毎日杯・1分46秒2で、ダービーへの新たなキズナが結ばれた。


前半1000mは58秒6のミドルラップ。時計の出やすい下地ができていたとはいえ、35秒8というレースの上がりに対し、キズナのソレは34秒3。しかも通ったコースは大外。アクションもダイナミックだった。
何よりも、後方で微動だに構える武豊の大胆――引き絞った弦を一気に解き放つ、武豊ならではの自信がよみがえった意味は大きい。


ちなみに1分46秒2は、08年のディープスカイの1分46秒0に次ぐ好記録。2000mから1800mへと距離が替わって、今年が7年目。サンプル数は少ないものの、ディープスカイは、次走のNHKマイル快勝、続くダービーを一気差し。


キズナはこの後、京都新聞杯経由でダービーを予定しているらしいが、変則ながらホップ・ステップ・ジャンプと、ローテーションも理にかなっている。


高松宮記念は、ロードカナロアが予定調和のGⅠ奪取。


発馬で一瞬ゴトゴト。スタートダッシュを誤り、内心岩田もヒヤリとしたことだろうが(笑)、前半3Fは11秒9―11秒0―11秒4(34秒2)と、GⅠにしてはゆったりめのペースだったのも幸いし、無理にしごきあげ折り合いを欠くことなく、おっつけ中団。


直線を向き、一瞬モタモタするシーンもあったが、最後の2F・11秒0のレースラップを、一気に四肢を伸ばし残り100mでは先頭(自身のその時の脚は、10秒8前後か)。


1分8秒1のレコードは、新設なって間もない中京・高松宮記念だけに、この記録が果たしてマキシマムなのか。「世界レベルのスプリンター」という表現も、まだ早いように思うが(アジアのスプリント・チャンピオンであることは間違いないけれど)、日本の短距離界における、世に語り継がれるべき名スプリンターの、こののちの軌跡を見つめていきたい。


主だった有力騎手も数多く集まるビッグレース当日に、岩田は5勝、戸崎3勝。両者の奮闘と実績が、この一年のジョッキーの力関係の展望を暗示してはいないか。


なんて、岩田の勝ち鞍の中の一頭、中京7Rのシェルビー(サクラバクシンオー×リラコルレオーネ)は、これで〔2300〕。1分33秒9は、かなり良質。GⅠの日に、思わぬ拾い物を発見して得した気分。


前日の土曜日・中京10Rの大寒桜賞のラストグルーヴの2分15秒7は、同日の古馬1000万・名鉄杯を1秒7超。急激に力をつけている。半馬身差2着のアヴォーディー(母はヘヴンリーロマンス)とあわせ、ぜひ覚えておいて欲しい馬です。


■今週のマル丹…特別登録

【中山】

《3月30日》
〔9R 山吹賞〕
・マンインザムーン(3月9日・2分1秒9)
・ワープドライブ(2月2日・上がり33秒5)
〔10R 安房特別〕
・カナロア(10月21日・1分59秒7)
〔11R 船橋S〕
・サイレントソニック(3月9日・あがR33秒9)

《3月31日》
〔10R 伏竜S〕
・サトノプリンシパル(2月16日・1分51秒7)
・マイネルクロップ(2月2日・1分52秒3)
・ソロル(2月17日・1分36秒6)
〔11R ダービー卿CT〕
・ダイワファルコン(※10月1日・上がり33秒6)
・ドナウブルー(8月12日・1分31秒5)


【阪神】

《3月30日》
〔11R コーラルS〕
・マルカフリート(9月15日・1分22秒8)
・ウォータールルド(11月10日・1分36秒0)

《3月31日》
〔10R マーガレットS〕
・アドマイヤオウジャ(12月24日・上がり33秒9)
〔11R 大阪杯〕
・オルフェーヴル(6月24日・2分10秒9)
・ダークシャドウ(※10月30日・1分56秒2)

(※は、一年以上前の記録。登録段階でのランナップゆえ、出否は木曜日4時の確定待ち)


◎丹下日出夫…長年「ホースニュース馬」の競馬評論家として一線に立つ。現在は毎日新聞本紙、BS11「BSイレブン競馬中継」の解説者として活躍。「POG大魔王」としても名高い。


【お知らせ】
POGで勝ちたいならコチラも見逃せない!! 丹下日出夫氏のサイト「丹下倶楽部」!!

丹下日出夫氏の予想は「毎日新聞」をご覧ください(当サイトでの公開はございません)。

人気ブログランキングへ。人気ブログランキングへ