トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

2014年07月

メインレース展望【7月27日(日)中京11R・中京記念】

日曜・中京メインは買い目のみ掲載します。

【中京11R・中京記念(自信度B)】

◎ 01 クラレント 
○ 13 サトノギャラント 
▲ 08 マジェスティハーツ (○=▲も)
注 05 フラガラッハ
△ 10 ダイワマッジョーレ 
△ 07 ブレイズアトレイル


七夕賞では【ニューダイナスティ】の激走情報を独占公開!

結果…10番人気で2着に激走!

馬連は【1万5840円】

3連単は【12万1740円】

文字通り大波乱を演出しました!


今週の(秘)情報は…

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 サマーマイルシリーズ
 第62回 中京記念(G3)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2012年は3連単 23万8040円

2013年は3連単 36万6580円

今年の波乱の使者は……

今週も!相手次第では馬連で万馬券もある!?

今すぐコチラで確認してください

メインレース展望【7月27日(日)札幌11R・エルムS】

日曜・札幌メインは買い目のみ掲載します。

【札幌11R・エルムS(自信度B)】

◎ 08 ローマンレジェンド 
○ 02 ブライトライン 
▲ 13 ジェベルムーサ(○=▲も)
注 10 クリノスターオー
△ 03 ソロル
△ 07 グランプリブラッド
△ 12 インカンテーション


チェックメイト:エルムS234x60


◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

■500万でなんと2億の荒稼ぎ!!
競馬界には幾多の名馬がいるが、過去には僅か500万円の馬が2億1310万3600円を荒稼ぎ…社台グループの天下で良血馬たちが幅を利かせている近代競馬では、到底考えられないことをやってのけた馬がいる。

しかも、逃げ馬にとって不利だと言われていた大外20番枠を克服してのGI・オークス制覇。“裸足のシンデレラ”と謳われ、2013年12月7日にこの世の去るまで長らく競馬ファンに愛されていた…イソノルーブルである。

■“西の守り神”と謳われる清水氏
そのイソノルーブルをGI馬まで育て上げたのが元JRA調教師の清水久雄。関西競馬の発展と後進の育成に尽力を注ぎ、ウッドチップコースや坂路施設・室内温水プールなど施設面の充実に大きく貢献し、西高東低の競馬界の礎を築いたと言っても過言はなく、今でも“西の守り神”と競馬関係者の間で呼ばれるほど。競馬界を去った後もその影響力は絶大だ。

ひとたび栗東トレセンの調教スタンドに足を運べば、来訪の噂を聞きつけ、毎年リーディングの上位に名を連ねるあの大物調教師や、GIを勝ちまくっているジョッキーがしげしげと頭を下げ、厩舎へと向えば厩務員や調教助手までもが清水の元にわざわざ挨拶へと訪れるほど。

■“一流”の称号を得た数少ない男
清水の凄さはイソノルーブルを発掘した相馬眼、GI馬まで育て上げた手腕を取り上げられることが多いが、意外に知られていないのが騎手時代にテイトオーで日本ダービーを制していること。しかも、ダービー初騎乗、28頭立ての12番人気という過酷な条件の中、あのスピードシンボリを抑えて優勝しているのは、伝説として今でも競馬ファンの間で語り継がれている。

GIを勝ちまくった一流の騎手が、調教師に転身して“一流”の称号を得ることは皆無に等しい…これが競馬界だが、それをいとも簡単に成し遂げているのが清水であり、騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない人間なのだ。

■ルーブルはダート馬だった!?
“裸足の女神”と呼ばれたイソノルーブルは、オークスを勝っていることもあり、芝専用と思われがちだが、実は生涯で一度だけダート戦に使っている(結果は1着)。これに関して清水は『賞金面のこともあったんやけど、あの馬はダート適性もかなりのもんを持っとったんや。跨ったもんにしか分からん感覚やら、走り方やら、蹄やらの特徴があるんやで』と話す。

■清水氏『ここだけの話やで…』
そんな類稀な相馬眼を持ち、さらに騎手という両側面で競馬を見れる業界内でも非常に珍しい清水が今週のエルムSを完全監修。

『現在は隠居しとると思われがちやけどな(笑)。今でも(栗東)トレセンには行くことあるで。あとは毎年、北海道には足を運ぶんや。ワシが現役の時にお世話になった馬主さんやら、馬産地の関係者がぎょうさんおるからな。ん?今年のエルムS?…ここだけの話やで……エエ話が入っとりますんや』と清水。

新装・札幌競馬の開幕を告げるエルムSだが、過去には関東馬が連勝していた時代もあるが、昨年、一昨年と勝ち馬はともに関西馬。しかも、昨年は1着フリートストリート、2着エーシンモアオバー、3着ブライトラインと関西馬が馬券圏内を独占し万馬券決着。『強い関西馬』という言葉を聞いたことはあるが、その関西馬同士での万馬券決着は美味し過ぎる。今年の面々を見ても有力視されている大半が関西馬。であれば、清水の話を聞かない手はない!

■到底辿り着けない1点勝負
『かなりエエ話をしとったんが○○厩舎や。北海道入りする前から、あくまでここ(エルムS)が目標や言う話をしとったしな。稽古も見たけどかなりエエ感じに仕上がっとったで。ワシが現役やったら“この馬に乗せてくれ”って関係者に頭下げたはずや。10回やってもほぼ勝つんはこの馬やないか』

『あとは○○厩舎の馬は絶対に忘れてはいかんで。あれは一変する話が関係筋から入ってきとるんや。なぜかって?それはレース当日、特別にお教えしまっせ。馬券は現時点でほぼこの1点と考えとるんや。あとはレース当日の馬場やら、直前の情報を加味するけど…ただ、ほぼほぼこの1点っちゅうんがワシの結論。勿論、関西馬同士や』

騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない清水氏の1点勝負馬券。現役を退いた後も、教えを請う関係者が後を絶たず、黙っていても馬券になる情報が転がり込んでくると言っても過言のないのが清水氏だけに、一般の競馬ファンでは辿り着くことのない1点の結論に達しているのは間違いない。

『この1点なら20倍はいくんやないか。ワシもこの1点で大きく勝負しますんや!』

誰もが知りたいその結末を『究極の馬連1点』で清水久雄が特別伝授!確かな関西馬情報があれば『馬券は1点で獲れる』ということを、今年のエルムSでも皆様に体感して頂ければと思います。今回限りメールにて無料で配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。

    ↓↓↓↓↓

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

メインレース展望【7月27日(日)福島11R・福島テレビOP】

日曜・福島メインは買い目のみ掲載します。

【福島11R・賞(自信度B)】

◎ 04 セイルラージ
○ 09 レッドレイヴン
▲ 13 アロマカフェ(○=▲も)
注 15 コスモゾーンパーク 
△ 14 ルナ
△ 12 キョウエイストーム
△ 01 スピリタス

メインレース展望【7月26日(土)中京11R・桶狭間S】

土曜・中京メインは買い目のみ掲載します。

【中京11R・桶狭間S(自信度B)】

◎ 05 タマブラックホール
○ 06 エアカーネリアン 
▲ 04 ナリタシーズン(○=▲も)
注 03 タイセイマスタング 
△ 07 ミッキーヘネシー
△ 12 シンキングマシーン
△ 08 ピンウィール


チェックメイト:エルムS234x60


◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

■500万でなんと2億の荒稼ぎ!!
競馬界には幾多の名馬がいるが、過去には僅か500万円の馬が2億1310万3600円を荒稼ぎ…社台グループの天下で良血馬たちが幅を利かせている近代競馬では、到底考えられないことをやってのけた馬がいる。

しかも、逃げ馬にとって不利だと言われていた大外20番枠を克服してのGI・オークス制覇。“裸足のシンデレラ”と謳われ、2013年12月7日にこの世の去るまで長らく競馬ファンに愛されていた…イソノルーブルである。

■“西の守り神”と謳われる清水氏
そのイソノルーブルをGI馬まで育て上げたのが元JRA調教師の清水久雄。関西競馬の発展と後進の育成に尽力を注ぎ、ウッドチップコースや坂路施設・室内温水プールなど施設面の充実に大きく貢献し、西高東低の競馬界の礎を築いたと言っても過言はなく、今でも“西の守り神”と競馬関係者の間で呼ばれるほど。競馬界を去った後もその影響力は絶大だ。

ひとたび栗東トレセンの調教スタンドに足を運べば、来訪の噂を聞きつけ、毎年リーディングの上位に名を連ねるあの大物調教師や、GIを勝ちまくっているジョッキーがしげしげと頭を下げ、厩舎へと向えば厩務員や調教助手までもが清水の元にわざわざ挨拶へと訪れるほど。

■“一流”の称号を得た数少ない男
清水の凄さはイソノルーブルを発掘した相馬眼、GI馬まで育て上げた手腕を取り上げられることが多いが、意外に知られていないのが騎手時代にテイトオーで日本ダービーを制していること。しかも、ダービー初騎乗、28頭立ての12番人気という過酷な条件の中、あのスピードシンボリを抑えて優勝しているのは、伝説として今でも競馬ファンの間で語り継がれている。

GIを勝ちまくった一流の騎手が、調教師に転身して“一流”の称号を得ることは皆無に等しい…これが競馬界だが、それをいとも簡単に成し遂げているのが清水であり、騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない人間なのだ。

■ルーブルはダート馬だった!?
“裸足の女神”と呼ばれたイソノルーブルは、オークスを勝っていることもあり、芝専用と思われがちだが、実は生涯で一度だけダート戦に使っている(結果は1着)。これに関して清水は『賞金面のこともあったんやけど、あの馬はダート適性もかなりのもんを持っとったんや。跨ったもんにしか分からん感覚やら、走り方やら、蹄やらの特徴があるんやで』と話す。

■清水氏『ここだけの話やで…』
そんな類稀な相馬眼を持ち、さらに騎手という両側面で競馬を見れる業界内でも非常に珍しい清水が今週のエルムSを完全監修。

『現在は隠居しとると思われがちやけどな(笑)。今でも(栗東)トレセンには行くことあるで。あとは毎年、北海道には足を運ぶんや。ワシが現役の時にお世話になった馬主さんやら、馬産地の関係者がぎょうさんおるからな。ん?今年のエルムS?…ここだけの話やで……エエ話が入っとりますんや』と清水。

新装・札幌競馬の開幕を告げるエルムSだが、過去には関東馬が連勝していた時代もあるが、昨年、一昨年と勝ち馬はともに関西馬。しかも、昨年は1着フリートストリート、2着エーシンモアオバー、3着ブライトラインと関西馬が馬券圏内を独占し万馬券決着。『強い関西馬』という言葉を聞いたことはあるが、その関西馬同士での万馬券決着は美味し過ぎる。今年の面々を見ても有力視されている大半が関西馬。であれば、清水の話を聞かない手はない!

■到底辿り着けない1点勝負
『かなりエエ話をしとったんが○○厩舎や。北海道入りする前から、あくまでここ(エルムS)が目標や言う話をしとったしな。稽古も見たけどかなりエエ感じに仕上がっとったで。ワシが現役やったら“この馬に乗せてくれ”って関係者に頭下げたはずや。10回やってもほぼ勝つんはこの馬やないか』

『あとは○○厩舎の馬は絶対に忘れてはいかんで。あれは一変する話が関係筋から入ってきとるんや。なぜかって?それはレース当日、特別にお教えしまっせ。馬券は現時点でほぼこの1点と考えとるんや。あとはレース当日の馬場やら、直前の情報を加味するけど…ただ、ほぼほぼこの1点っちゅうんがワシの結論。勿論、関西馬同士や』

騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない清水氏の1点勝負馬券。現役を退いた後も、教えを請う関係者が後を絶たず、黙っていても馬券になる情報が転がり込んでくると言っても過言のないのが清水氏だけに、一般の競馬ファンでは辿り着くことのない1点の結論に達しているのは間違いない。

『この1点なら20倍はいくんやないか。ワシもこの1点で大きく勝負しますんや!』

誰もが知りたいその結末を『究極の馬連1点』で清水久雄が特別伝授!確かな関西馬情報があれば『馬券は1点で獲れる』ということを、今年のエルムSでも皆様に体感して頂ければと思います。今回限りメールにて無料で配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。

    ↓↓↓↓↓

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

メインレース展望【7月26日(土)福島11R・白河特別】

土曜・福島メインは買い目のみ掲載します。

【福島11R・白河特別(自信度B)】

◎ 06 ストロングロビン 
○ 08 シーブリーズライフ 
▲ 14 ジーニマジック(○=▲も)
注 04 ファンデルワールス
△ 01 キーパップ
△ 12 アブマーシュ
△ 15 フルールシチー


七夕賞では【ニューダイナスティ】の激走情報を独占公開!

結果…10番人気で2着に激走!

馬連は【1万5840円】

3連単は【12万1740円】

文字通り大波乱を演出しました!


今週の(秘)情報は…

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 サマーマイルシリーズ
 第62回 中京記念(G3)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2012年は3連単 23万8040円

2013年は3連単 36万6580円

今年の波乱の使者は……

今週も!相手次第では馬連で万馬券もある!?

今すぐコチラで確認してください

編集部員見習いKの重賞狙い馬【マイネルエスパスに物申す】

皆さん、どうもです。編集部員見習いKです。いきなりですが『マイネルエスパスのレース内容に不満』なのは私だけではないはず!


2,3番手に控えるのは戦前の予想通りだったが、馬は行きたがっていた。ならば行かせてしまっても良かったのでないか?


内田博騎手が『馬は生き物ですから』と昨年の宝塚記念の勝利騎手インタビューで語った言葉に続くのは『なかなか思い通りに行かない』だと推測する。


ましてデビュー2戦目の若駒である。マイネルエスパスの最大の武器であるスピードを人間の勝手な思いで打ち消した事に不満がある。


と、不満だけを書き連ねるのもちょっとつまらないので、馬券的な話。東京開催から好調な三浦クン。北海道開催に変わってもまだまだ好調キープしているよう。函館記念でもステラウインドを3着に持って来る等頑張っている。


『紐にもう1頭入れようかな…』と悩んだら人気が無くても三浦クン騎乗の馬を入れてみたら、予想外の高配当が獲れるかも…ぜひ御一考下さい。


今週の重賞狙い馬。中京記念は2年前から開催時期と距離が変わり、以前の傾向からは読みにくいが、この2年間に共通しているのは、米子S組が好走しているという点。


という事でブレイズアトレイルを本命。右回りより左回りの方が成績が良い。マイルならそう崩れる事は無いだろう。


次に狙いたいのはサトノギャラント。東京新聞杯は降雪の影響で崩れたのは仕方無いと度外視すれば、近走は安定している。


エルムSはジェベルムーサ。京都の平安Sでは得意のマクリ差しが利かなかったが、それでも4着ならそう悲観する事もない。


小回りなら得意の形に持ち込めるのではないかと思う。


休み明け2走目に上昇するエーシンモアオバー。相手は前走より強くなるが、この馬も1K軽くなる。しかも前走は逃げ馬にとって致命的な大外枠。そこまで外枠にならなければ、前走よりひと踏ん張り利くのではないかと思う。


それでは今週はこの辺で失礼します。


チェックメイト:エルムS234x60


◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

■500万でなんと2億の荒稼ぎ!!
競馬界には幾多の名馬がいるが、過去には僅か500万円の馬が2億1310万3600円を荒稼ぎ…社台グループの天下で良血馬たちが幅を利かせている近代競馬では、到底考えられないことをやってのけた馬がいる。

しかも、逃げ馬にとって不利だと言われていた大外20番枠を克服してのGI・オークス制覇。“裸足のシンデレラ”と謳われ、2013年12月7日にこの世の去るまで長らく競馬ファンに愛されていた…イソノルーブルである。

■“西の守り神”と謳われる清水氏
そのイソノルーブルをGI馬まで育て上げたのが元JRA調教師の清水久雄。関西競馬の発展と後進の育成に尽力を注ぎ、ウッドチップコースや坂路施設・室内温水プールなど施設面の充実に大きく貢献し、西高東低の競馬界の礎を築いたと言っても過言はなく、今でも“西の守り神”と競馬関係者の間で呼ばれるほど。競馬界を去った後もその影響力は絶大だ。

ひとたび栗東トレセンの調教スタンドに足を運べば、来訪の噂を聞きつけ、毎年リーディングの上位に名を連ねるあの大物調教師や、GIを勝ちまくっているジョッキーがしげしげと頭を下げ、厩舎へと向えば厩務員や調教助手までもが清水の元にわざわざ挨拶へと訪れるほど。

■“一流”の称号を得た数少ない男
清水の凄さはイソノルーブルを発掘した相馬眼、GI馬まで育て上げた手腕を取り上げられることが多いが、意外に知られていないのが騎手時代にテイトオーで日本ダービーを制していること。しかも、ダービー初騎乗、28頭立ての12番人気という過酷な条件の中、あのスピードシンボリを抑えて優勝しているのは、伝説として今でも競馬ファンの間で語り継がれている。

GIを勝ちまくった一流の騎手が、調教師に転身して“一流”の称号を得ることは皆無に等しい…これが競馬界だが、それをいとも簡単に成し遂げているのが清水であり、騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない人間なのだ。

■ルーブルはダート馬だった!?
“裸足の女神”と呼ばれたイソノルーブルは、オークスを勝っていることもあり、芝専用と思われがちだが、実は生涯で一度だけダート戦に使っている(結果は1着)。これに関して清水は『賞金面のこともあったんやけど、あの馬はダート適性もかなりのもんを持っとったんや。跨ったもんにしか分からん感覚やら、走り方やら、蹄やらの特徴があるんやで』と話す。

■清水氏『ここだけの話やで…』
そんな類稀な相馬眼を持ち、さらに騎手という両側面で競馬を見れる業界内でも非常に珍しい清水が今週のエルムSを完全監修。

『現在は隠居しとると思われがちやけどな(笑)。今でも(栗東)トレセンには行くことあるで。あとは毎年、北海道には足を運ぶんや。ワシが現役の時にお世話になった馬主さんやら、馬産地の関係者がぎょうさんおるからな。ん?今年のエルムS?…ここだけの話やで……エエ話が入っとりますんや』と清水。

新装・札幌競馬の開幕を告げるエルムSだが、過去には関東馬が連勝していた時代もあるが、昨年、一昨年と勝ち馬はともに関西馬。しかも、昨年は1着フリートストリート、2着エーシンモアオバー、3着ブライトラインと関西馬が馬券圏内を独占し万馬券決着。『強い関西馬』という言葉を聞いたことはあるが、その関西馬同士での万馬券決着は美味し過ぎる。今年の面々を見ても有力視されている大半が関西馬。であれば、清水の話を聞かない手はない!

■到底辿り着けない1点勝負
『かなりエエ話をしとったんが○○厩舎や。北海道入りする前から、あくまでここ(エルムS)が目標や言う話をしとったしな。稽古も見たけどかなりエエ感じに仕上がっとったで。ワシが現役やったら“この馬に乗せてくれ”って関係者に頭下げたはずや。10回やってもほぼ勝つんはこの馬やないか』

『あとは○○厩舎の馬は絶対に忘れてはいかんで。あれは一変する話が関係筋から入ってきとるんや。なぜかって?それはレース当日、特別にお教えしまっせ。馬券は現時点でほぼこの1点と考えとるんや。あとはレース当日の馬場やら、直前の情報を加味するけど…ただ、ほぼほぼこの1点っちゅうんがワシの結論。勿論、関西馬同士や』

騎手、そして調教師という両側面で競馬を見れる業界でも数少ない清水氏の1点勝負馬券。現役を退いた後も、教えを請う関係者が後を絶たず、黙っていても馬券になる情報が転がり込んでくると言っても過言のないのが清水氏だけに、一般の競馬ファンでは辿り着くことのない1点の結論に達しているのは間違いない。

『この1点なら20倍はいくんやないか。ワシもこの1点で大きく勝負しますんや!』

誰もが知りたいその結末を『究極の馬連1点』で清水久雄が特別伝授!確かな関西馬情報があれば『馬券は1点で獲れる』ということを、今年のエルムSでも皆様に体感して頂ければと思います。今回限りメールにて無料で配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。

    ↓↓↓↓↓

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    なんと!想定20倍超
       エルムS
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月27日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

メインレース展望【7月20日(日)函館11R・函館記念】

日曜・函館メインは買い目のみ掲載します。

【函館11R・函館記念(自信度B)】

◎ 09 ダークシャドウ  
○ 08 シゲルササグリ  
▲ 14 バウンスシャッセ(○=▲も)
注 12 トウカイパラダイス
△ 13 グランデッツア
△ 03 ラブイズブーシェ
△ 01 アドマイヤフライト


チェックメイト:函館記念234x60


◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    昨年の35倍を超える
       函館記念
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月20日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

本年度の函館開催のオーラスを飾るのが、この函館記念。過去10年で関東馬が勝利したのは2012年のトランスワープ、20014年のクラフトワークの2頭のみで、残る8頭は関西馬。2着に広げても関東馬3頭に対して、関西馬は7頭とその差は歴然で『関西馬を制するものが馬券を制す』典型的なレースとなります。

馬産地と今でも深い繋がりを持ち、例年函館を訪れている元JRA調教師・清水久雄より緊急入電あり!

表向きは恐らく“万全”“絶好”と関係者も連呼することになるであろうあの有力馬。ただ、目標はあくまで次の札幌記念。本番を見据えて余裕のある造りだけに『ここは明らかに叩き台。表向きはええ話しとるけどな…これは馬群に沈んでもおかしくはないで』と清水久雄は警笛を鳴らす。

その一方で!前走では“ある明確な理由”により力を出せず馬柱を汚したものの、函館記念でも激変が濃厚な1頭がここへ来て急浮上。当初から厩舎では『目標は函館記念』と断言しており、この中間の上昇度は半端ではない。条件は大幅に好転し、更に体調も大きく上向いているにも関わらず、前走着順により印がスッコ抜けは必至。『この馬が馬券に絡めば昨年の35倍も大きく上回りまっせ!』と清水久雄も激変に太鼓判を押す情報馬を独占スクープ!!

誰もが知りたいその結末を『究極の馬連1点』で清水久雄が特別伝授!確かな関西馬情報があれば『馬券は1点で獲れる』ということを、今年の函館記念でも皆様に体感して頂ければと思います。今回限りメールにて無料で配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。

    ↓↓↓↓↓

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

    昨年の35倍を超える
       函館記念
    【究極の1点勝負】

   ■■■■■■■■■■■
     7月20日(日)14時
  買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

メインレース展望【7月20日(日)中京11R・ジュライS】

日曜・中京メインは買い目のみ掲載します。

【中京11R・(自信度B)】

◎ 09 マイネルバイカ 
○ 05 サトノプリンシパル 
▲ 14 ハートビートソング (○=▲も)
注 01 クリノヒマラヤオー 
△ 11 メイショウコロンボ 
△ 12 ロングロウ 
△ 16 ヴォーグトルネード 


ワールド:函館記念234-60 (1)


先週の七夕賞では【ニューダイナスティ】の激走情報を独占公開!

結果…10番人気で2着に激走!

馬連は【1万5840円】

3連単は【12万1740円】

文字通り大波乱を演出しました!


今週も毎年大荒れの名物ハンデ重賞!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第50回 函館記念(G3)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3年連続で1、2番人気が大敗!

今年も分かりやすい実績馬より

なぜか評価されない実績馬が波乱の立役者となる!

この(秘)穴馬が馬券になれば……
今週も!相手次第では馬連で万馬券もある!?

函館記念の(秘)穴馬を今すぐ無料で教えます

メインレース展望【7月20日(日)福島11R・バーデンバーデンC】

日曜・福島メインは買い目のみ掲載します。

【福島11R・バーデンバーデンC(自信度B)】

◎ 13 フクノドリーム
○11 コウヨウアレス 
▲ 07 サウンドリアーナ 
注 15 マヤノリュウジン(○=▲も)
△ 05 バーバラ
△ 04 ニンジャ
△ 14 ポアゾンブラック


ワールド:函館記念234-60 (1)


先週の七夕賞では【ニューダイナスティ】の激走情報を独占公開!

結果…10番人気で2着に激走!

馬連は【1万5840円】

3連単は【12万1740円】

文字通り大波乱を演出しました!


今週も毎年大荒れの名物ハンデ重賞!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第50回 函館記念(G3)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3年連続で1、2番人気が大敗!

今年も分かりやすい実績馬より

なぜか評価されない実績馬が波乱の立役者となる!

この(秘)穴馬が馬券になれば……
今週も!相手次第では馬連で万馬券もある!?

函館記念の(秘)穴馬を今すぐ無料で教えます

メインレース展望【7月19日(土)函館11R・函館2歳S】

土曜・函館メインは買い目のみ掲載します。

【函館11R・函館2歳S(自信度B)】

◎ 08 マイネルエスパス 
○ 16 トウショウビスト 
▲ 09 クールホタルビ (○=▲も)
注 12 アクティブミノル 
△ 03 スルターナ 
△ 02 グランドポピー 
△ 05 キッズライトオン 


ワールド:函館記念234-60 (1)


先週の七夕賞では【ニューダイナスティ】の激走情報を独占公開!

結果…10番人気で2着に激走!

馬連は【1万5840円】

3連単は【12万1740円】

文字通り大波乱を演出しました!


今週も毎年大荒れの名物ハンデ重賞!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第50回 函館記念(G3)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3年連続で1、2番人気が大敗!

今年も分かりやすい実績馬より

なぜか評価されない実績馬が波乱の立役者となる!

この(秘)穴馬が馬券になれば……
今週も!相手次第では馬連で万馬券もある!?

函館記念の(秘)穴馬を今すぐ無料で教えます
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード