当に上乗せされる。

実に、力の入る1戦だ。

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・京都10R…「02」「07」「14」
・東京10R…「01」「06」
・新潟11R…「03」「04」
・京都11R…「10」「11」
・東京11R…「03」「11」「13」

合計 72点



●京都10R

のっけから難解なレースだが、土曜日の競馬を見る限り、今週からDコース使用で内ラチ沿いを通った逃げ・先行馬がかなり有利な馬場となった。雨の影響もまだ残ると見て、ここは差し・追い込み馬は軽視してみた。ヴァンフレーシュは、カンナSがまったく楽勝の逃げ切り。1分8秒0の時計も優秀で、気性面から久々のほうが合いそうである。ピンゾロは先行しての渋太さが身上。近2走の走破時計も古馬500万以上のモノで、粘り込みを警戒。初芝だがアースゼウスもマークしておく。高速馬場でない今の京都なら、十分こなせる可能性がある。1200メートル戦は2・1・1着で、1ハロンの距離短縮も大歓迎。
もしティーハーフの追い込みが届くようなら、素直に諦める。


●東京10R

デビュー以来、8戦3勝、2着4回、3着1回と馬券圏内を外したことがないナリタスーパーワン。まだまだ伸び盛りの4歳馬で、55キロの斤量も魅力。左回りも経験済みで、1400メートルもベスト距離。タイセイファントムの前走は、直線で2~3度進路を探すロスがありながら、地力で2着にこれた。脚はしっかり使っており、スムーズならと思わせる内容。丹内騎手→ウィリアムズ騎手への強力な乗り替わりで、改めて期待。


●新潟11R

末脚堅実なシャドウバンガード。前走は超スローの展開に泣いたため度外視できる1戦。新潟では【1・2・1・1】と安定した成績でコース替わりもプラス。あとは流れひとつ。アドマイヤネアルコはこれとは逆に、逃げるとかなり渋太い馬。前走もハナ差の惜敗で、新潟コースも2着歴があり問題ない。内回りの2200メートル戦なら粘り込みも十分。


●京都11R

ここは本命・対抗の2頭とした。朝の段階で重馬場なので、恐らく午後の競馬も脚抜きはいいハズ。そうなると本命馬のスピードがフルに生きそうだ。詳しくは「明日のレース展望」を参照のこと。


●東京11R

ヴィクトリアマイルは本命~単穴までの3頭とした。見解については「レース展望」を見て欲しいが、こちらも馬場状態を注視したいところだ。


驚きました・・

何と先週の新潟大賞典と京都新聞杯の両レースを
3連単でバッチリ的中させたサイトを発見していまいました。。

そのサイトがコチラ

新潟大賞典は5番人気⇒8番人気⇒3番人気で決まり、
京都新聞杯は1番人気⇒3番人気⇒10番人気で決まりました。

これをバッチリ的中させるとは・・・驚きです。


こんなにピンポイントで当ててくるサイトでしたら
今週は何も考えずこのサイトの買い目を参考しても良いかもしれないですね。


まずはヴィクトリアマイル(G1)の情報をGETしましょう!


bn_01_200x200-race_0512

チャレンジ!!WIN5【5月5日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・京都10R…「05」
・東京10R…「03」「05」
・新潟11R…「01」「07」「16」
・京都11R…「02」「11」「13」「16」
・東京11R…「10」「15」

合計 48点



●京都10R

ここは強気にエーシンリボルバー1頭で。前走と3走前はともに逃げ馬に逃げ切られる展開で、2走前は一旦抜け出したところを後方から交わされてしまったが、3・3・2着と安定した成績。今回はほかの有力馬に差し・追い込み馬が多く、前々で運べるエーシンリボルバーにとって今回は展開も向きそう。2走前の内容から、1900メートルもまったく問題ナシ。


●東京10R

東京での4勝はすべてオープン特別のナムラタイタン。初の2100メートルだが、渋太さが生きる流れなら距離ももちそう。ハンデの58・5キロも過去に2度背負って2・3着なら割り引かなくてもいいだろう。トウショウクラウンは、いつも確実に末脚を使ってくる。以前より前に行けるようになっており、脚質に幅が出たのも心強い。追って渋太いタプで距離ももつと判断。


●新潟11R

新潟大賞典は本命~単穴までの3頭とした。詳しい見解は「レース展望」を参照のこと。


●京都11R

まずは3連勝中のテイエムタイホーと、4連勝中のバーバラを。両馬とも逃げ・差し自在で展開に注文がつかないのが強み。傑出馬不在のオープン特別だけに、この勢いはやはり見逃せない。ハノハノは前走まですべて小倉で勝っていた平坦巧者と思っていたが、その前走が中山での勝利。一皮剥けたレース振りだった。勝ち鞍こそないものの、直線フラットの京都コースに替わるのは歓迎で、力をつけてきた今なら初のオープン挑戦でも面白い。スギノエンデバーは末脚確かで要は展開ひとつの馬。内めに入ったオーセロワとエーシンダックマンが競り合ってペースが速くなれば、直線では突っ込んでこれる。


●東京11R

NHKマイルCは2頭をチョイス。特に本命馬は「自信アリ」なので、詳細は「レース展望」を見てもらいたい。

怪しいサイト、怪しくないサイトなど様々なサイトが「乱立」と言って
言いほど存在してはいますが


実際当たる予想を配信している予想サイトは確実にあるはず・・・そう
思って、いくつか予想サイトに登録し情報を受け取ったところ、
下記サイトが最も的中率・回収率が高かったので紹介します。

そのサイトは「裏@勝馬NAVI」という。
⇒サイトはこちら



先週、「裏@勝馬NAVI」は下記7レースを的中させている。

■■■的中総額805,760円!!■■■

==================================
【的中レースその1】4/29 福島12R 川俣特別

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は133,090円!!
==================================
【的中レースその2】4/28 福島9R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は96,080円!!
==================================
【的中レースその3】4/28 東京8R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は193,060円!!
==================================
【的中レースその4】4/27 京都12R 4歳1000万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は172,260円!!
==================================
【的中レースその5】4/27 京都10R 與杼特別

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は49,340円!!
==================================
【的中レースその6】4/21 京都8R 4歳上500万下

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は53,420円!!
==================================
【的中レースその7】4/21 東京5R 3歳未勝利

【実際配信された買い目】3連単12点提供(1点100円指示)

⇒配当は108,510円!!
==================================

上記7レースとも3連単としては12点と、少ない点数で
万馬券の高配当を的中させている。

しかも驚く事に、上記は的中実績の一部であるという。
実績紹介はこちら

また、現在「裏@勝馬NAVI」はキャンペーンを行っており、
今登録すると毎週更新される優良コンテンツが
普段有料⇒無料になるとの事(先着順のため締め切っていたら申し訳ありません)。


このように、競馬予想サイトが乱立している中でもしっかりと的中させている
サイトは存在する。

この「裏@勝馬NAVI」を駆使して、
今週のNHKマイルCそして
春のGⅠシーズンで大いに儲けて欲しい。
⇒NHKマイルC 予想を確認

チャレンジ!!WIN5【4月28日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・東京10R…「03」「09」「11」「14」
・京都10R…「03」「07」
・福島11R…「06」「09」「11」
・東京11R…「02」「03」「05」
・京都11R…「08」

合計 72点



●東京10R

好位から器用に立ち回れるアドマイヤサガス。過去にはトウショウカズンやスティールパスらオープンでも上位争いを演じる馬たちと渡り合って来たきただけに、ここでも能力はヒケを取らない。スタッドジェルランは2年近く勝ち星に恵まれていないが、バーディバーディやナムラタイタン、ニホンピロアワーズとも接戦歴がある。東京コースで2着3回など相性も良く、上がりが速すぎない良馬場で競馬が行えるのも好材料。エアハリファはデビュー以来全て3着以内の堅実派。相手なりに走れるので、ここでも無視できない。アドマイヤロイヤルは、2走前の休み明け時とは比べ物にならないくらいの乗り込み量。重賞で2・3・4着が1回ずつあり、出走メンバーでは地力も上位。東京コースとの相性も良く外せない。


●京都10R

ヒヤシンスSはラップや相手関係も含め、かなりの高レベルのレース。そこで4着だったエーシンレンジャーの能力は確か。ダート1400メートルは2戦2勝と、距離短縮も歓迎。エイシンラトゥナは、バリバリのアメリカ血統。初のダート戦だが、スピードで押し切る可能性もありそう。アルテミスS4着など、地力も確か。


●福島11R

フォーエバーマークは、昨年の桜花賞5着馬。ただ、マイル戦より1200~1400メートル戦のほうがよりスピードを生かせるので、小回りの福島のこの舞台はぴったり。昨年はドリームバレンチノから小差3着した経歴もある。ポアゾンブラックは、芝に転じた近2走で4・1着。この路線で道が拓けた。キャリアも浅くまだ伸びしろも見込めるので、ここでも要警戒。レッドスパーダはNHKマイルCや阪神Cで2着、3年前の東京新聞杯の勝ち馬であり、ここでの実績は最上位。58キロだが簡単には止まらないスピードの持ち主で、粘り込む可能性も十分。


●東京11R

ここは本命から単穴までの3頭とした。混戦模様だが、詳しい見解は「レース展望」を参照のこと。


●京都11R

天皇賞・春は本命馬1頭のみ。どんな展開になっても必ず追い込んでくる脚は、数字上でも実証されている。詳細は「レース展望」を見て欲しい。

チャレンジ!!WIN5【4月21日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・京都10R…「04」「08」
・東京10R…「02」「05」
・福島11R…「11」
・京都11R…「02」「09」「13」
・東京11R…「02」「10」「17」

合計 36点



●京都10R

軽快に逃げ、先行できたときは実に渋太いロングロウ。脚部不安により昨年は丸々1年を棒に振ったが、復帰後は手堅い走りで前走で1000万を卒業。もともと、ゴールドティアラの仔として期待の高かった素質馬が、ようやく軌道に乗った印象。京都コースとの相性もいい。エーシンリボルバーの前走は、先頭に立って押し切るところをソラを使って減速。ただ、現級卒業の期待はうかがわせた。今回はチークピーシズを着用し、一押しを狙う。


●東京10R

ジョングルールは、道悪だった弥生賞と超スローペースだった精進湖特別以外、すべて連対している安定株。前走の常総Sも、一旦は抜け出したところをヴェルデグリーンに交わされたが、あれは相手を褒めるべき内容。東京コースも4戦2勝、2着1回と問題なく、上位争いは間違いない。エックスマークの前走は、直線で進路がなくなる場面が何度かあり、脚を余した1戦。スムーズに走れば突き抜ける勢いもあっただけに、中京よりさらに直線が長い東京で本領発揮といきたい。


●福島11R

当地で500万を勝ったときの末脚が際立っていたロンド。2走前に2走前には、逃げ切りを計るサカジロロイヤルに0、1秒差2着まで追い上げてきており、展開さえ向けばまとめて他馬の面倒を見る可能性も十分。牝馬だけに、久々でも走れる気性の持ち主。


●京都11R

ここは本命から単穴までの3頭とした。上位拮抗の混戦模様だが、勝ち切るまであるのはこの3頭までと判断。詳しくは「レース展望」を参照のこと。


●東京11R

ここも本命から単穴までの3頭をチョイス。人気薄も押さえていてバラエティーに富んでいるが、見解は「レース展望」を見て欲しい。

チャレンジ!!WIN5【4月14日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・阪神10R…「01」「14」「15」
・中山10R…「01」「04」
・福島11R…「06」
・阪神11R…「02」「06」「16」
・中山11R…「14」「15」「16」

合計 54点



●阪神10R

中途半端に前に行くとダメだが、後方で脚をためれば終いは確実に伸びてくるタマブラックホール。前走もほぼ勝ちに等しい内容で、早々にクラスのメドも立てた。あとは展開次第。残りの2頭は逃げ、先行馬を選んだ。案外、このクラスの短距離ダートというのは落ち着いた流れになることも多々あり、粘り込みを警戒したい。


●中山10R

カペラSは先行勢が総崩れの流れで度外視できるスリーボストン。エクセルシオールがハナに行きたいのはわかっているが、そのほかにガンガン競り合う馬もおらず2~3番手でスムーズな競馬ができそう。久々も苦にする馬ではない。トップハンデのマルカバッケンは、ここは狙いすました1戦。好位から安定した競馬ができ、コース相性もいい部類。さしたる強敵も見当たらず、まず外せない。


●福島11R

ここはロジダンス1頭で勝負。前走、2馬身半差あった3着のマイネルメダリストと、4着のポールアックスは既に1000万を卒業。能力は断然上だ。乗り込んできたので久々も問題なく、2走前に勝った福島芝2600メートルなら何の不安もない。


●阪神11R

ここは本命から単穴までの3頭とした。上位拮抗だが、勝ち切るまであるのはここまで。詳しくは「レース展望」を参照のこと。


●中山11R

皐月賞は本命から単穴までの3頭をチョイス。見解は「レース展望」で述べているが、好メンバーが揃い見応えのあるレースになりそう。熱戦を期待したい。

チャレンジ!!WIN5【4月7日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・中山10R…「03」「09」「13」
・阪神10R…「01」「03」「06」
・福島11R…「07」「15」
・中山11R…「14」「15」
・阪神11R…「12」「13」

合計 72点



●中山10R

ケルンフォーティーは未勝利馬の身で1000万を勝ったが、その後も1000万で3・3着としているように着実に地力を強化している。マイルも問題なく、先行抜け出しの形を取れれば。コスモトゥルーラブは重馬場で未勝利戦を勝利。道悪で勝ったことがあるのはこの中では同馬のみ。先行~好位差しという脚質から、展開にも注文がつかない。ゴールドカルラは、未勝利時代からのちに重賞勝ち馬や1000万卒業馬がゴロゴロいたりと、つねに強敵相手と戦ってきた。初の1000万だが、能力的にはここでも十分通用。


●阪神10R

ユニバーサルバンクは昨年の当レース勝ち馬。昨年より1キロ増だが、ほかに傑出馬もいない組み合わせで地力は上位。久々も苦にする馬ではないだけに、まず外せない。カフナは若葉S2着など、もともと重賞級の力がある。使いこめないタイプだが、前走の勝利でようやく軌道に乗ってきた印象。前々で運べるので展開にも注文がつかない。メイショウカドマツは、前走のダイヤモンドSで3着と着実に地力強化。2400メートルでも問題なく、56キロも少し恵まれた印象。


●福島11R

マルカボルトの前走は、出遅れていつもの自分の形にならなかったがよく追い込んで4着。ロスがある中の重賞であれだけやれれば立派。オープン特別の今回は相手関係もラクになり、あとは本来の先行策が取れれば。ダノンスパシーバは昨年の当レース2着馬。長期休養明けを一叩きされ調教の動きも良化。土曜日の競馬を見る限り、展開次第では差しも決まるので、前がやりあってくれれば差し切りも。


●中山11R

ここは本命・対抗の2頭とした。詳しくは「レース展望」を参照のこと。


●阪神11R

百花繚乱の桜花賞だが、思い切って上位2頭を挙げるに留めた。見解は「レース展望」を見て欲しい。

チャレンジ!!WIN5【3月31日】

これまで7度的中!! 数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。


・中山9R…「08」「09」
・阪神10R…「10」「12」「13」「16」
・中山10R…「02」「09」「12」「14」
・阪神11R…「08」
・中山11R…「10」「13」

合計 64点



●中山9R

かなりの混戦だが、ここは2頭。スズカジョンブルは昇級初戦の前走で5着に健闘。勝ったオーシャンフリートは既に現級でのメドを立てていた馬だし、セイカプリコーンは先週の準オープンを勝利。3着ズンダモチ、4着のアマノレインジャーもこのクラスで数度の3・4着がありなかなかのメンバーだった。今回は抜けた馬もおらず、前走だけ走れば十分足りる。オリオンザポラリスの前走は、直線で前が壁になりまったく追えず不完全燃焼。現級で3・4着歴が1度ずつあり、展開さえハマれば上位にくるだけの末脚は持っている。


●阪神10R

フィリーズレビューのゴール前、勝ったメイショウマンボ以外に脚色が目立ったのがノーブルコロネット。脚の使いどころが難しい馬だが、池添騎手も2度目ならクセはつかんだハズ。ローガンサファイアは、前走1200メートル戦で鮮やかな直線一気。現状は脚をためる競馬が合っているのかもしれない。1ハロンの距離延長は何ら問題なく、折り合って末脚が爆発できれば。エールブリーズは末脚堅実で毎回掲示板の上位を賑わす存在。前走のファルコンSも0、1秒差の3着と力は見せている。プレイズエターナルは、近2走は期待を裏切っているが昨年2連勝したように力は持っている馬。スタートでの出遅れが目に付くようになっているので、まずは五分に切りたい。


●中山10R

インカーテンション、サトノプリンシパルはともに前走の時計が古馬1000万~準オープン級のもので優秀。ヒヤシンスSの2・3着馬ソロルとコパノリッキーも、前走だけ走ればここでも上位争いは可能。


●阪神11R

阪神大賞典は本命馬1頭に託す。ドバイの地で2着に敗れた「ライバル」の無念は、同馬の完勝で晴らしたい。


●中山11R

大混戦のダービー卿チャレンジTは、本命・対抗の2頭。詳しくは「レース展望」を参照のこと。

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード