トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

2011年10月

松代和也の俺にも言わせろ【JCを見据えて】

天皇賞は△◎で馬連7020円的中!!
これで南部杯からGI級4連勝!!


好メンバーが揃った天皇賞。予想は首尾良く△◎で馬連を的中させることができた。

予想コラムではこんなことを書いた。

今年ハナを切ることになりそうなのは、1番枠を引き当てたシルポート。ただ、これにシャドウゲイトが絡んでくる。加えて大外枠を引いたために、早めに良いポジションを確保したいアーネストリーも序盤は気合いをつけることになりそう。さらにビッグウィークが続く。毎日王冠では前後半差2秒5のスローに落として逃げたシルポートも今回はそうはいくまい。しかも、ためて逃げたところで後続の餌食になることは前走で分かったはず。ある程度、イーヴンペースに持ち込んで後ろになし崩しに脚を使わせることは当然考えているだろう。


シャドウゲイトはともかくとして、ある程度見立て通りの流れ。ただ、イーヴンペースを通り越して超の字がつくハイペース。2F目からの3Fは11秒0-10秒8-10秒8。5F通過が56秒5、レコード決着を誘発した原因である。これでは逃げたシルポートが16着、番手を進んだビッグウィークが17着、3番手のアーネストリーが14着も至極当然。

そう考えると一番強い競馬をしたのはエイシンフラッシュということが言える。アーネストリーと同じ位置から競馬をして6着に踏ん張った。これはJCが相当楽しみになったと言ってよさそうだ。当然久々を使った上積みもあろう。

ライバル、ローズキングダムについては再三指摘している通り。このペースでは持ち味は活きない。当然、ゆったりと構えられるJCでは見直しが必要となる。

直線では馬場のいいところを通ろうと各馬が密集したために、不利をうける馬も。ブエナビスタとダークシャドウは少し追い出しを待たされた。

特に本命を打ったダークシャドウに関しては勝ち馬とトゥザグローリーが自らの外にいて閉じ込められてしまい、更にその外に持ち出すロス。なんとも勿体ないレースになってしまった。最後の脚色はトーセンジョーダンと一緒だっただけに、勝つならトーセンジョーダンの前に出ておくしかなかったか。

ブエナビスタはマイナス10キロ。余裕があるという発言はなんだったのか(苦笑)。こちらはダークシャドウ以上にスムーズさを欠いた。直線では狭いインに進路をとったために、2度ギアを上げ下げするシーン。スムーズなら勝つまではともかく2着はあったかと思わされた。予想コラムで触れたように、元々の狙いはJCのはず。ローズキングダム同様、次走での見直しが必要となろう。

さて、トーセンジョーダン。最大の勝因はロスがなかったこと、と書くと怒られそうだが、上位入線馬にいろいろとロスがあった以上、スムーズに外に持ち出して進路を確保できたことは実に大きいファクター。ただ勝ちきった栄誉は称えられるべき。このレースがダークシャドウとブエナビスタが取りこぼしたレースではなく、トーセンジョーダンが力を示したレースであるということを、今後の自分自身のパフォーマンスで証明してほしい。盾を持つ馬にふさわしい走りを今後も期待したい。

トゥザグローリーは切れ負け。瞬発力では上位馬にはかなわないが、上がりの要する有馬あたりは面白そう。ペルーサは久々で14キロ増ながら仕上り良好。メンバー中最速の上がりだが、後ろでためていたという側面もあり、それ故に届かなかった。このままではJCは除外が濃厚だが、次走はどこになるのだろうか。

◎ヨミトクケイバ編集長・松代和也
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に競馬に興味を持ち、スポーツニッポン新聞大阪本社を経て、競馬専門紙「1馬」(当時)のトラックマンとなる。主に美浦トレセンの南馬場取材班(想定班)として活躍。現在は退職し、当競馬サイト「ヨミトクケイバ」の編集長として貧乏暇なしな多忙な毎日を送る。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・秋G1オススメサイト】

秋のG1シーズンにおすすめのサイトが高配当.com。

とにかく的中率はすごい。

PCの方⇒
MBの方⇒

今のところ63%を達成。

業界の平均値が30%という事を考えると驚くべき的中率です。

そのため、口コミで徐々に会員が増えているのですが、今回のみ特別に新規ユーザーの募集を始めました。

会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
少しずつでの募集ですが。。

月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。

PCの方⇒
MBの方⇒

是非この機会にお試しください。そして秋のG1シーズンで儲けて下さい!

こちらからアクセスください↓高配当 com468_60_15k

POGコラム【ターフスプライト・現役TMトレセン情報(10/31)】

[美浦]

●ターフスプライト(美浦・加藤征厩舎、牡、シンボリクリスエス×ピクシーダ)

10月16日に美浦に入厩したばかりで、まだ速い時計は出していないが、母が同厩舎でオープンまで出世し、血統は一本筋が通っている。やや筋肉質でダート色が濃いが、手先は軽く芝も走れるフットワーク。これから調教のピッチを上げて、東京開催の4週目辺りでデビューの予定。
「動きに無駄ながなく、非常にバランスの取れた馬体をしているね。走る雰囲気を持っているし、期待は高いよ。先ずは血統通り、ダート戦でデビューさせる予定だが、勝ち負けになると思うよ」と調教師。デビューが近くなる頃にまた報告したい。

人気ブログランキングへ。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【お知らせ】

「POGトレセン情報」では、先日のアーカイブのように読者からのリクエストをお待ちしております。「俺の指名馬、個人馬主だからどこにいるのか全然情報なくて…」なんて困っている方、yomitokukeiba☆livedoor.com(☆を@に変えてください)のメールアドレスまでどしどしご応募ください!!

(注1)リクエストを送信される場合は、馬名(馬名決定前の場合には母馬の名前)のほか、必ず厩舎名をお書き添えください。

(注2)リクエストにお応えできない場合もございます。予めご了承ください。

(注3)編集部からの返信を受け取り希望される方は、上記アドレスからの返信を受信できるよう設定をお願いいたします。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を無料で公開して参ります。どうぞ、お楽しみに。


【PR・オススメ】

あなたも、競馬予想サイトの力を借りてみませんか?


現在、多くの競馬予想会社があふれてますよね。

「馬主からの絶対情報をあなただけに!」
「厩舎関係者からの極秘情報をお送りします!」
などなど、威勢の良い言葉を並べているけど、実際登録して
みると全然当たらなかったり(しかも有料)で。

「有料情報」を買って「全然当たらない」なんて
本当に悔しいと思いませんか?

それか、逆に、「無料」で「当たる」サイトが
あったらどうですか?


その、
「無料」で「当たる」サイトが
「競馬予想の友ウマセン」です。


ウマセン8月キャプチャ
天皇賞、スワンSを含む「全ての特別レース」の買い目が無料で見れます!
サイト名:競馬予想の友ウマセン
アクセスはコチラ⇒



競馬予想の友ウマセンは「無料」で「全ての特別レースの買い目」
を見ることができます!


・仕事で疲れて予想がはかどらないとき
・急な用事が入ってなんと!予想できないとき
・体調を崩して予想が定まらないとき
・上司に怒られ、暗い予想になりそうなとき
このようなときに「無料」で「当たる」競馬予想の友ウマセンの
買い目が最適です!

ウマセンの特徴は「ウマセン指数」。
競馬ファンの間では有名な「スピード指数」を基に
ウマセン独自のエッセンスを加えてオリジナルの指数を
出し、予想しています。

この「ウマセン指数」によって導き出された買い目を
100円ずつ購入した場合、2011年上半期の収支はナント
プラス138万9,810円でした!
※先々週は稲光特別、神無月ステークスを大的中!

会員登録の方法は、コチラからメールアドレスを入力し、
入力したメールアドレスに来たメールをクリック。
パスワードやニックネームを入れて登録完了です。

ウマセンを使って頂くと「競馬予想サイトの予想も悪くないな」
と思って頂けるはずです!


それでは、素敵な週末を!

チャレンジ!!WIN5【10月30日】

3回中山1・3週目に続いて3回新潟最終週も見事に的中!! これで3度的中の快挙達成です!!

白夜書房の「競馬王」11月号・「WIN5を3回的中させた男に聞く、WIN5の極意」特集に掲載されています。どうぞご覧ください。


数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。

・京都10R 「07」「16」「04」
・東京10R 「16」「12」「10」「03」
・新潟11R 「11」「13」
・京都11R 「11」「15」
・東京11R 「07」

合計 48点

正直、今回は買い目を絞るのに難儀しました。かなり難解な日になりそうです。

●京都10R

トーホウプリンセスは「次狙おう」推奨馬コラムをご覧ください。クリスタルボーイはOP・天王山S2着と実績上位。久しぶりを2度叩かれて今回は決められるのではないか。チャンピオンラブは鞍上・藤田の意地(GIに乗れなかった)も怖い。
正直、メイショウデイム、キタノアラワシ、デイトユアドリームらも怖いが、買い目を絞るために切った。

●東京10R

こちらも京都同様、レベルに差のない一戦。前走でダート短距離適性の高さを示したカフェヒミコ。同じレースでなし崩しに脚を使わされたワンモアジョー、現級勝ちの実績があり一叩きされたトキノフウジンまでとした。
メイショウツチヤマ、スガノメダリストは2着の多いタイプ。押えるならスイレンか。

●新潟11R

かがやき賞の2・3着を上位に取った。押えるならアドマイヤセプターか。

●京都11R

他のレースの目を多くとるためにメインを絞った。京都は大阪杯7着のダイワファルコンと京都1800でOP特別を勝っているネオヴァンドームの2頭に狙いを立てた。

●東京11R

ここは買っていたらキリがないので(苦笑)、腹を括っての1本勝負。

東西メインの詳しい解説は昨日更新の「メインレース展望」もご覧ください。

[過去の的中はコチラ]
3回新潟最終週その1
3回新潟最終週その2

3回中山3週目その1
3回中山3週目その2

3回中山1週目その1
3回中山1週目その2

※…「土曜のうちにWIN5の狙い馬を見たい!!」という方は、無料メルマガ「編集長の無料メルマガ」をご覧ください。土曜版(土曜20時配信)に同じものを掲載しております。
PC版お申込みはコチラから。
携帯版お申込みはコチラから。


丹下日出夫氏の予想は「毎日新聞」を、
渡邊芳徳氏の予想は競馬専門紙「競友」を、

それぞれご覧ください(当ブログ、メルマガでの配信はございません)。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・秋G1オススメサイト】

秋のG1シーズンにおすすめのサイトが高配当.com。

とにかく的中率はすごい。

PCの方⇒
MBの方⇒

今のところ63%を達成。

業界の平均値が30%という事を考えると驚くべき的中率です。

そのため、口コミで徐々に会員が増えているのですが、今回のみ特別に新規ユーザーの募集を始めました。

会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
少しずつでの募集ですが。。

月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。

PCの方⇒
MBの方⇒

是非この機会にお試しください。そして秋のG1シーズンで儲けて下さい!

こちらからアクセスください↓高配当 com468_60_15k

「ヨミトク」推奨馬【10月30日(日)・現役TM&次狙おう】

【「新聞には書けない!?」“ワケアリ”“オフレコ”推奨馬・消す馬大公開】

[美浦時計班]

【東京2R 05番 ストローハット】

札幌のデビュー戦で脚を余したストローハットが、広い東京開催へ向け万全の仕上がり。9頭立ての少頭数で人気をかぶることになりそうだが、逆らわない方がいいだろう。
美浦へ帰厩した現在も気性の若さが残り、その点を考慮しつつWコースで半マイルからじっくり追われているが、たくましく成長したトモから生まれる推進力は抜群で、まだキャリア1戦の馬とは思えないもの。直前は格上のオメガハートランドを2馬身追走したぶん併入でも手応えは劣ったが、このひと追いで態勢は整った。
活躍馬を続々と輩出する堀厩舎の管理馬であるが、先輩たちにも負けない素質の持ち主。クラシック候補の一頭と見ている。

【東京9R 10番 インプレザリオ】

昨年末のデビューから約半年のあいだ走り続けたインプレザリオ。レースを使いながら体を作ってきた印象が強く、その証拠に追い切りはほぼ毎回Pコースで5F68秒-69秒前後。10本の追い切りより1度のレースを実践してきた馬である。
しかし、この夏の休養で疲れが抜け全体的にスケールアップ。意欲的に併せ馬を消化し、直前はOPのシビルウォーを圧倒。タイムの64秒8-50秒7-37秒3-12秒5は自己最速で、少し甘さのあった腰にも力がつき万全の状態に仕上がった。
気性の勝ったタイプで久々も問題なし。手の合う鞍上で好発進といきたい。

------------------------------------------------------------
[栗東時計班]

【馬名はコチラ(現在65位前後です)→ 人気ブログランキングへ

G1に出走予定の馬は特殊ゼッケンを装着して調教が行われる。この馬も2週間前から天皇賞ゼッケンを着けて調整されていたが出走がかなわず惜しくも除外。しかし流石にG1でも使える仕上りにあり、素晴らしい動きを見せている。
久々だったオールカマーで好走した後も順調に乗られ、2週続けて1F11秒台の末脚を披露。特に木曜日の最終追いは単走で行われたが、大外を回って直線で軽く仕掛けた程度で1F11秒2と実にシャープなフットワークが目に付いた。同期のライバル達が天皇賞で走るなかオープン特別なら負けられない処だろう。

【京都8R 01番 ナガラダンディ】

デビュー当時は腰の甘さが残り坂路中心の調整だったが、一息入れられトモがパンとしてきた様でこの中間はウッドでの調整。一週前の追い切りでは7Fから意欲的に追われ、97秒3の好時計をマークと力強さも増してきた様子。
最終追いでも併せ馬で6F81秒5-39秒9-12秒7とビシビシ追い切られ、体も大分引き締まってきた感じが見てとれる。
年明けのデビューと奥手のタイプでここに来ての成長が窺えるし、前走からの上積みはかなりありそうだ。レース振りから距離延長はむしろ歓迎で注目したい1頭。

長らくご愛読いただきました「新聞には書けない!?」“ワケアリ”“オフレコ”推奨馬・消す馬大公開!!ですが、今回が最終回となります。ご愛顧ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【日曜の「マル丹」印の出走馬】

この欄では毎週火曜日に更新している競馬評論家・丹下日出夫氏のコラムで取り上げた「マル丹印の推奨馬」を、出走および馬番確定後に再度お知らせします。

■今週のマル丹…特別登録

【東京】
[8R・くるみ賞]
05番 オメガハートランド(9月4日・上がり33秒4)
[9R・精進湖特別]
02番 アドマイヤプリンス(22年、5月23日・1分50秒6)
[11R・天皇賞]
18番 アーネストリー(6月26日・2分10秒1)
07番 ダークシャドウ(4月3日・1分57秒8)
[12R・東京ゴールデンP]
07番 ロンギングスター(6月5日・1分36秒1)
04番 アドマイヤロイヤル(10月8日・上がり34秒9)

【京都】
[10R・西陣S]
07番 トーホウプリンセス(7月16日・1分23秒6)
16番 クリスタルボーイ(12月19日・1分10秒0)
[11R・カシオペアS]
11番 ダイワファルコン(10月1日・上がり33秒6)

【新潟】
[11R・亀田特別]
02番 アドマイヤセプター(9月25日・1分49秒5)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【「忘れずに次ぎ狙おう」からの日曜の出走馬】

ここでは、「復習するは我にアリ」の「忘れずに次ぎ狙おう」のコーナーで取り上げた馬が、「次」出走してきたときに取り上げます。日曜は6頭出走します。

●好戦必至
【東京2R 04番 コスモグランデール】(芝1800)

新馬戦は最後にクビの上げ下げで負かされたが、勝ち馬と同タイムで遜色ない走り。3着に2馬身、4着に3馬身だからすぐに勝ち上がれる

●2頭出走→2頭とも買い
【東京12R 04番 アドマイヤロイヤル】
【東京12R 07番 ロンギングスター】(ダ1600)

アドマイヤロイヤルは前走休み明けで降級戦を快勝。立て直してくれば、1000万下ではやはり力は一枚上だった。当然、準OPに戻っても好勝負。上積みもありそう。
ロンギングスターも休み明けだったが、こちらは伸びを欠いた。1400は忙しかった様子で、マイルで改めて。

●狙い目十分
【京都3R 16番 ジュディソング】(芝1800)

前走は1000m通過が64秒6。差しのきく馬場とはいえ、後方追走では厳しい。それでも直線は真一文字に伸びてきて33秒8の上がりを披露した。今回も外差しの決まる馬場で大外枠は歓迎。

●昇級も買い
【京都10R 07番 トーホウプリンセス】(ダ1200)

1年ぶりの実戦で、500万・1000万とあっさり押し切った。これでダートは[4.0.0.1]でダートに限れば4連勝。勢いに乗った馬は止まるまで追うのが鉄則。昇級でも。

●昇級の壁なし。
【京都12R 11番 ブラボースキー】(芝1400)

前走は降級馬が7頭と多く、レベルの内容が高い一戦。1600万下と比較しても0秒2差と実に優秀だった。秋を迎えて成長に入ってきている様子で1000万下でも。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を完全無料で公開していきます。どうぞ、お楽しみに。

3回中山1・3週目に続き、3回新潟4週目もズバリでWIN5を3度的中の快挙!! 4度目の的中を狙います。

明日は、「チャレンジWIN5」(午前8時更新予定)を公開いたします。

土曜のうちにご覧になりたいという方は、「編集長の無料メルマガ」をご覧ください。土曜の午後8時配信です。

両メイン以外の1鞍「ピックアップレース展望」は「無料メルマガ」での配信となります。あらかじめご了承ください。

【PCからご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

【携帯電話からご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

メインレース展望【10月30日(日)東京11R・天皇賞(秋)】

多士済々の面々が揃った天皇賞秋。GIの中でも基幹となるレースにふさわしいメンバー構成となった。

前哨戦は毎日王冠、オールカマー、京都大賞典に宝塚記念。この4つということになろう。レースレベルでいえば、一番高いのはもちろんGIである宝塚記念。そこで2、3着のブエナビスタ、エイシンフラッシュ。問題は久々であるということ。

ブエナビスタに関しては昨年と同じローテーションで来ているから、特に問題はないように思える。昨年の天皇賞勝ちの際は9月末から栗東で追い切りを開始され、CWで軽目を含めて8本消化。最終追いは66秒7-37秒5-11秒9。対して今年は同時期に札幌競馬場から始動。コースで8本をこなし、最終追いは67秒7-38秒8-11秒9。

終いこそ同じ数字だが、道中は1秒近く要している。これをどう読むか。

名牝として恥ずかしい仕上りではGIに出すことはできない。それはもちろんであろう。ただ、厩舎が本当にこの秋に欲しいタイトルはどれか、それを考えてみれば、今回の仕上りがどのぐらいかというのは自ずと分かる。

天皇賞はすでに昨年勝っている。JCは1位入線しながらも降着の憂き目にあった。となれば、2011年、本当に欲しいのは既に昨年手に入れたタイトルではなく、掌からこぼれ落ちた2つ目のタイトルではないのか。そう考えると陣営の「少し余裕がある」というコメントが理解できる。ここは対抗にとどめたい。

エイシンフラッシュについては後述するとして、先に前哨戦のレースレベルの比較をしてしまおう。

秋の前哨戦で一番レベルに疑問なのが、オールカマー。国内GI馬はアーネストリーだけ。重賞勝ちもゲシュタルトとシャドウゲイトの2頭という寂しい状況。GI馬の数だけで言えば京都大賞典組なのだが、淀でのタイトルホルダーばかりが集結した一戦だった。

その京都大賞典勝ち馬ローズキングダムには天皇賞のラップが立ちはだかる。

過去10年で前後半差が2秒にも及ぶようなスローは3度しか出現していない。1度のハイペースを除いて、残りは全て平均ペース。持続的に速い脚を使えることが求められる条件。

今年ハナを切ることになりそうなのは、1番枠を引き当てたシルポート。ただ、これにシャドウゲイトが絡んでくる。加えて大外枠を引いたために、早めに良いポジションを確保したいアーネストリーも序盤は気合いをつけることになりそう。さらにビッグウィークが続く。

とすると、毎日王冠では前後半差2秒5のスローに落として逃げたシルポートも今回はそうはいくまい。しかも、ためて逃げたところで後続の餌食になることは前走で分かったはず。ある程度、イーヴンペースに持ち込んで後ろになし崩しに脚を使わせることは当然考えているだろう。

ならば、スローからのヨーイドンで一番真価を発揮するローズキングダム(京都大賞典も4Fでの比較で2秒7差のスローだった)の競馬にはなるまい。

残る毎日王冠。こちらのレベルは一定以上のものがある。GI勝ち馬こそリアルインパクトとビッグウィークだけだったが、なんと出走11頭全てが重賞ウイナー。4着エイシンアポロンが先週・富士Sを制したことからも、ここのレベルの高さは明らか。毎日王冠組から本命を探すべき。

となれば本命はそこを勝ちきったダークシャドウ。毎日王冠時はあと1本がベストとみて対抗にとどめたが、それでも32秒7の豪快な差し脚。無論、叩かれての上積みは相当あるはず。毎日王冠を使っての天皇賞というのは青写真通りだろうし、ベリーも騎乗経験がありこの馬のことを理解しているのは大きい。そもそもが春のハイレベルレース・大阪杯で、春の天皇賞1・2着馬に割って入っての2着。勝ち馬ヒルノダムール不在ならば、この馬に盾が回ってきても何ら驚くことはない。陣営の筋書き通りにきている以上、この馬に本命を託すのが自然。

ここは、その大阪杯のようなレースを想像すると分かりやすいのではないか。平均的に流れてきながらも、切れる脚を使えるタイプ。そう考えると、大阪杯3着のエイシンフラッシュは取り上げざるを得ない。本質的にはローズキングダムと同様にスローから爆発的な瞬発力をいかすタイプ。ただ、大阪杯、宝塚記念とイーヴンペースでも3着まで来ていること(裏を返せばあと一歩のところで連に来られなかったあたりはそのペースが災いしているのだが)を考えると、一歩前進している可能性がある。

ただし陣営が、ペースが天皇賞よりも落ち着くであろうJCを狙っているフシもあり、ここは単穴という評価でお茶を濁したい。

特注にハイレベル大阪杯組から9着ミッキードリーム。同8着リディルは土曜のスワンS勝ちだけに、この組は重視する必要がある。

押えに復活の見えたトーセンジョーダン、昨年2着のペルーサ、最後に大外枠を引いてしまったアーネストリー。

【東京11R・天皇賞・秋(自信度A)】

◎ 07 ダークシャドウ
○ 05 ブエナビスタ
▲ 04 エイシンフラッシュ(○=▲も)
注 13 ミッキードリーム
△ 11 ローズキングダム
△ 12 トーセンジョーダン
△ 08 ペルーサ
△ 18 アーネストリー

※…馬単の買い目は基本的に「◎○▲のボックス表裏(計6点)、◎→☆、◎→△」とします。この場合に的中と表記しますので、あらかじめご承知おきください。

◎ヨミトクケイバ編集長・松代和也
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に競馬に興味を持ち、スポーツニッポン新聞大阪本社を経て、競馬専門紙「1馬」(当時)のトラックマンとなる。主に美浦トレセンの南馬場取材班(想定班)として活躍。現在は退職し、当競馬サイト「ヨミトクケイバ」の編集長として貧乏暇なしな多忙な毎日を送る。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・オススメ】

あなたも、競馬予想サイトの力を借りてみませんか?


現在、多くの競馬予想会社があふれてますよね。

「馬主からの絶対情報をあなただけに!」
「厩舎関係者からの極秘情報をお送りします!」
などなど、威勢の良い言葉を並べているけど、実際登録して
みると全然当たらなかったり(しかも有料)で。

「有料情報」を買って「全然当たらない」なんて
本当に悔しいと思いませんか?

それか、逆に、「無料」で「当たる」サイトが
あったらどうですか?


その、
「無料」で「当たる」サイトが
「競馬予想の友ウマセン」です。


ウマセン8月キャプチャ
天皇賞、スワンSを含む「全ての特別レース」の買い目が無料で見れます!
サイト名:競馬予想の友ウマセン
アクセスはコチラ⇒



競馬予想の友ウマセンは「無料」で「全ての特別レースの買い目」
を見ることができます!


・仕事で疲れて予想がはかどらないとき
・急な用事が入ってなんと!予想できないとき
・体調を崩して予想が定まらないとき
・上司に怒られ、暗い予想になりそうなとき
このようなときに「無料」で「当たる」競馬予想の友ウマセンの
買い目が最適です!

ウマセンの特徴は「ウマセン指数」。
競馬ファンの間では有名な「スピード指数」を基に
ウマセン独自のエッセンスを加えてオリジナルの指数を
出し、予想しています。

この「ウマセン指数」によって導き出された買い目を
100円ずつ購入した場合、2011年上半期の収支はナント
プラス138万9,810円でした!
※先々週は稲光特別、神無月ステークスを大的中!

会員登録の方法は、コチラからメールアドレスを入力し、
入力したメールアドレスに来たメールをクリック。
パスワードやニックネームを入れて登録完了です。

ウマセンを使って頂くと「競馬予想サイトの予想も悪くないな」
と思って頂けるはずです!


それでは、素敵な週末を!

メインレース展望【10月30日(日)京都11R・カシオペアS】

京都のメインは残念天皇賞。OPの芝1800ということでGIに駒を進めなかった組が顔を揃えた。小粒ではあるが、メンバーが揃ってなかなか面白そうな一戦。

本命はダイワファルコンに打つ。天皇賞予想ともリンクするのだが、大阪杯のレベルの高さはさんざん述べてきたことで、そこで7着ならばOP特別ぐらいは軽々と勝てるぐらいのポテンシャルと考えていい。前回予想時の焼き直しになって恐縮だが、9着同着はドリームジャーニーと朝日CCを勝って毎日王冠でも善戦したミッキードリーム。8着には土曜にGIIスワンS勝ちのリディル。これらに先着しているのだから、素直に価値を認めるべき。1600万下・韓国馬事会杯の余裕の先行抜け出しは当然の帰結とも言える。

そのリディルに米子Sで0秒1差2着だったのがスピリタス。リディルを物差しにすれば、そんなに大きな差はない。1800でも[1.3.2.1]と大崩れのない点に好感。プラス10キロと余裕のあった休み明けを叩いての前進に期待できそうだ。気むずかしい面があるだけに乗り替わりもいいだろう。特注に。

スピリタスに前走勝っているショウリュウムーンだが1600で全4勝に対して、1800以上では[0.0.0.5]。マイル専用ホースと考えていいのではないか。ここは思い切って消してみたい。

京都1800ということで言えば、侮れないのはネオヴァンドーム。春の都大路Sを快勝。相手は上で名前の挙がったミッキードリームだ。重賞勝ちは3歳時のきさらぎ賞から遠ざかっているが、OP特別ならばいつでも手中にできることを証明してみせた。当然、ここも警戒が必要。ミッキーパンプキンは都大路Sでネオヴァンドームに1秒3も切られており、ここは見送る。

興味深いのがオールアズワン。これまでの戦績を考えれば、当然、北海道からの復帰を狙ってくるところ。仮にそれが叶わなくとも菊花賞戦線には参加したかったはずだ。それがここまで延びた。これは態勢が整うまでじっくり乗り込んで、スケジュール本位ではなく、馬の状態優先でローテーションを考えたからと言えるだろう。当然仕上りには抜かりはない。このレベルでも通用するのは札幌2歳Sでアヴェンチュラに、ラジオNIKKEI杯2歳Sでコティリオン、ウインバリアシオンに先着していることからも明らか。これを単穴にとりたい。

以下、連下勢。夏の重賞戦線で1番人気に推されていたスマートギア。中間の時計を見ていると少し疲れがあるかなといった印象。押えまでだろう。七夕賞以来となるケイアイドウソジンももう1本がベスト。それならば、重賞で好走してきた7枠の2頭(ゲシュタルト、コスモネモシン)のほうが上だろう。

【京都11R・カシオペアS(自信度B)】

◎ 11 ダイワファルコン
○ 15 ネオヴァンドーム
▲ 18 オールアズワン(○=▲も)
☆ 01 スピリタス
△ 14 ゲシュタルト
△ 13 コスモネモシン
△ 16 スマートギア
△ 04 ケイアイドウソジン

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・秋G1オススメサイト】

秋のG1シーズンにおすすめのサイトが高配当.com。

とにかく的中率はすごい。

PCの方⇒
MBの方⇒

今のところ63%を達成。

業界の平均値が30%という事を考えると驚くべき的中率です。

そのため、口コミで徐々に会員が増えているのですが、今回のみ特別に新規ユーザーの募集を始めました。

会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
少しずつでの募集ですが。。

月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。

PCの方⇒
MBの方⇒

是非この機会にお試しください。そして秋のG1シーズンで儲けて下さい!

こちらからアクセスください↓高配当 com468_60_15k

ZAC指数【10月30日(日)の2歳未勝利戦】

日曜のZAC指数予想です。

東京2R
指数1位 07番 ミッドサマーフェア(50)
指数2位 02番 タニセンヴォイス(43)
指数3位 05番 ストローハット(40)
指数4位 04番 コスモグランデール(34)

京都1R
指数1位 11番 チキウミサキ(34)
指数2位 08番 タマモオーロラ(31)
指数3位 09番 ダブルスパーク(24)
指数4位 12番 バスパルトゥー(21.9)
指数5位 04番 レガシーゴールド(20)

京都2R
指数1位 04番 イントゥザブルーム(47)
指数2位 03番 ヒラボクダッシュ(29.2)
指数3位 07番 オンワードアマンド(28)
指数4位 12番 マテルナ(24)
指数5位 01番 ボストンストロング(22.8)
指数6位 06番 セルリアンラビット(22)
指数6位 02番 ヤマニンプチカドー(22)

東京1R・京都3Rは、競馬王ブログをご覧ください。(この項:財前 恭平)

ZAC指数予想とは…「ZAC指数」とは、元トラックマンの財前恭平が、TM時代のノウハウを生かして開発した能力指数です。馬連・3連複のBOX買いを推奨しています。未勝利戦を得意としており、実戦では的中率46%、回収率120%を達成しました。

詳しくは、ブログ「ZAC指数ブログ~元トラックマンの必勝法」の「ZAC指数とは?」カテゴリをご覧ください。

【PCからご覧の方へ】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

【携帯電話からご覧の方へ】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

丹下日出夫氏の予想は「毎日新聞」を、
渡邊芳徳氏の予想は競馬専門紙「競友」を、

それぞれご覧ください(当ブログ、メルマガでの配信はございません)。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

「ヨミトク」推奨馬【10月29日(土)・現役TM&次狙おう】

【「新聞には書けない!?」“ワケアリ”“オフレコ”推奨馬・消す馬大公開】

[美浦時計班]

【東京2R 02番 コスモルミナス】

デビュー前は調教時計こそ目立たなかったが、収縮の大きい走りが光っていたコスモルミナス。レースではスタートの不利が影響し足を余したが、能力の一端は見せてくれた。
今回は中1週での競馬になるが、その疲れはなく意欲的な稽古を消化。Wコースで5Fから14秒台のラップを刻み古馬500万下のアポロアビリティと併入。ラスト1F14秒5は平凡だが、手応えには余裕があっただけに、しっかり追っていればタイムは詰められただろう。
例え調教とはいえ、テンからこのペースで走れたのは気合が一変した証拠。距離延長を味方に今回は勝ち切る。

【東京5R 11番 ベルベットメドウ】

気持ちの強い牝馬らしく、追い切り本数はそれほど多くなくても仕上がりの良さが目につくベルベットメドウ。5Fからの追い切りは2本だが、終いを生かすトレーニングが実を結び、時計のかかるWコースでラスト1F13秒前半をマークするなど小気味の良い動きを披露。青鹿毛で見映えも良く、気持ちも前向きな印象だ。
デビュー戦は限定戦のフルゲート。傑出馬不在で波乱必至。おそらく騎手の名前で馬券が売れるレースになるが、まさかの伏兵が飛んでくるに違いない。将来性は強調できないが、今回は互角に戦えるはずだ。

------------------------------------------------------------
[栗東時計班]

【京都9R 06番 アナスタシアブルー】

例年、素質馬が揃う萩ステークスだが今年も例に違わず粒揃いのメンバー構成となった。その中でもクイーンS勝ちのライラプスを母に持つアナスタシアブルーに注目したい。
ファルブラウ産駒で歩様に硬さが残っていたが、いざレースに向かうと抜群の瞬発力を見せ新馬戦を快勝。その後はすぐに乗り込みを開始。今週の追い切りでは稽古駆けするプレザントライフを5Fで1秒追走しながら、馬なりの手応えで1馬身先着とシャープな動きが目立っていた。
一叩きで余裕があった体も引き締まり上積みも十分、注目したい。

【京都3R 02番 ピュアソウル】

追い切りでは何組かをある程度の間隔を開けてポツポツと行かせて追われる事が多い松田博厩舎だが、この馬も最終追いはその形で追われていた。前を走っていたアドマイヤカーリンを直線で追い抜く実戦を想定したような調教を確りとこなして、追われてからの反応の良さも素晴らしいものだった。
小柄ながら、新馬戦を一叩きされて疲れを見せるどころか、更なる前進が見込める気配。丈夫なところも魅力十分だ。順調に行けば来年は良い所まで目指せる素質を秘めており、レース振りを期待して見てみたい一頭。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【土曜の「マル丹」印の出走馬】

この欄では毎週火曜日に更新している競馬評論家・丹下日出夫氏のコラムで取り上げた「マル丹印の推奨馬」を、出走および馬番確定後に再度お知らせします。

■今週のマル丹…特別登録

【東京】
●10月29日
[11R・紅葉S]
04番 ヒットジャポット(12月4日・1分32秒4)

【京都】
●10月29日
[9R・萩S]
04番 ショウナンラムジ(10月8日・1分33秒4)
06番 アナスタシアブルー(10月9日・1分34秒4)
[10R・八坂S]
06番 ランリョウオー(5月14日・上がり32秒6)
[11R・スワンS]
14番 グランプリボス(5月8日・1分32秒2)
15番 サンカルロ(2月27日・1分20秒1)

【新潟】
●10月29日
[11R・見附特別]
04番 ミッキーオーラ(8月14日・1分53秒0)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【「忘れずに次ぎ狙おう」からの土曜の出走馬】

ここでは、「復習するは我にアリ」の「忘れずに次ぎ狙おう」のコーナーで取り上げた馬が、「次」出走してきたときに取り上げます。土曜は11頭出走します。

●狙うならここ!!
【馬名はコチラ→ 人気ブログランキングへ(現在55位前後です】(ダ2100)

連闘策。先週は「かなり気難しさがある模様。1度このクラスを勝っており、馬を遊ばせない外国人ジョッキー起用ならば」と記したが、この馬が現級を勝った際に手綱をとった横山典ならば御しきれる。しかも、その際と同じ2100m。狙うならここだろう。

●好戦必至
【東京8R 11番 レッドシュナイト】(芝2000)

前走はスプリンターズSの週で前に有利な馬場。それを考えるとメンバー中最速の上がりで突っ込んできての3着はよく走っている。2走前はステラロッサの3着で、十分にメドが立ったと考えていいだろう。東京ならば差し届く。

●2頭とも狙える
【東京9R 16番 レーザーパレット】
【東京9R 09番 リアルディール】(ダ1600)

前走の勝ち馬アドマイヤロイヤルは1600万下からの降級馬。これに対して2着レーザーバレットは直線で前が開かずに待たされる格好に。最後の伸び脚は勝ち馬とも遜色ないものだった。スムーズなら当然好勝負。
リアルディールは1000万下でも2着のある馬。休養前の一戦はいわゆる“行った行った”だったが、出遅れたしまい馬群にとりつくのに脚を使って直線では大外に持ち出すロス。普段通り先行できていればなんとかなっていたメンバー構成だっただけに、もったいなかった。勝ち時計は1つ上のクラスに0秒2差。こちらもスムーズならば前進必至。

●狙い目十分
【京都2R 08番 フミノポールスター】(ダ1800)

前走は1番人気に推されたが、前が壁になったりブレーキを踏んだりと、直線で競馬をさせてもらえなかった。引き続き手綱を任された太宰にはきするところがあるはず。スムーズなら勝ち上がりの可能性も秘める。

●上位争い
【京都3R 09番 マトゥラー】(芝1600)

今をときめくオルフェーヴルの下。初戦はエンジンが掛かるまで時間がかかったが、火が点くと兄譲りのいい脚を見せて伸びてきた。2度目の実戦で進歩が見られそうだ。

●久々も買い。
【京都8R 14番 エイシンクエスト】(ダ1200)

前走は高野厩舎への転厩初戦。久々でマイナス12キロだったが、持ち前のスピードはさすがというものを感じさせた。ザ石で再度立て直しということになったが、前回を見る限りこの馬の仕上げ方は手の内にいれている様子。妙味は久々の今回だろう。

●見るレース・妙味なし
【京都9R 06番 アナスタシアブルー】
【京都9R 04番 ショウナンラムジ】(芝1800)

素質馬・アナスタシアブルーのデビュー戦はただただ器が違ったという感じ。4角で不利を受けない外に誘導するだけでよかった。
これと同じ週の未勝利戦で1秒速い時計で勝ったのがショウナンラムジ。なかなか好メンバーが揃っていた鞍で、その中で後続を突き放したのだから強い。新馬戦では不利もあり、昇級しても即通用。ただ、馬券の妙味はなさそうで、個人的にはケンするつもり。

●メンバー揃い、穴で少々
【京都10R 04番 メイショウカンパク】(芝1800)

前走の大原Sは小回りの外枠に泣かされた。上がり最速の33秒9でも、レコードの出る開幕日の馬場では届かない。内枠で直線の長いコースならば巻き返しも十分可能だろう。ただ、ここは相手も揃っている。穴で狙いたい。

●昇級も買い
【新潟11R 04番 ミッキーオーラ】(ダ1800)

この週は雨の影響で脚抜きのいいダートで前残りが多発。そのぶんは割り引かなければならないが、3馬身半差の勝ちっぷりと、1000万下に0秒3差の勝ち時計は優秀といっていい。54キロのハンデも恵まれたもので、昇級しても即通用。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を完全無料で公開していきます。どうぞ、お楽しみに。

【お知らせ】

既に3度の大当たり!!「チャレンジWIN5」は日曜午前8時に更新予定です。前日のうちにご覧になりたいという方は、「編集長の無料メルマガ」をご覧ください。

両メイン以外の1鞍「ピックアップレース展望」は「無料メルマガ」での配信となります。あらかじめご了承ください。

【PCからご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

【携帯電話からご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

【明日の更新予告】

明日は、

・ZAC指数
・現役競馬記者の推奨馬
・「次狙おう」出走馬の取捨
・東西両メインレース展望

の更新を予定しています(夕方から夜に随時更新予定)。

メインレース展望【10月29日(土)京都11R・スワンS】

京都のメインレースはスワンS。本来ならばグランプリボスで断然の鞍だ。

実績ではこの中に入れば№1と言っても過言ではない。というのも、NHKマイルC、朝日杯FSと2度もGIの舞台で葬ったリアルインパクトが、古馬を相手に3歳馬として安田記念を制してしまったのだから。それよりも強いということであれば、この馬より前に来るべき馬は古馬に存在しないということになる。

春シーズンの休み明けは、牡馬クラシックのステップレースの中で一番ハイレベルだったスプリングS。そこで4着に敗れていることから、久しぶりはダメと見るむきもあろうかと思う。ただ、レースを思い出せば、折り合いを欠いて早めに先頭に立ってしまい、末をなくしたという内容。差し馬が台頭する中でむしろ4着は粘ったほうだと考えられる。

悩ましいのはここは一叩きであるということ。無論、マイルCSを見据えたレースであり、8、9分程度で通過したいと考えているはず。最終追いは同厩舎のオセアニアボスと併せて坂路で。軽快なフットワークで駆け上がってきたはいいが、最後に追い出されるとあっさりと為す術なく遅れてしまった。これをどう見るか。

一杯に追ったのはこれで2本目。前週にはCWで長めから追われており、今週の一追いで態勢が整うと見ることも可能ではある。ただ、やはりここを叩いて本番というのは陣営のプランであろう。対抗までにとどめたい。

そうなると本命に値する馬がいなくなる。昨年のマイルCS覇者であるエーシンフォワードは香港遠征の疲れでもあったか、この春は全くいいところがなかった。久々は苦にしない気性ではあるが、今回は59キロ。休み明けでこの条件は楽ではない。連まで。

春シーズンのこの路線最高峰・GI安田記念で最先着したのは、クレバートウショウ(4着)。ただ、前走のポートアイランドSで露呈したように決め手勝負だと分が悪い。1400に実績がないのも割引材料。ここは見送りとした。

これにハナ差5着だったのがジョーカプチーノ。ただ、キーンランドCが久々にしても負け過ぎ。シルクロードSでは豪快に差しきるな控えてもいいところを見せていたが、全く伸びず。原因を洋芝に求めれば一変があってもいいが、いいころに比べると物足りなさは否めない。

ここは安田記念7着だったリディルを本命に取りたい。重賞を制したのはこの京都のデイリー杯2歳S。これを含めてこのコースは[2.1.0.0]と滅法走る。安田記念こそ7着に敗れたものの、春の古馬シーズンでハイレベルだった大阪杯では8着。同じ位置で競馬を進めたミッキードリームには先着している。ミッキードリームのその後の活躍はご存じの通り。

3ヶ月ぶりの実戦になるが、1カ月以上乗り込まれて調整は順調。中間は坂路での自己ベストを更新する50秒0をマークするほど。有力馬が不安を抱える中ならば仕上りの良さを含めて十分足りていい。

グランプリボスを対抗に。単穴にはこれを最終追いで軽々と斬り捨てたオセアニアボス。京成杯AHは中団の組が台頭する展開で、後方から上がり最速タイの脚で差し込んできた点に好感。米子Sでは対リディルで1キロもらいだったが0秒5差。これを今の充実ぶりでどこまで差を詰めることができるか。石橋脩がこの馬のために西下するのも手応えを感じているからこそ。

サンカルロ、エアラフォンの実績組が押え。前者は前走が秋の大目標。後者は直線平坦替りで前進がある。特注には前走の決め手が目についたロードバリオス。

【京都11R・スワンS(自信度C)】

◎ 02 リディル
○ 14 グランプリボス
▲ 05 オセアニアボス(○=▲も)
☆ 13 ロードバリオス
△ 16 エーシンフォワード
△ 15 サンカルロ
△ 10 ジョーカプチーノ
△ 03 エアラフォン

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・秋G1オススメサイト】

秋のG1シーズンにおすすめのサイトが高配当.com。

とにかく的中率はすごい。

PCの方⇒
MBの方⇒

今のところ63%を達成。

業界の平均値が30%という事を考えると驚くべき的中率です。

そのため、口コミで徐々に会員が増えているのですが、今回のみ特別に新規ユーザーの募集を始めました。

会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
少しずつでの募集ですが。。

月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。

PCの方⇒
MBの方⇒

是非この機会にお試しください。そして秋のG1シーズンで儲けて下さい!

こちらからアクセスください↓高配当 com468_60_15k

メインレース展望【10月29日(土)東京11R・紅葉S】

東京メインはなんとも寂しい頭数になってしまった。東京1600だけにそこまでペースが落ち着くことはないだろうが、決め手が求められることは間違いなさそうだ。

本命はヒットジャポット。今年4戦のうち3戦がコーナー2つ、その全てでメンバー中上がり最速をマークしている。春・新潟の谷川岳Sでは土曜・京都メインで人気の一角に推されるリディルを上がりで0秒6上回り、先行馬が掲示板を独占する中、追い込み馬として唯一3着に割って入ってみせた。

前走の白秋Sは出遅れて徐々にポジションを挙げて直線に向くも、追い込み届かずという歯がゆい競馬。それでもさすがの脚を見せたし、距離も1F短かったことを思えば、今回は好結果が期待できそうだ。そもそもがOP特別でも[0.2.1.1]と掲示板を外していない。1600万下はいつまでもとどまる場所ではない。手の合う松岡を鞍上に迎えて、ここで決めるとみた。

相手探し。

対抗にはアスカクリチャンを取りたい。レベルの高かった南港特別組でもある。前走の清水Sもそこそこメンバーの揃っていたレース。既に外差しが決まるようになっている京都の馬場で最内に入れてしまったぶん届かなかったが、それでも5着に来てクラスにメドを立てたと言っていいだろう。

新潟を主に使われてきたということもあるが、この5走のうち3戦が上がり33秒前後。こちらの決め手も侮れない。

今回、東京の最内枠は減点材料のようにも思えるが、今週からBコース使用となり仮柵が設置される。そのぶん、先週までよりはまだマシなのではないか。

そう考えると、キッズニゴウハンも重視する必要がある。前走の外房Sの1分32秒9は翌週の1600万下・韓国馬事会杯を実に1秒9も上回る。前半のペースが2秒近く差があったことは覚えておく必要はあるが、このクラスでやれる裏付けにはなる。特注に。

その韓国馬事会杯組のプレイ。こちらは冒頭で触れた決め手勝負という点ではいかにも物足りない。33秒台どころか34秒台前半でも上がってきた例がない。NHKマイルCで5着にきてしまったために1600を使うのだろうが、本質的には2000m以上だろう。ここは押えまで。

単穴にはケニアブラック。昨年秋の東京で1000万下勝ち。この春はクラスが上がって結果が残せなかったが、さすがにここまでメンバーが落ち込めば狙いも立つ。なにせ東京では近6戦連続上がり33秒台をマークしているのだ。久々になるがポリトラックで長めから入念な乗り込みで仕上りも上々。

ユキノハリケーンは久々で押えまで。

【東京11R・紅葉S(自信度A)】

◎ 04 ヒットジャポット
○ 01 アスカクリチャン
▲ 08 ケニアブラック(○=▲も)
注 02 キッズニゴウハン
△ 09 プレイ
△ 07 ユキノハリケーン

※…馬単の買い目は基本的に「◎○▲のボックス表裏(計6点)、◎→☆、◎→△」とします。この場合に的中と表記しますので、あらかじめご承知おきください。

◎ヨミトクケイバ編集長・松代和也
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に競馬に興味を持ち、スポーツニッポン新聞大阪本社を経て、競馬専門紙「1馬」(当時)のトラックマンとなる。主に美浦トレセンの南馬場取材班(想定班)として活躍。現在は退職し、当競馬サイト「ヨミトクケイバ」の編集長として貧乏暇なしな多忙な毎日を送る。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・オススメ】

あなたも、競馬予想サイトの力を借りてみませんか?


現在、多くの競馬予想会社があふれてますよね。

「馬主からの絶対情報をあなただけに!」
「厩舎関係者からの極秘情報をお送りします!」
などなど、威勢の良い言葉を並べているけど、実際登録して
みると全然当たらなかったり(しかも有料)で。

「有料情報」を買って「全然当たらない」なんて
本当に悔しいと思いませんか?

それか、逆に、「無料」で「当たる」サイトが
あったらどうですか?


その、
「無料」で「当たる」サイトが
「競馬予想の友ウマセン」です。


ウマセン8月キャプチャ
天皇賞、スワンSを含む「全ての特別レース」の買い目が無料で見れます!
サイト名:競馬予想の友ウマセン
アクセスはコチラ⇒



競馬予想の友ウマセンは「無料」で「全ての特別レースの買い目」
を見ることができます!


・仕事で疲れて予想がはかどらないとき
・急な用事が入ってなんと!予想できないとき
・体調を崩して予想が定まらないとき
・上司に怒られ、暗い予想になりそうなとき
このようなときに「無料」で「当たる」競馬予想の友ウマセンの
買い目が最適です!

ウマセンの特徴は「ウマセン指数」。
競馬ファンの間では有名な「スピード指数」を基に
ウマセン独自のエッセンスを加えてオリジナルの指数を
出し、予想しています。

この「ウマセン指数」によって導き出された買い目を
100円ずつ購入した場合、2011年上半期の収支はナント
プラス138万9,810円でした!
※先々週は稲光特別、神無月ステークスを大的中!

会員登録の方法は、コチラからメールアドレスを入力し、
入力したメールアドレスに来たメールをクリック。
パスワードやニックネームを入れて登録完了です。

ウマセンを使って頂くと「競馬予想サイトの予想も悪くないな」
と思って頂けるはずです!


それでは、素敵な週末を!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード