トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

2015年01月

シルクロードS

土曜・京都メインは買い目のみ掲載します。

【京都11R・シルクロードS(自信度B)】

◎ 03 アンバルブライベン
○ 10 マジンプロスパー
▲ 09 エイシンブルズアイ(○=▲も)
注 15 セイコーライコウ
△ 02 サドンストーム
△ 01 ヘニーハウンド
△ 08 ニザエモン

根岸S

土曜・東京メインは買い目のみ掲載します。

【東京11R・根岸S(自信度B)】

◎ 06 エアハリファ 
○ 13 ワイドバッハ
▲ 10 グレープブランデー(○=▲も)
注 15 シルクフォーチュン
△ 14 アドマイヤロイヤル
△ 09 キョウワダッフィー
△ 04 サトノタイガー

編集部員見習いKの重賞狙い馬【根岸Sはコレだ】

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。早速ですが、今週の重賞狙い馬。
根岸Sの本命はキョウワダッフィー。1400Mは【5-4-2-1】と1400M巧者。左回りでは勝ち鞍こそ上げていないが、中京でのプロキオンSでは2着と好走している。前走のファイナルSでは1400M戦で初めて馬券圏外の4着だったが、3着の馬とは通った位置の差。それでタイム差無しのハナ差なら、そう悪く捉えなくても良い。

対抗はサトノプリンシパル。1800は長く、1200は忙しいようだ。2走前のオータムリーフSでは2着のナガラオリオンに5馬身差の完勝。ここでも十分狙えると思う。

他には1400Mに実績は無いが東京【2-2-0-0】と好相性のエアハリファ。
1400Mなら大崩のないウォータールルド。
前走4着ながら勝ち馬とはタイム差無し、馬体が絞れれば面白いジョバンニ。
昨年は全く良いところが無かったが、一昨年のみやこSの勝ち馬ブライトラインも人気薄になれば買いたい1頭。
ただこのレース、登録が46頭も居るので色々目移りするけどね…

シルクロードSの本命はエイシンブルズアイ。外枠から勝ち切った前走の淀短距離Sを素直に評価する。
対抗はサカジロロイヤル。前走の京阪杯3着のタイムが淀短距離Sを勝ったエイシンブルズアイと同タイム。だが今回は淀短距離Sより1K重くなるエイシンに対して、京阪杯より1K軽くなるサカジロの方が有利。
しかも両馬ともアンバルブライベンの2番手でレースを進めている訳だが、前半が速かったのが京阪杯。苦しいペースでも踏ん張りが効いているのが近走の成績に繋がっていると思う。

対抗と同等に評価したいのがマコトナワラタナ。前走の淀短距離Sは大外枠の不利。それでも4着に差してきたのは力のある証拠。

あとは、前走ほど楽は出来ないが逃げると力を発揮するアンバルブライベン。
58Kがどうかだが、前走のスプリンターズSでは9着も差は0.3と僅差だったマジンプロスパー。
常に展開待ちだが嵌まると怖いスギノエンデバーまで押さえる

ローブティサージュは京都の軽い芝には向かないタイプとみて、今回は消そうと思う。

今週はこの辺失礼します。

東海S

日曜・中京メインは買い目のみ掲載します。

【中京11R・東海S(自信度B)】

◎ 06 コパノリッキー
○ 04 インカンテーション 
▲ 08 ナムラビクター(○=▲も)
注 05 ニホンピロアワーズ
△ 10 ランウェイワルツ
△ 13 グランドシチー
△ 02 トウシンイーグル

AJCC

日曜・中山メインは買い目のみ掲載します。

【中山11R・AJCC(自信度B)】

◎ 08 ゴールドシップ
○ 10 フェイムゲーム
▲ 01 ダークシャドウ(○=▲も)
注 06 ディサイファ
△ 12 クリールカイザー
△ 09 エアソミュール
△ 04 パッションダンス
△ 13 オーシャンブルー

京都牝馬S

土曜・京都メインは買い目のみ掲載します。

【京都11R・京都牝馬S(自信度B)】

◎ 08 キャトルフィーユ
○ 14 ウリウリ
▲ 13 ケイアイエレガント(○=▲も)
注 16 アロマティコ
△ 04 ダンスアミーガ
△ 06 レーヴデトワール 
△ 11 フォーエバーモア

アレキサンドライトS

土曜・中山メインは買い目のみ掲載します。

【中山11R・アレキサンドライトS(自信度B)】

◎ 13 エルマンボ
○ 14 マイネルバウンス
▲ 05 スプリングシーズン(○=▲も)
注 04 ヴァンガード
△ 03 リッカルド 
△ 05 スプリングシーズン
△ 12 ベルゲンクライ

編集部員見習いKの重賞狙い馬【京都牝馬Sはコレだ】

さん、どうもです。編集部員見習いKです。先週、ちょっと久々に編集長と新年会を兼ねた飲み会を開催。まぁ、もちろん、競馬の話が中心なんだけどね。

その中で、『今年はエイシンヒカリに注目ですよー。あの馬にはサイレンススズカのようになってもらいたいです!』と言うと、すかさず編集長が『そりゃサイレンススズカに失礼でしょ!!』ですって。思わず『キャ♪』と声を上げ、心ときめくオッサン…
やっぱり自分の好きな馬が人に誉められると嬉しいものですねー!

が!エイシンヒカリはサイレンススズカに優るとも劣らない位やってくれると…信じて…いるんだけどね…どうだろ!?

今週重賞狙い馬
京都牝馬Sの本命はダンスアミーガ。京都金杯3着のマイネルメリエンダを2走前の長岡Sで下している訳で、その実力は牝馬限定戦のここなら強調出来る材料。
左回り【3-0-1-0】に対して右回り【1-0-0-4】と不安に見えるが、左回り3勝中、2勝は直線平坦の新潟。右回りは坂のある阪神で【1-0-0-3】京都は4着1回だが、勝ち馬とは0.1秒差の僅差。右回りの不安は無いと見る。

対抗は昨年の勝ち馬ウリウリ。京都は4勝中3勝と相性が良い。その上前走はプラス10Kの馬体増だったにも関わらず、勝ち馬とは0.2秒差の4着。今回は得意の京都、マイル、牝馬限定戦。後はもう少し馬体が絞れれば昨年同様の結果も有りうる

他には条件馬だがウインプリメーラ。昨年のメイSでは後の天皇賞(秋)の勝ち馬スピルバーグに0.2秒差の4着と善戦した。先行勢が総崩れの中での物だけに評価して良い。

こちらも条件馬だが決め手があるトーセンソレイユ、まだ見限れないフォーエバーモアまで押さえたい。

AJCCの本命はゴールドシップ。実績は勿論だが、有馬記念時より力の要る馬場はこの馬には好都合。
対抗はクリールカイザー。上がり勝負になると苦しいだけに、今の中山なら好勝負出来る。以前は中段から差してくる競馬だったが、近走は先行して粘る競馬が出来るようになった。それがここ3走の重賞での好走に繋がっていると思う。

クリールカイザー同様に評価したいのがフェイムゲーム。前走のアルゼンチン共和国杯ではクリールカイザーを下しているので、高評価して当たり前なのだが、やや距離不足な感もある。
が、どの距離でも常に勝ち馬と差は僅か。それだけに軽視は出来ない。
他にも速い脚は使えないが、粘り強いスーパームーン、ディープ産駒のわりに、力の要る馬場も苦にしないディサイファも押さえたい。

東海Sの本命はナムラビクター。同コースのチャンピオンズCでの2着を素直に評価する。

対抗はインカンテーション。前走のチャンピオンズCでは大敗を喫したが、左回り【5-0-1-2】と良い。同コースでの大敗で人気を落とすようなら尚更良い。

他にはポルックスSの1,2着馬、イッシンドウタイ、ランウェイワルツ、前走の初夢Sでは、今までの惜敗が嘘のように完勝したマイネルクロップまで買い目には入れたい。

G1馬のコパノリッキーの取捨は迷うところ。チャンピオンズCではスタートで後手を踏んでレースにならなかった。そこを割り切って買い目には入れると思うが、斤量が他馬より重い分、行き足が鈍ればチャンピオンズCの二の舞も有りうるのではないかと思う。

それでは、今週はこの辺で失礼します。

日経新春杯

日曜・京都メインは買い目のみ掲載します。

【京都11R・日経新春杯(自信度B)】

◎ 04 アドマイヤデウス
○ 09 サトノノブレス
▲ 14 ダコール(○=▲も)
注 07 タマモベストプレイ
△ 02 ハギノハイブリッド 
△ 18 トウシンモンステラ
△ 03 ホーカーテンペスト
△ 05 フーラブライド

京成杯

日曜・中山メインは買い目のみ掲載します。

【中山11R・京成杯(自信度B)】

◎ 07 ブラックバゴ
○ 13 ソールインパクト
▲ 17 ペルーフ(○=▲も)
注 05 クルーガー
△ 01 クラージュシチー
△ 15 コスモナインボール
△ 08 タケルラムセス
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード