トップページ
へ移動


先週土日の的中状況は
ここでチェック!!


「POG大魔王」が先週の
レースをぶった切る!!


馬の本質を見抜く男が
サラブレッドの魅力を紹介


お馴染み田端到・加藤栄・
大越正実が週替りで語り尽くす


「ヨミトクケイバ」編集長の
徒然コラム


両メインを中心に
3鞍を徹底分析


未勝利戦の狙い馬&
目指せ、一攫千金!!


「次狙おう」&現役TMの
オフレコ話


リクエスト歓迎。あなたの
愛馬探します!!


関係者の間でささやかれる
噂話をコッソリ教えます


週2日配信・
まぐまぐのページへ

2011年08月

新・血統論【3本脚のおばさん、逝く(大越正実)】

1989年11月26日、ぼくは府中競馬場のパドックを周回する馬たちに眼をこらしていた。第9回ジャパンカップ。

軸はオグリキャップでしょうがなかった。「しょうがなかった」というのもヘンな話だが、秋緒戦のオールカマーはともかく、続く毎日王冠、天皇賞・秋、マイルチャンピオンシップという、すさまじすぎるレースを見せつけられてしまっては (ぜひYou Tubeで、この順番にご覧ください) いかに反体制派を気取りたいセーネンだったわたしでも無理。応援しちゃいます。いや、応援とかじゃないな、強いんだよ。この馬は。しかもあのションベンちびりかけた (失礼) マイルCSからは連闘ですぜ。買うでしょ、フツー。2番人気だし (1番人気は天皇賞・秋でオグリを退けた若き武&スーパークリーク) 。

問題はヒモだ。前年の優勝馬、ペイザバトラーを買うのは決めていた。去年はパドックでバカに良く見えた((C)故・大川慶次郎氏) のと、母父がリボー直仔のグロースタークで狙った、というより、頼ってお世話になった馬だ。地元アメリカでの近走は冴えないが、なに、気にすることはない。前年もそうだった。

パドックを見ていて、ついつい目が止まってしまう馬がいた。2枠2番、ホーリックスだ。ニュージーランドからやってきた7歳 (旧表記) 牝馬。口さがないオヤジは「南半球のバアサンがなにしに来たのよ」、血統好きは「3本脚のオバサンかよ」(ホーリックスの父は Three Legs)、ポンな若者は「ねえねえ、ニュージーランドってどこだっけ?」と、さんざんの言われようで、9番人気。

う~ん、でも、いいんだよなあ。それに血統はまんざらでもない。“3本脚”は知らないけれど、その父ペティンゴ (Petingo)は、直仔のピットカーン、ヴァリィフォージュ、サティンゴ、サンデイクリークらが輸入されていて、みんなそこそこがんばっていた。ただぼくにとってペティンゴといえばなんといってもソルティンゴで、その仔のスズパレードは大好きだった。1年3カ月ぶりのAJC杯、泣きました。初めて単勝で大勝負したのもこの馬の宝塚記念だ。よし、買おう。となると2-2か。なんせ枠連しかありませんからね、当時は。うん、これなら結構付く。え? 2-2……!?

ぼくは、その前日、東京ドームに現代最高のロックバンド、U2のコンサートの取材に行っていた。Uは“You”、二人称。2は、モロ。しかも、ゲストがブルースの帝王BBキング。Bはアルファベットの2番目。それがダブル。これはどう考えても今日は2-2じゃん! 芦毛-芦毛で揃い目だし……って、いま思えばアホ極まりないが、そんなアホなことが時に具現するのが競馬だ。

レースは先行して直線抜け出したホーリックスをオグリが追い詰めたところがゴール (3着にペイザバトラー!)。絶叫し続けて発狂し、いまでもそれだけあれば結構遊べる金を手にする興奮にへたりこんだぼくは、フト目にとまった掲示板の走破タイムの表示に、ちょっと背中が寒くなった。そこには“2:22:2”とあったのだ。

そのホーリックス死亡のニュースが8月24日に届けられた。1年前にオグリキャップを先に行かせて28歳の大往生。牧場に帰ってもオグリキャップと違って大活躍。直仔からメルボルンカップ馬らを出し、孫の代からもオーストラリアン・ダービー馬を出して牝系を発展させている。女は強いな。

ぼくがホーリックス死すの報に、ちょっと過剰に胸キュンになったのは、ぼくがいま『田端到・加藤栄の種牡馬事典』の国際版をつくっているからだ。著者はもちろん、この“新・血統論”の長老・加藤栄さん。というわけでこの夏ぼくは、200頭あまりの種牡馬&名馬の血統表をシコシコ入力していた。そうしてそのいくつもの血統表の中に、ぼくはホーリックスの父の父ペティンゴや、その仔トロイ (Troy) の名を見つけていた。

トロイの名は、日本ではピルサドスキー(ブリーダーズカップ--以下BC--ターフ、ジャパンカップほか)、女傑ファインモーション(エリザベス女王ほか)兄妹の母の父として記憶されている方もいるかもしれない。あるいは現・準オープンのアークビスティーの父として、海外競馬に興味のある方は、BCクラシックなど大レースを勝ちまくって、無敗の20連勝の花道を飾るはずだった2度目のBCクラシックを頭差で負けて、ペロッと舌を出して嫁に行ったスーパー・レディ、ゼニヤッタの父、ストリートクライの母の父として認識されているかもしれない。ちなみにストリートクライは史上初めてブリーダーズカップ・ジュヴェナイルとケンタッキー・ダービーを征したストリートセンスやメルボルンカップ馬ショッキングなども出している。

そのトロイは第200回の記念の英ダービーと愛ダービーを勝ち、凱旋門賞に3着した名馬で、フェアトライアルを経たイギリスの古典的な血統フェアウェー系。直父系はさすがに絶滅危惧種だが、こうした血が血統表のどこかに入ると、その血統が活性化するのはお約束ごと。そういえば今日現在までデビュー以来13連勝でオーストラリアの短距離界を制圧、人気沸騰の突貫娘ブラックキャビアの父ベルエスプリの母の父もフェアウェー系だし、現役時はオーストラリアでGIII勝ちのみながら、種牡馬としてコマンズ(父デインヒル)をブレイクさせたのも母の父ペティション(ペティンゴの父)のなせる技かもしれない(ちなみにコマンズは2010年からは日本でも供用されている)。

もし気になる馬の血統表にそんな血を見つけたら、その馬の強さと成長力、爆発力に多くの人が気づく前に馬券で乗るのも血統馬券のひとつ。なんせモンズン(ドイツの名馬にして名種牡馬)の日本における唯一の登録馬がオークスの2着にねばるご時世ですからね。血統の知識が深まればそれが即馬券収支に直結することはないが、すくなくとも勝ち馬(負け馬ではない)投票券を引っかける網は広がる。でもあのオークス、1着馬は失格だろう! ああ、また腹が立ってきた……って、以上、今回、後半はほとんど加藤さんの原稿からの棒引きでした。

田端到・加藤栄の種牡馬事典
田端到・加藤栄の種牡馬事典
クチコミを見る


◎大越正実…出版社勤務時代はながく音楽専門誌の編集長をつとめ、その後、事典、音楽・競馬・絵本などの趣味・実用書、法律書などの雑誌・書籍を編集/執筆。現在はフリーのスチャラカ編集者/ライター。『田端到・加藤栄の種牡馬事典』(東邦出版)――昨年までは『パーフェクト種牡馬辞典』(苦笑)――は、今年、創刊20年を迎えた。


人気ブログランキングにご協力お願いします。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【次回更新予告】
「新・血統論」は水曜夜更新予定です。
来週は9月5日(水)、田端到氏が登場します。どうぞ、お楽しみに!!

【明日の更新予告】
9月1日(木)は、

・POGトレセン情報(午前更新予定)
・渡邊芳徳コラム(夜更新予定)

などを予定しています。どうぞお楽しみに。

「ヨミトク」推奨馬【忘れずに次狙おう・4回新潟3週目】

[芝1800]
[5-1・2歳未勝利]
ニシノプレゼンス

今回も推奨馬だったが案外。古馬500万下の馬と併せ馬をして常に負けないところからして、ここまで走れない馬ではない。恐らくは気性の問題で、次というよりは長い目で、馬具変更をした際にもう一度狙ってみたい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[ダ1800]
[6-12・3歳以上500万下]
ミッキーオーラ

今週の新潟ダートは基本的に前に行った組に有利な流れ。そのぶんは割り引かなければならないが、この馬の強さは光った。3馬身半差の勝ちっぷりと、1000万下に0秒3差の勝ち時計から、昇級しても即通用の器。

[6-9・両津湾特別]
シルクシュナイダー

14キロ増は成長分で太目ではない。敗因は久々と外々を回らされる枠順。それでもクビの上げ下げで2着争いを演じたのだから、やはり走る。次回改めて狙いたい。

人気ブログランキング、いつもご協力ありがとうございます。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を無料で公開して参ります。どうぞ、お楽しみに。

POGコラム【新馬戦回顧(08/27・28)】

[新潟5-5・芝1600]

32秒台の上がりをマークした上位3頭の力が抜きんでていたレース。4着まで8馬身だから、この見立てに異論はあるまい。
勝ったエネアドはスタートこそあまりいいとは言えなかったが、急かすことなく馬の気分に任せて後方追走。3、4角で徐々にポジションを上げると、持ったままで先団にとりつく。最後はミルドリームとの併せ馬の形になったが、楽に競り落としてみせた。着差以上の強さ。1000m通過が65秒4とはいえ、11秒8-10秒1-11秒1を余裕綽綽で差し切るのだから能力はかなり。大物が現れた。
2着ミルドリームも相手が悪かっただけと言っていいだろう。前半は上記のペースで流れたために行きたがるシーンもあったが、折り合いがついて最後の伸びにつながった。今日は相手が悪かっただけ。
3着トランドネージュは「調教班の推奨馬」だったが、こちらは番手をすっと取れたようにレースセンスがいい。惜しむらくはいい枠が取れていれば、2着はあったのではないか。いずれにせよ、2、3着馬にはすぐにチャンスが訪れる。
5着ドラゴンフラッシュも33秒台で上がっており、次走はもっとやれそうだ。

[新潟6-5・芝1200]

マイルに比べるとメンバーの質が一枚落ちるかなといったところ。それでも勝ち馬イチオクノホシには一目置きたい。直線に向いたところではまだ中団だったが、手前を替えることなく豪快な末脚で混戦を断った。ほぼイーヴンで前が残る流れだったが、[10-11-11]からの一気の差し切りだった。まだまだ荒削りな面が残っており、今後の成長が待たれる。
2着に1番人気のニシノセレーノ。目立った時計こそ出ていなかったが、いい馬体は目についていた。直線の入り口で先頭に立つ強気の競馬だったが、勝ち馬の末脚に屈した。それでも3着に3馬身なら勝ちに等しい内容で、メドは十分にたった。
3着以下は正直物足りなさが残るが、フォーゲラバーディ、インスピレーションの伸び脚は目立った。競馬を覚えてくれば、勝ち上がりは近そうだ。

------------------------------------------------------------
[小倉10-5・芝1200]

栗東時計班の推奨馬だったアルベルトバローズだが、3~4角ではハンドルが利かずに外に逃げてしまった。直線に向く際には6分どころを通るほど。直線に向いた際には圏外と思われたが、なんとか3着を確保。幼さが抜けることが先決だが、テンにダッシュがつかなかったことを考えると、もう少し距離があったほうがいいのではないか。
勝ったのはミサソレムニス。目立った時計はなかったが、実戦に行っていいタイプ。4角から直線にかけて2度3度と前が詰まるシーンがありながらこじ開けてくるなど、根性もいい。まだ芯が弱いところがあるようで、体がパンとすればさらにいいのではないか。
2着に2番人気のウェルトレインド。直線に向いて思ったほど伸びなかったが、これはテンが速く、前の組に厳しい展開となったのもこたえている。それで2着ならば決して内容としては悪くない。

------------------------------------------------------------
[札幌5-5・芝1500]

直前の札幌ダートでの追い切りで64秒台で駆けていたロゼシャンパーニュだが、芝での走りも上々。逃げるトーコーレガーロを見ながら好位を追走。直線で内が開き、鞍上の誘導に素直に従って潜り込むとあっさりと突き放してみせた。ただ、ゴール前で頭が高くなったように精神面での成長する余地はかなりありそうだ。
そのトーコーレガーロは安藤勝が「物見をしたりするのであまり逃げたくなかったんだけど」と言いつつもハナへ。こちらも幼さがあるようで、好位で脚をためるような常識にかなった競馬ができるようになれば、今後の活躍も期待できそうだ。
3着のニーレンベルギアは勝ち馬の後ろから。4角で進路を探すのに手間どり、前が開いたときには、1・2着馬は既に抜け出したあと。そこから追い縋ったが前には届かず。それでも、4着以下には3馬身半。チャンスは近い。

[札幌6-5・芝1800]

逸材が揃ったといわれた新馬戦。1000m通過が67秒2と超スロー。瞬発力が求められる競馬となった。勝ったヴィルシーナは3角あたりから鞍上の手が動き、エンジンの掛かりが遅かったが、最内の経済コースにこだわったことで差し届いた。残り50mの加速はお見事。
「想定班の推奨馬」だったディオベルタは4着。4角の手応えからはきっちり勝てるかと思われたのだが、そこから前を行く馬がふらふらしていたために外に持ち出したために追い出しが遅れた。「まだパンとしてない」とは蛯名のコメントで、良化してくれば楽しみな1頭。
そのふらふらしていたのが2着のゴールデンクラウン。立て直してからは良く伸びたが、気性面で難しいところがある。精神面の成長が課題か。
ディオベルタが外に持ち出す際に接触される不利があったのがマイネルエクレウス。マイネルの岡田氏が今年の一番馬と戦前に語っていたほどだが、決め手勝負では少し分が悪かった。

人気ブログランキング、いつもご協力ありがとうございます。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【お知らせ】
「POGトレセン情報」では読者からのリクエストをお待ちしております。「俺の指名馬、個人馬主だからどこにいるのか全然情報なくて…」なんて困っている方、yomitokukeiba☆livedoor.com(☆を@に変えてください)のメールアドレスまでどしどしご応募ください!!

(注1)リクエストを送信される場合は、馬名(馬名決定前の場合には母馬の名前)のほか、必ず厩舎名をお書き添えください。

(注2)リクエストにお応えできない場合もございます。予めご了承ください。

(注3)編集部からの返信を受け取り希望される方は、上記アドレスからの返信を受信できるよう設定をお願いいたします。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を無料で公開して参ります。どうぞ、お楽しみに。

POGコラム【スマートディルハム・現役TMトレセン情報(08/31)】

[函館]

●スマートディルハム(栗東・大久保龍厩舎、牝、ディープインパクト×ミッドキャップ)

ゲート試験を受けるために一度函館に入厩した際「この馬は覚えていた方がいいですよ」と額田助手が話していた馬が今週の土曜札幌1200mでデビューを迎えることになった。一度放牧に出た後は牧場で調整。8月中ごろに札幌に入厩し、調教では小柄ながら小気味のいい動きを披露。25日には54秒8-40秒1-12秒4を無理せずに計時。古馬相手に先着を果たした。
「ディープ産駒らしく小柄な熊だし、まだ速い追い切りも少ないけど、いざ走り出すと切れのある走りをする。乗り味もいいし、「能力の高さも感じる。マイルまではこなせそうだし、期待は大きい」と額田助手。所属騎手の荻野琢騎手も「この馬は走ると思います」と話しており、ちょっと楽しみな逸材だ。馬体重は430キロ。松田騎手で予定。

人気ブログランキング、いつもご協力ありがとうございます。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【次回更新予告】

次回の「みんな気になるPOG若駒トレセン情報」は9月1日(木)更新です。北海道から、新馬のレポをお届けします。

【お知らせ】
お待たせしました!! いよいよ来週から美浦取材班による関東所属馬の近況レポートが再開となります。中山競馬の出走予定馬や、東京開催を見据えて調整される大物など、綿密な取材によるコラムをお楽しみに!!

「POGトレセン情報」では、昨日更新のアスタナシアブルーのように、読者からのリクエストをお待ちしております。「俺の指名馬、個人馬主だからどこにいるのか全然情報なくて…」なんて困っている方、yomitokukeiba☆livedoor.com(☆を@に変えてください)のメールアドレスまでどしどしご応募ください!!

(注1)リクエストを送信される場合は、馬名(馬名決定前の場合には母馬の名前)のほか、必ず厩舎名をお書き添えください。

(注2)リクエストにお応えできない場合もございます。予めご了承ください。

(注3)編集部からの返信を受け取り希望される方は、上記アドレスからの返信を受信できるよう設定をお願いいたします。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を無料で公開して参ります。どうぞ、お楽しみに。


【PR・オススメ】

馬券を的中させるのに、もう頭を悩ませる必要はない!?


【キーンランドC、新潟記念(8月28日)の買い目も完全無料!!】>>>【競馬予想サイトのウマセン】

ウマセン8月キャプチャ
毎週末の予想に費やす時間、
労力って馬鹿にならないものです。

そこで考えたのは、もっと手軽に競馬予想を行う簡単な方法はないか?

いくつか探してみた中でオススメしたいのが、
←←「無料の競馬予想サイト ウマセン」。


軸馬から紐まで、買い目と共にすべて無料で公開されており、登録するだけで
5分とかからずに週末の全特別レースの買い目を手に入れられます。

先々週は21日(土)小倉11R小倉日経オープン(3歳上オープン)の3連単を大的中!

実際に配信された小倉日経オープン(3歳上オープン)の買い目を見てみましょう。

―――――――――――――――――――――――
レース名:8月21日(日)小倉11R小倉日経オープン(3歳上オープン)
実際配信された買い目:3連単
1着:7(ガンダーラ),8(トップカミング)
2着:1(エーシンジーライン),2(アンノルーチェ),3(リクエストソング),6(ダイシンプラン),7(ガンダーラ),8(トップカミング),9(サンライズマックス)
2着:1(エーシンジーライン),2(アンノルーチェ),3(リクエストソング),6(ダイシンプラン),7(ガンダーラ),8(トップカミング),9(サンライズマックス)
―――――――――――――――――――――――


ガンダーラ、トップカミングの2頭を1着に固定した3連単60点買いでした。

レースは、7番ガンダーラが直線内から抜け出し、ゴール!

2着に9番サンライズマックス、3着に1番エーシンジーラインが入り58,870円が的中!
*今アクセスして頂ければ小倉日経オープン (3歳上オープン) の実際配信された買い目を見る事ができます。

競馬予想の友ウマセンは全特別レースの買い目を無料で提供しています。
また、毎週金曜日と土曜日の夕方にメールマガジンが配信されます。


予想は堅い予想がやや多いです。
とはいえ、3連単が当たると万馬券になる可能性が高いので、結局回収率としては
80~150%となる事が多いです。

全特別レースの買い目を無料で公開しているので、今週は
新潟で7レース、札幌で6レース、札幌で7レースの合計20の特別レースを完全無料で提供します。


※もちろんフリーアドレスでも登録可能です♪

あと携帯版もあるので、いつでもどこでもレース直前に予想を入手することが可能です。
(携帯の方はこちらからご登録をお願いいたします)

毎週末の予想に費やす時間と労力って馬鹿にならないものです。

競馬予想サイトのウマセンを使ってもっと手軽に競馬予想を行ってみてはいかがでしょうか。

POGコラム【アナスタシアブルー・現役TMトレセン情報(08/30)】

[函館]

●アナスタシアブルー(栗東・松田国厩舎、牝、ファルブラヴ×ライラプス)

クイーンCを勝ち、牝馬重賞戦線で活躍したライラプスの初子。祖母は重賞4勝、GⅠ2着が3回もあるフサイチエアデール。函館でゲート試験合格後にNF早来へ放牧。その後も順調に調整されており、馬房の都合なども考慮しながら山元、そして信楽へと移動していく模様。
「もうゲート試験には合格していますし、これから輸送や環境に慣れさせながらいきたいと思っています」と松田国師。栗東に入厩するのはもう少し先になりそうだが、現在は心身共に成長を促している段階。競馬場に姿を現すまでじっくり待っていたい。

人気ブログランキング、いつもご協力ありがとうございます。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ



【お知らせ】
お待たせしました!! いよいよ来週から美浦取材班による関東所属馬の近況レポートが再開となります。中山競馬の出走予定馬や、東京開催を見据えて調整される大物など、綿密な取材によるコラムをお楽しみに!!

「POGトレセン情報」では、本日更新のアナスタシアブルーのように、読者からのリクエストをお待ちしております。「俺の指名馬、個人馬主だからどこにいるのか全然情報なくて…」なんて困っている方、yomitokukeiba☆livedoor.com(☆を@に変えてください)のメールアドレスまでどしどしご応募ください!!

(注1)リクエストを送信される場合は、馬名(馬名決定前の場合には母馬の名前)のほか、必ず厩舎名をお書き添えください。

(注2)リクエストにお応えできない場合もございます。予めご了承ください。

(注3)編集部からの返信を受け取り希望される方は、上記アドレスからの返信を受信できるよう設定をお願いいたします。

◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を無料で公開して参ります。どうぞ、お楽しみに。


【PR・オススメ】

馬券を的中させるのに、もう頭を悩ませる必要はない!?


【キーンランドC、新潟記念(8月28日)の買い目も完全無料!!】>>>【競馬予想サイトのウマセン】

ウマセン8月キャプチャ
毎週末の予想に費やす時間、
労力って馬鹿にならないものです。

そこで考えたのは、もっと手軽に競馬予想を行う簡単な方法はないか?

いくつか探してみた中でオススメしたいのが、
←←「無料の競馬予想サイト ウマセン」。


軸馬から紐まで、買い目と共にすべて無料で公開されており、登録するだけで
5分とかからずに週末の全特別レースの買い目を手に入れられます。

先々週は21日(土)小倉11R小倉日経オープン(3歳上オープン)の3連単を大的中!

実際に配信された小倉日経オープン(3歳上オープン)の買い目を見てみましょう。

―――――――――――――――――――――――
レース名:8月21日(日)小倉11R小倉日経オープン(3歳上オープン)
実際配信された買い目:3連単
1着:7(ガンダーラ),8(トップカミング)
2着:1(エーシンジーライン),2(アンノルーチェ),3(リクエストソング),6(ダイシンプラン),7(ガンダーラ),8(トップカミング),9(サンライズマックス)
2着:1(エーシンジーライン),2(アンノルーチェ),3(リクエストソング),6(ダイシンプラン),7(ガンダーラ),8(トップカミング),9(サンライズマックス)
―――――――――――――――――――――――


ガンダーラ、トップカミングの2頭を1着に固定した3連単60点買いでした。

レースは、7番ガンダーラが直線内から抜け出し、ゴール!

2着に9番サンライズマックス、3着に1番エーシンジーラインが入り58,870円が的中!
*今アクセスして頂ければ小倉日経オープン (3歳上オープン) の実際配信された買い目を見る事ができます。

競馬予想の友ウマセンは全特別レースの買い目を無料で提供しています。
また、毎週金曜日と土曜日の夕方にメールマガジンが配信されます。


予想は堅い予想がやや多いです。
とはいえ、3連単が当たると万馬券になる可能性が高いので、結局回収率としては
80~150%となる事が多いです。

全特別レースの買い目を無料で公開しているので、今週は
新潟で7レース、札幌で6レース、札幌で7レースの合計20の特別レースを完全無料で提供します。


※もちろんフリーアドレスでも登録可能です♪

あと携帯版もあるので、いつでもどこでもレース直前に予想を入手することが可能です。
(携帯の方はこちらからご登録をお願いいたします)

毎週末の予想に費やす時間と労力って馬鹿にならないものです。

競馬予想サイトのウマセンを使ってもっと手軽に競馬予想を行ってみてはいかがでしょうか。

丹下日出夫コラム【夏草や】

朝日の射し込む裏庭の東向きの窓を、いつの間にか夏草が覆っている。

陽除けにはちょうどいいが、あと一週間もすれば、ツルの勢いも落ち、濃い緑も色が削がれてしまうだろう。

夏の終わりの新潟記念は、秋の天皇賞やジャパンCを占うでもなく、その時々で葉勢や枝振りの違う、根をもたないツル草のようなGIIIだが、スタート直後、13秒2というスローを感じ取り、北村宏のサンライズベガが、ひょろひょろと顔を覗かす。

生真面目な北村クンも、フリーとなって、その時々で考えるジョッキーになったが(派手さはないが、競馬というものをよく知っている騎手です)、前半1000mを1分0秒9で通過し、残り4F標識からは11秒7―11秒2―10秒9―12秒0。勝負どころをゴール板ではなく、ひとつ前の2F目・10秒9のラップにもっていった。

大跳びで、生ずるいナリタクリスタルにとっては、サンライズと、このペースは格好の目標。これ幸いにとばかりに、武豊が叱咤。同レース連覇で、ひと夏の仕事を成し終えた。

ただし、GIII。スローの上がり勝負とはいえ、4F連続して11秒ソコソコのラップを叩き出せるほどの底力も、10秒台前半の瞬発力を保持する馬はいない。晩春から盛夏を走り抜けたセイクリッドバレーもタッチミーノットも、ここで勢いが止まってしまった。

結果として、そうした諸々の各メンバーの力量を読み切っての新潟記念。偶然という要素も多少はあるだろうが、GIIIのハンデ戦は難しいなぁ…。

北海道のキーンランドCは、ただ一頭、カレンチャンの手ごたえとノリが違う。阪神牝馬S・函館SS・キーンランドを一気に駆け抜けV3を演じた。

この一戦が盛夏とはいえず、まだ勢いは続くだろうが、次走のスプリンターズSは中山の急坂。あの坂越えは、さすがに易々とはいかないかもしれない。

夏も終わりに近づき、古馬勢は、いくらか疲れが出たか。新潟・小倉シーンは、時折り大きな穴が出た週だったが、2歳新馬シーンは闊達。

新潟マイルのエネアドは、典型的なスローの上がり勝負とはいえ、ラスト3Fのレースラップは11秒8―10秒1―11秒1(33秒0)。対する自身の上がりは32秒5。

楽なヨーイドンでも、10秒を切るか切らないかのラップは純粋な能力。昨年のオルフェーヴルとまではいかないだろうが(重馬場で上がり33秒4)、父はディープインパクト。半兄のブレイクランアウトと同等か、それ以上の切れ者として、しっかりとGIマイルシーンに根付いた。

新潟1200mのイチオクノホシは、1分11秒3という走破タイムやラップに、これといった説得力のないのが、少し心許ないが、なんか楽しい馬ですね。

札幌では、スターバリオンが1700ダートを1分46秒6でレコ勝ち。同週の3歳未勝利三鞍は、それぞれ1分47秒2、1分47秒4、1分48秒3。これは評価していい。

クローバー賞は、1分33秒2と低調。ただ、勝ったマイネルロブルスは、初陣の芝1800m・中山の急坂を、上がり34秒5で駈け抜けた馬。レースラップは、けっこう正直です。

※月曜日の登録段階での、当該特別レースに符合する、“マル丹”印の馬たちの名前と、ベースとなる持ち時計とラップを掲載。攻め馬等のコンディションを念頭におかない、記録主体ゆえ、数字=即勝ち負けとはいかない時もありますが、週末の馬券検討で迷ったら、この馬たちの名前を思い出してください。

■今週のマル丹…特別登録

【新潟】
●9月3日
[9R・瓢湖特別]
・テンペル(4月3日・1分47秒7)
[11R・BSN賞]
・シルクフォーチュン(7月10日・1分22秒1)
●9月4日
[9R・出雲崎特別]
・ラロメリア(7月17日・1分47秒0)
・エチゴイチエ(2月26日・上がり34秒3)
・テンペル(4月3日・1分47秒7)
・カールファターレ(22年、8月22日・1分46秒6)
[10R・稲妻特別]
・アフォード(10月23日・前半33秒7)
[11R・新潟2歳S]
・ジャスタウェイ(7月23日・上がり33秒3)

【小倉】
●9月3日
[9R・唐津特別]
・ウインドミネーター(3月6日・1分43秒5)
[10R・不知火特別]
・メイショウカンパク(12月4日・1分59秒2)
・メイショウナルト(7月30日・1分45秒8)
●9月4日
[11R・小倉2歳S]
・マコトリヴァーサル(8月7日・1分9秒0)
・アイラブリリ(8月20日・1分8秒9)

【札幌】
●9月3日
[11R・シンガポールTC賞]
・マヤノアンズ(8月13日・上がり33秒9)
[12R・マーレシアC]
・ハーバーコマンド(8月13日・2分0秒3)
●9月4日
[10R・インディアT]
・ノーブルジュエリー(12月4日・1分21秒3)
・リヴァレンテ(1月30日・上がり33秒7)

(※登録段階でのランナップゆえ、出否は木曜日4時の確定待ち)


◎丹下日出夫…長年「ホースニュース馬」の競馬評論家として一線に立つ。現在は毎日新聞本紙、BS11「BSイレブン競馬中継」の解説者として活躍。「POG大魔王」としても名高い。

POGファン必見!! 丹下日出夫氏の新サイト「丹下倶楽部」!!

※…「丹下倶楽部」は「コチラ」からどうぞ。

丹下日出夫氏の予想は「毎日新聞」をご覧ください(当ブログ、メルマガでの配信はございません)。

【次回更新予告】
丹下日出夫氏のコラムは毎週火曜日夜更新です。次回は9月6日(火)となります。


人気ブログランキングはじめました。ワンクリックご協力お願いします。人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

トレセン都市伝説【若手騎手この秋大量引退か!?】

以前「ジョッキーはつらいよ」という話題で、函館競馬での騎乗馬の奪い合いのネタを書いたが、今回は更に厳しい話を。まずは某厩舎の助手が言う。

「今年の頭、小倉競馬場に滞在していたんだが、同じく滞在していたC騎手が、丸田騎手や丹内騎手のバレットをバイトでやっていたんだ。これには驚いたね」

バレットというのは、レース当日、騎乗馬の多い騎手が円滑に次のレースに乗れるよう、斤量(鉛の重り)の調整や勝負服などを用意してあげる人のことをいう。リーディング上位の騎手は通常、専属のバレットを雇うものだが、臨時雇いの形を取っている騎手も多いという。

「今年、C騎手は、函館競馬が始まる前の函館競馬場で2週間、調教だけつけて競馬が始まる週に美浦に帰ったってこともあった。騎手じゃなくて、もはや助手扱いだもんね(苦笑)。あとほかには、O騎手も小倉でバレットバイトをやっていたよ。1日1万円くらいって聞いたけど、そんなに困窮しているのかとかわいそうに思ったね」(前出・助手)

ジョッキーの受難は、これだけではない。昨年末、金折、生野、北村浩など栗東所属の騎手が続々と辞めたのは記憶に新しいが、これは厩舎制度が変わったためだ。というのも、騎手から助手に転身する際、デビューからの年数が消えて最低賃金からのスタート、つまり「若手のあんちゃん」扱いとなるから騎手の引退が相次いだのだ。

栗東は今年からこの制度がスタート、美浦では来年からのスタートとなるため、今年の末には駆け込みで関東所属の乗れない騎手の大量引退が予想される。某スポーツ紙の記者が言う。

「聞いた話だと、10月にはK騎手が親父の厩舎の助手になるとか。普段、調教にも乗らなくなった5年目以降の若手から中堅どころまで、辞めてもおかしくない騎手はゴロゴロいるからね」

格差社会は、ジョッキーという職業にも確実に広がっている。若手の奮起に期待したいものだが、さて年末に何人の騎手が辞めることか…。

「トレセン都市伝説」は不定期更新です。次回の更新をお楽しみに!!

【お知らせ】
今週の「松代和也の俺にも言わせろ・先週の新馬戦回顧」は水曜日に更新いたします。ご了承ください。

【明日の更新予告】
30日(火)は

「POGトレセン情報」
「丹下日出夫コラム(夜更新)」

をお届けします。


人気ブログランキングへワンクリックご協力よろしくお願いします!!
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・オススメ】

馬券を的中させるのに、もう頭を悩ませる必要はない!?


【レパードS、札幌記念(8月21日)の買い目も完全無料!!】>>>【競馬予想サイトのウマセン】

ウマセン8月キャプチャ
毎週末の予想に費やす時間、
労力って馬鹿にならないものです。

そこで考えたのは、もっと手軽に競馬予想を行う簡単な方法はないか?

いくつか探してみた中でオススメしたいのが、
←←「無料の競馬予想サイト ウマセン」。


軸馬から紐まで、買い目と共にすべて無料で公開されており、登録するだけで
5分とかからずに週末の全特別レースの買い目を手に入れられます。

先々週は6日(土)函館11Rみなみ北海道S(3歳上オープン)の3連単を大的中!

実際に配信されたみなみ北海道S(3歳上オープン)の買い目を見てみましょう。

―――――――――――――――――――――――
レース名:8月6日(土)函館11Rみなみ北海道S(3歳上オープン)
実際配信された買い目:3連単
1着:1(マンハッタンスカイ),9(ネコパンチ)
2着:1(マンハッタンスカイ),2(ジャミール),5(コロンバスサークル),8(マカニビスティー),9(ネコパンチ),11(メイショウクオリア),12(ドリームノクターン)
2着:1(マンハッタンスカイ),2(ジャミール),5(コロンバスサークル),8(マカニビスティー),9(ネコパンチ),11(メイショウクオリア),12(ドリームノクターン)
―――――――――――――――――――――――


ネコパンチ、マンハッタンスカイの2頭を1着に固定した3連単60点買いでした。

レースは、9番ネコパンチが先行策から外から抜け出し、ゴール!

2着に5番コロンバスサークル、3着に11番メイショウクオリアが入り70,320円が的中!
*今アクセスして頂ければみなみ北海道S(3歳上オープン) の実際配信された買い目を見る事ができます。

競馬予想の友ウマセンは全特別レースの買い目を無料で提供しています。
また、毎週金曜日と土曜日の夕方にメールマガジンが配信されます。


予想は堅い予想がやや多いです。
とはいえ、3連単が当たると万馬券になる可能性が高いので、結局回収率としては
80~150%となる事が多いです。

全特別レースの買い目を無料で公開しているので、今週は
新潟で6レース、札幌で6レース、札幌で7レースの合計19の特別レースを完全無料で提供します。


※もちろんフリーアドレスでも登録可能です♪

あと携帯版もあるので、いつでもどこでもレース直前に予想を入手することが可能です。
(携帯の方はこちらからご登録をお願いいたします)

毎週末の予想に費やす時間と労力って馬鹿にならないものです。

競馬予想サイトのウマセンを使ってもっと手軽に競馬予想を行ってみてはいかがでしょうか。

チャレンジ!!WIN5【8月28日】

3回中山1・3週目に続いて4回新潟最終週も見事に的中!! これで3度的中の快挙達成です!!

数字は馬番です。だいたい買い目が50点前後に収まるように公開していく予定です。

・小倉10R 「05」「10」 
・新潟10R 「03」「13」「06」
・札幌11R 「08」
・小倉11R 「08」「10」「03」
・新潟11R 「07」「02」

合計 36点

[過去の的中はコチラ]
4回新潟最終週その1
4回新潟最終週その2

3回中山3週目その1
3回中山3週目その2

3回中山1週目その1
3回中山1週目その2

※…「土曜のうちにWIN5の狙い馬を見たい!!」という方は、無料メルマガ「編集長の無料メルマガ」をご覧ください。土曜版(土曜20時配信)に同じものを掲載しております。
PC版お申込みはコチラから。
携帯版お申込みはコチラから。

【週明けの更新予定について】

29日(月)「トレセン都市伝説」
30日(火)「POGトレセン情報」「丹下日出夫コラム」
31日(水)「POGトレセン情報」「忘れずに次狙おう」「新血統論」

となります。


丹下日出夫氏の予想は「毎日新聞」を、
渡邊芳徳氏の予想は競馬専門紙「競友」を、

それぞれご覧ください(当ブログ、メルマガでの配信はございません)。

人気ブログランキングへワンクリックご協力よろしくお願いします!!
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【PR・オススメ】

馬券を的中させるのに、もう頭を悩ませる必要はない!?


【レパードS、札幌記念(8月21日)の買い目も完全無料!!】>>>【競馬予想サイトのウマセン】

ウマセン8月キャプチャ
毎週末の予想に費やす時間、
労力って馬鹿にならないものです。

そこで考えたのは、もっと手軽に競馬予想を行う簡単な方法はないか?

いくつか探してみた中でオススメしたいのが、
←←「無料の競馬予想サイト ウマセン」。


軸馬から紐まで、買い目と共にすべて無料で公開されており、登録するだけで
5分とかからずに週末の全特別レースの買い目を手に入れられます。

先々週は6日(土)函館11Rみなみ北海道S(3歳上オープン)の3連単を大的中!

実際に配信されたみなみ北海道S(3歳上オープン)の買い目を見てみましょう。

―――――――――――――――――――――――
レース名:8月6日(土)函館11Rみなみ北海道S(3歳上オープン)
実際配信された買い目:3連単
1着:1(マンハッタンスカイ),9(ネコパンチ)
2着:1(マンハッタンスカイ),2(ジャミール),5(コロンバスサークル),8(マカニビスティー),9(ネコパンチ),11(メイショウクオリア),12(ドリームノクターン)
2着:1(マンハッタンスカイ),2(ジャミール),5(コロンバスサークル),8(マカニビスティー),9(ネコパンチ),11(メイショウクオリア),12(ドリームノクターン)
―――――――――――――――――――――――


ネコパンチ、マンハッタンスカイの2頭を1着に固定した3連単60点買いでした。

レースは、9番ネコパンチが先行策から外から抜け出し、ゴール!

2着に5番コロンバスサークル、3着に11番メイショウクオリアが入り70,320円が的中!
*今アクセスして頂ければみなみ北海道S(3歳上オープン) の実際配信された買い目を見る事ができます。

競馬予想の友ウマセンは全特別レースの買い目を無料で提供しています。
また、毎週金曜日と土曜日の夕方にメールマガジンが配信されます。


予想は堅い予想がやや多いです。
とはいえ、3連単が当たると万馬券になる可能性が高いので、結局回収率としては
80~150%となる事が多いです。

全特別レースの買い目を無料で公開しているので、今週は
新潟で6レース、札幌で6レース、札幌で7レースの合計19の特別レースを完全無料で提供します。


※もちろんフリーアドレスでも登録可能です♪

あと携帯版もあるので、いつでもどこでもレース直前に予想を入手することが可能です。
(携帯の方はこちらからご登録をお願いいたします)

毎週末の予想に費やす時間と労力って馬鹿にならないものです。

競馬予想サイトのウマセンを使ってもっと手軽に競馬予想を行ってみてはいかがでしょうか。

「ヨミトク」推奨馬【8月28日(日)・現役TM&次狙おう】



【「新聞には書けない!?」“ワケアリ”“オフレコ”推奨馬・消す馬大公開】

[函館想定班]

【札幌5R 04番 ディオベルタ】

小島茂師が当歳時から「これはいい」と思っている1頭。母は2006のイタリアオークス(GⅠ)を勝ち、2歳時のGⅠでも2着など14戦9勝の実績を持つ。本馬はその初仔だ。
追い切りにも跨った師は「とにかく牧場時代から評判が良く、乗ってみても心肺機能が高いしバネが利いた走りをするんだ。7月下旬から乗り込み、至って順調にきたし、仕上りも申し分なし。注目を集めている馬はほかにもいるみたいだけど、ウチのもかなり走るよ。先々まで楽しみにしているんだ」と、正にべタ褒め。
師の言う通り評判が揃った新馬戦でもあり、ここを勝てば一気に未来への道は拓ける。

【札幌9R 02番 オメガホームラン】

デビュー前から三浦騎手が調教を付けていて、周囲に「新馬勝ちはもちろん、重賞やGⅠにも行ける」と評価していた馬。その本人が騎乗停止のため、レースは横山典騎手が手綱を取ったが、スッと好位に控えラクに抜け出す危なげない競馬。センス・素質の高さを見せ付けた。
厩舎の2大看板のひとり、安田翔助手は「中1週だけどしっかり追い切れたし、まだ上積みはあるよ。ここを使ってあとは放牧予定なので、勝って賞金を加算させておきたいね」と早くも先を見据えていた。3連単の1着固定で狙う。

------------------------------------------------------------
[美浦時計班]

【新潟1R 13番 トップスカーレット】

デビュー前の調教では、輸送面などを考慮し手探りの調整という印象だったトップスカーレット。それでも2番人気に支持されたのは同馬の素質を高く評価されたからに他ならないのだが、この中間は6Fからの追い切りを消化するなど攻め強化。500万下のショウナンガーデンを3馬身追走した直前の稽古は手応えこそ劣ったが、地面をしっかりと掴んで走り迫力十分。道中の追走にも余裕が見られ、雰囲気が一変した。デビュー戦は出足が悪くモタついたが今回はその心配もないだろう。素質全開と見る。

【新潟8R 13番 ラヴェルソナタ】

新馬勝ちを収めたものの、デビュー当初は体を持て余している感があったラヴェルソナタだが、半年ぶりの実戦になった前走では、10キロの馬体増ながら抜群のレースセンスを披露した。これは精神面での成長が大きく影響したためで、以前は調教でもムキになって走っていたためタイムは出ても実戦で体力が持たず…を繰り返していた。しかし、普段から力みが無くなった前走時からは追い切り時計は速くなくても、出すべきところで能力を発揮できるようになったのである。新馬のハードロッカーを先導し、そちらに併せる形で直前の追い切りができたのも大人になった証。心と体がガッチリかみ合ったこの馬から目が離せない。

------------------------------------------------------------
[栗東時計班]

【小倉9R 12番 クリスティロマンス】

普段からうるさい所を見せる馬で、前走後はいつも通り短期放牧に出されて直前に栗東に帰厩。先週の金曜日に速い追い切りを消化し直前は馬なりでの調整となったが、実にキビキビした脚さばきは好感が持てたし体もフックラと見せ体調はすこぶる良さそうだ。
今週から芝はBコースに替わったが、土曜日のレースでは未勝利戦で1分7秒台がマークされたほか好時計の連発で、ある程度前の位置にいる馬が有利になっている。他の有力馬よりも前で競馬が出来る分、有利に運べそうだし実績のある右回りに戻るのも好材料だろう。

【小倉5R 10番 アルベルトバローズ】

先週、先々週は坂路で追い切られていたが、2週続けて1F12秒0をマーク。特に先週は土曜日の小倉で500万を勝ったマイネジャンヌを1秒以上追走しての先着とかなり優秀な内容だった。最終追いは朝一番の追い切りながら5F65秒8をマーク。特に追ってからの反応が上々で3才馬相手にキッチリと先着して見せた。
落ち着き十分で輸送は問題なさそうなタイプだし、血統的にも新馬勝ちして函館2歳Sで3着したルリニガナの下と速い時期から活躍できそう。それ程、骨っぽい相手も見当たらずレース振りに期待したい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[「忘れずに次ぎ狙おう」からの日曜の出走馬]

ここでは、「忘れずに次ぎ狙おう」のコーナーで取り上げた馬が、「次」出走してきたときに取り上げます。日曜は4頭出走します。

●気難しさあるも、この相手なら
【小倉11R 08番 インバルコ】(ダ1800)

「メインレース展望」をご覧ください。

●新潟で買い
【新潟3R 12番 オークヴィル】(芝1800)

前走は8着と敗れた。左だけチークを着用していたように、左回りのここで決めたいところ。仕上げに時間を要したが、美浦Wで8月上旬から入念な乗り込み。最終追いの動きも格上馬に追走併入と万全のデキ。

●ポテンシャルは上位
【新潟9R 15番 シルクシュナイダー】(ダ1800)

前走は1番人気を裏切る結果となったが、逃げ馬が速いイーヴンなラップで引っ張り、勝ち時計は翌日の古馬1000万下を0秒1上回る極めて優秀なもの。このペースだけにシルクシュナイダーにとっては仕掛けどころが難しく、強引に捲っていったものの直線ではお釣りがなくなった。勝負どころの捌きがカギとなるが、いぶき賞ではグレープブランデー、ボレアスに0秒2差の3着。とすれば、麒麟山特別勝ちのタカオノボルを物差しにして考えてもここでも十分通用。

●昇級も買い
【新潟12R 10番 ミッキーオーラ】(ダ1800)

前走は立て直した効果でプラス32キロ。とはいえ、新馬戦からの比較で言えばプラス6キロで、これは成長分。8馬身差圧勝はさすがのポテンシャルで、2走前の1・2着馬はすでに500万下でもメドを立てており、この馬とて昇級即通用。

3回中山1・3週目に続き、4回新潟4週目もズバリでWIN5を3度的中の快挙!! 4発目の花火を狙います。

明日は、「チャレンジWIN5」(午前8時更新予定)を公開いたします。

土曜のうちにご覧になりたいという方は、「編集長の無料メルマガ」をご覧ください。土曜の午後8時配信です。

【PCからご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ

【携帯電話からご覧の方】
・編集長の無料メルマガ申し込みページはコチラ


人気ブログランキングへワンクリックご協力よろしくお願いします!!
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


◎「ヨミトクケイバ」とは。

「1馬」(現「優馬」)でトラックマンをしていた松代和也が編集長をつとめる「競馬コラムサイト」です。現役の競馬記者や競馬評論家の方々に原稿を依頼し、生きた情報と読み物を完全無料で公開していきます。どうぞ、お楽しみに。

メインレース展望【8月28日(日)小倉11R・阿蘇S】

レベルで言えば、重賞戦線でも好戦してきたインバルコが断然。ただ、このコラムで何度も指摘してきたように、この馬には生ズルイところがあり、時々、鞍上をなめるようなところがある。全力を出し切らずにゴールすることが多い。

その最たるものが、2走前の祇園S。勝ち馬ニホンピロアワーズと一騎打ちの形になったのだが、ニホンピロアワーズに一度突き放されてから、再度伸びて詰め寄ってくるというちぐはぐな内容。そして、3着を3馬身切って捨てたにもかかわらず(ふつう3馬身差なら勝負アリだ)、前走の関越Sではそのナニハトモアレに逆転されてしまうのだ。

ここはポテンシャルだけで言えば、この馬が抜けており、ハンデが58キロどまりなら本命視して当然なのだが、以上の点が気にかかる。そして、鞍上は上記のように祇園Sで2回遊ばれた北村友。気難しさを出す危険がある。快勝される可能性はもちろんあるが、ここは対抗でお茶を濁す。

インバルコ以上の実績と言えば交流重賞のダイオライト記念を制しているフサイチセブン。前走までは、1年の休養を挟んで復帰してからの良化がスローで、坂路で一杯に追って40秒台がやっとだった。もともと時計は出ないタイプとはいえ、以前と異なりコースで追えていない点が気になっていたが、今回は変わってきた。7月末にCWで68秒8。その後も入念に乗って、最終追いは坂路で自己ベストを更新する51秒9。一変を秘めるとすれば今回だろう。ハンデの57キロも上記の実績を考えると、むしろ恵まれた印象。鞍上に川田を配し、叩き3戦目。勝負の鞍になりそうだ。

軽ハンデ馬は格上挑戦の馬が多く、この2頭を打ち負かすところまでは難しいか。久々のテイエムザエックスと近走好走のマッシヴエンペラーを押える程度。

単穴には◎フサイチセブンにつばさ賞で先着しているトーホウオルビス。つばさ賞では、アタマ差2着に負かしたドスライスがその後NST賞勝ちを経て、交流重賞のクラスターCで重賞ウイナーの仲間入り。そして上で名前の出てきたナニハトモアレは10着。

関越Sではハナを切ったが2F目には10秒9の出る厳しいラップ。我慢しきれずに8着に終わったが、それでもインバルコには先着している。この春以降の対戦成績だけを考えると56キロのハンデは恵まれたと言ってもいいだろう。まとめて負かすとすればこの馬か。

特注にはピースキーパー。アンタレスS5着馬。1~4着はゴルトブリッツ、ワンダーアキュート、バーディバーディ、タガノジンガロとレベルの高いメンバーが揃っていたが、そこから4馬身と離されていて評価としては微妙。成績も安定しないタイプだけに全幅の信頼を置くところまではいかないが、一方でこのメンバーの中に入れば軽視はできないのも事実。

【小倉11R・阿蘇S(自信度B)】

◎ 10 フサイチセブン
○ 08 インバルコ
▲ 03 トーホウオルビス(○=▲も)
☆ 05 ピースキーパー
△ 01 テイエムザエックス
△ 07 マッシヴエンペラー

※…馬単の買い目は基本的に「◎○▲のボックス表裏(計6点)、◎→☆、◎→△」とします。この場合に的中と表記しますので、あらかじめご承知おきください。

◎ヨミトクケイバ編集長・松代和也
早稲田大学政治経済学部卒。在学中に競馬に興味を持ち、スポーツニッポン新聞大阪本社を経て、競馬専門紙「1馬」(当時)のトラックマンとなる。主に美浦トレセンの南馬場取材班(想定班)として活躍。現在は退職し、当競馬サイト「ヨミトクケイバ」の編集長として貧乏暇なしな多忙な毎日を送る。

人気ブログランキングへワンクリックご協力よろしくお願いします!!
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード