トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

2015年06月

宝塚記念

【阪神11R・宝塚記念(自信度B)】

◎ 15 ゴールドシップ
○ 11 ヌーヴォレコルト
▲ 13 ラキシス(○=▲も)
注 16 ラブリーデイ
△ 05 カレンミロティック
△ 08 ディアデラマドレ

編集部員見習いKの重賞狙い馬

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。上半期の総決算、宝塚記念。もう本命は決まってますよ。

それはもちろん、ゴールドシップ!もう説明不要。

ただ、2番手以下は難しい。が、ここはラキシスを対抗にする。この馬が大きく負けたのは昨年のヴィクトリアマイルだけで、有馬記念でさえ0.2差の6着。
マイルは短く、2500だと少し長く感じるだけに2000~2200が守備範囲。
大阪杯のメンバーより強いと言えるのはゴールドシップくらいで、他とは好勝負出来ると思う。

次にカレンミロティックを推したい。どんなに頑張ってもあまり人気にならない有りがたい馬。昨年の宝塚でも2着と好走し、天皇賞(春)では3着と、7歳の年齢を感じさせない。

他にはこのくらいの距離がベストなラブリーデイ。昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは押さえたいところ。

ただ、ヌーヴォレコルトは前走を見る限り、上がりの速い勝負向きで、底力勝負には向いていないと思う。それだけにゴールドシップの出方次第では、この馬には向かない展開になりそうな不安があるだけに、消すかどうか悩ましいところだと思う。

今週はこの辺で失礼します。

編集部員見習いKの重賞狙い馬

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。上半期の総決算、宝塚記念。もう本命は決まってますよ。

それはもちろん、ゴールドシップ!もう説明不要。

ただ、2番手以下は難しい。が、ここはラキシスを対抗にする。この馬が大きく負けたのは昨年のヴィクトリアマイルだけで、有馬記念でさえ0.2差の6着。
マイルは短く、2500だと少し長く感じるだけに2000~2200が守備範囲。
大阪杯のメンバーより強いと言えるのはゴールドシップくらいで、他とは好勝負出来ると思う。

次にカレンミロティックを推したい。どんなに頑張ってもあまり人気にならない有りがたい馬。昨年の宝塚でも2着と好走し、天皇賞(春)では3着と、7歳の年齢を感じさせない。

他にはこのくらいの距離がベストなラブリーデイ。昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは押さえたいところ。

ただ、ヌーヴォレコルトは前走を見る限り、上がりの速い勝負向きで、底力勝負には向いていないと思う。それだけにゴールドシップの出方次第では、この馬には向かない展開になりそうな不安があるだけに、消すかどうか悩ましいところだと思う。

今週はこの辺で失礼します。

編集部員見習いKの重賞狙い馬

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。春のG1も残すところ宝塚記念だけとなりました。

この春のG1を振り返ると2冠に輝いたドゥラメンテの強さが印象に残った。
凱旋門賞に出走予定だが、今年は他の国々でも3歳馬の当たり年と言える。

その中でも、37年ぶりにアメリカ3冠馬に輝いたアメリカンファラオには最大級の賛辞を贈りたい。

約1ヶ月の間に3レースを勝つというのは並大抵の事ではない。が、3冠のかかったベルモントSではこれまでの中で、最も強い勝ち方に見えた。

アメリカンファラオは凱旋門賞には出走しないと思うが、無敗で英ダービーを制したゴールデンホーンは現在、凱旋門賞の単勝オッズが2番人気(1番人気トレヴ)と4番人気のドゥラメンテよりも高い評価を受けている。

まぁ、我々日本人は、やはりドゥラメンテを応援するし、凱旋門賞を制して3冠なんてカッコいいしね!

今年も凱旋門賞が待ち遠しい…

今週の重賞狙い馬。
ユニコーンSの本命はゴールデンバローズ。前走のUAEダービー3着から地力上位は明白。
東京のマイルダートは3戦3勝。そのどれもが圧勝と言える内容だけに、この馬が馬券圏内からこぼれ落ちるとは想像できない。

対抗はノンコノユメ。オープンでの東京マイル勝ちはこの馬の強み。ただ、かなり後ろから競馬をするだけに多頭数は歓迎できない。

他はどれも一長一短。平場の500万条件を勝ってきた各馬にはあまり強さを感じなかった。堅い決着になりそうな気がする。

函館SSの本命はローブティサージュ。洋芝巧者でデビューは函館。昨年もヴィクトリアマイル11着からのこのレースで2着。昨年と同じ斤量なら悪くはない。

対抗はアンバルブライベン。高松宮記念はG1の壁に跳ね返されたが、重賞のここなら力は足りる。ただ牝馬の56Kだけに実質トップハンデ。斤量面ではやや不利に見える。

他はちょっと難しいが、スマートオリオンは紐には入れたい1頭。昨年は高松宮記念からの臨戦過程だったが、今年は3月からコンスタントに使われて来たのが昨年との違い。
昨年は3番人気で9着と期待を裏切ったが、昨年より人気は落としそうなだけに、配当妙味はあるかと思う。

それでは今週はこの辺で失礼します。

エプソムカップ

【東京11R・エプソムカップ(自信度B)】

◎ 11 フルーキー
○ 02 サトノアラジン
▲ 06 エイシンヒカリ(○=▲も)
注 12 ディサイファ 
△ 08 アーデント
△ 04 ヒラボクディープ

マーメイドS

【阪神11R・マーメイドS(自信度B)】

◎ 15 アドマイヤギャラン
○ 12 マリアライト
▲ 03 バウンスシャッセ(○=▲も)
注 07 アースライズ
△ 16 ウインプリメーラ
△ 08 リラヴァティ
△ 01 イリュミナンス
△ 14 カノン

編集部員見習いKの重賞狙い馬


皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。G1の中休みの今週、ちょっとゆっくりしようかと思ったが、エプソムCにはあの馬が登録されているではないか!!

という訳で、今週の重賞狙い馬。
マーメイドSの本命はリラヴァティ。前走の福島牝馬Sで2着した時と同斤量はいかにも有利。毎年の事だがこのレースって、前に行く軽量馬がよく馬券に絡む。

対抗はバウンスシャッセ。前走はG1と言うよりこの馬には距離が短すぎた。4勝のうち3勝が中山、残りが函館と小回り巧者なだけに、阪神内回りの今回はこの馬には条件が好転したと思う。

他には人気薄とおもうが、牡馬混合の1000万特別を55Kの斤量で2着したカレンケカリーナも今回は49Kの斤量で出走出来るのは恵まれたと思う。

ただ、このレースは他の条件馬が軽量で出走出来るだけに、人気は割れるし色々目移りするしかなり困難な予想を強いられると思う。

エプソムCの本命はサトノアラジン。『え!?エイシンヒカリじゃないの!?』と思われるが、愛と馬券は別物。
サトノアラジンは近3走全て上がり最速をマーク。前走では久々の多頭数での競馬でも後続を突き放して勝ったあたりは成長を感じさせる。決め手を活きる馬場なら差しきれるのではないかと思う。

対抗はディサイファ。昨年のこのレースの勝ち馬。G1では壁を感じさせる成績だが、G2G3では人気よりも上位に来ている訳で、飛び抜けた存在が居ない(いや、ホントは居るけどね)ここは、連覇もありうるのではないか。

他には前走取り消しだけに、ちょっと不安もあるが力はあるダノンジェラートも押さえたいところ。

フルーキーはやや人気先行気味な馬。ここは消してみる。

そして、心の大本命エイシンヒカリ!もちろんこの馬から買いたいのだが(間違いなくこの馬から買うと思うが)アイルランドTのレースがどうにも気になる。
この馬がハイペースで飛ばせば、都大路Sのように『行った、行った、行った』の前残りの可能性も無くはないが、相手強化のここは試金石の1戦。アッサリ勝つようだと秋が楽しみな1頭になる。

安田記念

【東京11R・安田記念(自信度B)】

◎ 13 ヴァンセンヌ
○ 10 フィエロ
▲ 05 ミッキーアイル(○=▲も)
注 07 サクラゴスペル
△ 06 モーリス
△ 11 ブレイズアトレイル 
△ 09 リアルインパクト
△ 02 ダノンシャーク

編集部員見習いKの重賞狙い馬


皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。
今年のダービーも想い人ならぬ、想い馬は来ず…
遡れば、08年のディープスカイ以来、ワタクシの想いに応えてくれた馬は居ないんだよね…
『来年こそは!!』と毎年思っているんだけどね。でもダービーはやっぱり楽しかった。

今週の重賞狙い馬。
安田記念の本命はフィエロ。昨年は不良馬場が応えて8着と崩れたが、マイルでは崩れないのが本馬の強み。良馬場ならば、勝ち負けはする。

対抗はモーリス。2歳時からその能力は高く評価されたが、イマイチ結果が伴わなかった。
が、年明けて古馬になってから3連勝し、前走では重賞制覇。最も勢いはあるが、3連勝全てが中山というのは気になるところ。ただ、決め手もあるので逆転候補の1番手とする。

他には詰めの甘さはあるが、常に上位に来るフルーキー。逆にムラだが、良馬場のマイルはベストなダノンシャーク。前走で連勝は止まったが、スローな1400Mで後方3番手から2着に追い上げたヴァンセンヌまでは買い目にいれたいところ。

昨年のマイルCS以来のマイル戦になるミッキーアイルは取捨選択に迷うところ。控えて競馬が出来るようになったのは好材料だが、この馬にマイルは1F長いような気がする。

4年前の勝ち馬リアルインパクトも、帰国して日は浅いが、侮れない1頭。人気薄なら紐に入れておきたい。

今週はこの辺で失礼します
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード